2018年02月22日

信頼がないと非効率化する


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎信頼がないと非効率化する

社会保険労務士の仕事の多くは法律に則っての書類作成や、依頼された企業でのルール作成、制度化の提案です。

特に人事労務については「枠にはめる側」と言えないくもない、と思います。

一般的な従業員だったころの感覚は忘れないようにしたいものですが、その頃の自分だったら「そんなルール面倒くさいだけじゃないか!」と言っているような気もします。

「なんで従業員を信頼しないんだ!」と。

社会保険労務士の側からみると「いろんな人がいるから、一定のルールは必要だよ」「言った言わないの不毛な議論を避けるために書面による契約とかあるんだよ」なんですね。

そんな私でも法的な部分以外では不要なルールはあると思います。

そして、今回のお題にあるように「信頼関係がないために作られたルール・仕組み(ついでに設備も)」は残念としか言いようがありません。

従業員が信じられないがため「だけに」毎日の日報を書かせる。
従業員を信じられないため「だけに」報告連絡相談を徹底させる。それすらも信じない。
責任の所在という名目で、何かあった時の責任逃れのためだけに責任者全員のハンコを集めにひと手間かける。

本来の仕事以外で仕事を作り上げている状態。それは仕事ではないのですが。

組織の形でよく使われているピラミッド型(部署ごとに部下の上に上司がいて、その上に上司がいて、の形)も末端を監視するために機能しやすい面があります。

従業員全員が怠惰なく、職務をこなす能力もあり、任された仕事をこなし、更に協調性をもって同僚の仕事も手伝うのであれば、上司の人数は必要最低限で十分。ひょっとすると経営者だけが組織図の上に乗る形になるかもしれません。

「信頼して任せる」側と「信頼されるに足る人物になろうとする」側の両方があって効率化が進むのでしょう。

会社経営の場合、先に行動すべきは、やっぱり「信頼して任せる側」なのでしょうね。

今日はこの辺で。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

医療勤務環境改善研修会の手伝い


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎医療勤務環境改善研修会の手伝い

2月15日に平成29年度岐阜県医療勤務環境改善研修会の手伝いで参加しました。

これは労働局と県庁が、岐阜県の病院で働く労働者の労働環境を良くする取り組みをしている一環で、今回は平成29年度に改善活動をした病院の発表と講師によるお話がありました。

私もこの取り組みの中で、時々、県内の病院へ訪問して労働環境改善について助言する機会があります。

その病院が現在取り組んている内容と結果を発表されており、なかなか考えさせられました。

この取り組みでは改善手法として職員のアンケートの集計結果から職員の要望や現状を把握する方法をとっているのですが、職員の要望ばかりを聞き入れて、その改善に取り組むだけでは不十分です。

経営者側だけが「与える」方法ではなく、様々な制約がある病院経営の中で、職員の技術的・人間的成長と貢献を期待する必要があります。

確かに病院に勤務する皆さんの職務内容は高度でストレスも高いと思います。だからと言って高い給与をもらいながら「割に合わない」と不満だけ言われても話は先に進みません。(ただし、誰かが貰い過ぎているのであれば別です。)

これは病院だけではなく、どの業種でも同じでしょう。

職員が「自分たちがこの病院を支えている」意識と、経営者が「職員がいるからこそ病院が成り立っている」意識の両方をもって、双方が積極的に労働環境改善を進める状況こそが何より先に必要です。

病院の職員さんは基本的に優秀な人が多く、方向性が正しく、組織の一部がやる気になれば、効果は高いと感じています。

病院は大変な職場ですが、頑張って「いい病院」になっていただきたいと期待しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村