2017年06月29日

地域貢献とビジネスの両立セミナー参加


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎地域貢献とビジネスの両立セミナー参加

昨日、28日に「良いことをして良い業績につなげる『地域貢献とビジネスの両立』の方法」と題したセミナーに参加してきました。
地域貢献とビジネスの両立20170628.jpg
岐阜県関市役所主催で定員50名のところ80名ほどの参加者で満席になっていました。

地域貢献に興味ある経営者、経営の利益について考える経営者、学生など、様々な人が参加されていました。

学生の方は、授業の一環で参加されていたようです。

地域貢献の言葉からは非営利・NPOのイメージが出たりしますが、資金を出す人に対してのメリットがないと、継続的な貢献は難しい点があります。

それは、「施し」のために、支援者に無理をさせるイメージからの脱却です。

手法として貢献方法の選択に情報を得る方法や、支援者兼顧客の選定の手法をお話になりました。

また、地方の中小企業が何かを支援をしようとする際に、大きく考えず、身近にある出来事に対して小さく活動を試していく方が良いようです。

ここで面白いのは差別化が難しい業種であっても、地域貢献によって差別化が図れる点で、先行者利益が強いようです。

また、他社が同じ取り組みを後発で行い、競争しても、それ自体、皆が幸せになれる点が良いですね。

私が思うに、今回のテーマから何かをスタートさせるとすれば、その動機は
・何をしたら良いか分からないが、会社で地域貢献したい。
・地域貢献した企業が利益が上がったと聞いて、やってみようと考えた。
・地域で困っている人がいるので、会社で支援したい。

こんな感じでしょうか。
私は最後の、困っている人を助けようとする動機が理想的であると思います。

そして、会社であれば、従業員が心から賛同して参加するのが理想です。

ぼんやりとしたイメージでスタートしたり、利益を中心に考えると、良い効果が生まれない現実が現れたとき、苦しくなるのは間違いないでしょう。

会社を作る際に、どれだけその仕事が好きか、と同じことで、「何となく儲かるから」では頑張りどころで踏ん張れない事実と同じです。

私が過去に訪問した「いい会社」の経営者、従業員は、貢献の意味を深く理解し、本気で取り組んでいました。

今回のセミナーは、このような動機には、あまり触れず、その手法と成功事例を取り上げていましたが、このセミナーは今回をスタートアップとして、定期的に行われる取り組みなので、この辺りが大事であったのではないかと、個人的には思います。(日記の中なので言いたい放題言っています。)

セミナーのパネルディスカッションの際に経営者の方が「経営者が偽善・売名行為でやっていると、社員から染み出る。そして周りに伝わる。やるなら真剣にやるべき。」とのお話が有り、現場の言葉として説得力をもって感じました。ここが大切であると思います。

今日はこの辺で。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月26日

妻の出産直後の男性の休暇取得率は約56%


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎妻の出産直後の男性の休暇取得率は約56%

以下のような記事がありました。

『政府が平成29年版「少子化社会対策白書」を閣議決定し、妻の出産後2カ月以内に男性が休暇を取得した割合が55.9%だったことがわかった。

約37%は出産時でも「仕事の忙しさ」や「休みにくさ」を理由に休暇を取得していなかった。

また、取得日数は「4日以上6日未満」が最多(23%)だった。政府は平成32年までに男性の休暇取得率を80%にする目標を掲げている。』

実感としては、自分が見た現場の様子よりも、多くの男性が休暇を取得しているように感じます。

そして、この記事を読んで思い出しました。

以前、ワークライフバランスのセミナーで聞いた話に「出産後の育児に男性が参加したかどうかで、子供が成人して夫婦から巣立って行ったあとに、女性が子どもに向けていた愛情を再度男性に向けるかどうかが決まる」という愛情曲線があるとの話を思い出しました。

子どもが生まれる前の女性の愛情は、夫にむけられ、出産直後から育児終了までは女性の愛情は夫よりも子供に向けられるが、再び夫婦二人になった時に、再度夫に奥さんの愛情がもどるかどうかは、夫が、出産に立ち会い、その後に育児に参加していたかどうかによるそうです。

もし、これが本当であれば、家庭の安定のためにも会社は男性従業員の育児休業・休暇を積極的に与える必要がありますね。

家庭が安定しないと、仕事に影響を与えます。

それよりもまず、従業員が幸せであることが大切である、との前提のもと判断すれば、長期的に良い影響があると、広い視野で考えるべきなのでしょう。

〜〜〜
参照
平成29年版少子化社会対策白書を公表しました(内閣府)
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村