2017年09月21日

ジイコーポレーション株式会社様 訪問


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎ジイコーポレーション株式会社様 訪問

平成29年9月12日にフジイコーポレーション株式会社様に訪問いたしました。

当社は除雪機や草刈機、高所作業機などを生産し、販売している会社です。

会社入り口前には取引先の所在地方向を向いた看板が設置されており、それはローマ字で書かれていました。後でお話を聞くとグローバルニッチと言う表現で製品を海外に販売して行こうという姿勢がこの様な形になって表現されているのだとわかりました。
フジイコーポレーション.JPG

また工場を拝見して、工場内を広く使うよう努力されているように見えました。

お話を聞くと、働きやすい環境づくりとして物を少なくし広く取りすれ違う時、時には高齢者や障がい者が動いたときぶつかって怪我が無いように、と様々な理由ですが、通路を広くし物を少なくしています。今回は更に物を置く棚の高さを背の高さより低くし、安全を確保する努力をされていました。

その他資格レスとして「資格というものは何か危険があったから資格になった」との考え方で、基本的に資格の必要な道具をなるべく使わない方針でした。フォークリフトを使わずキャスターを用いることで安全を確保していました。

普通に考えれば機械を使うことで効率化を図り、労働者も力は使わずに仕事ができるとして資格の必要な機械を利用する方向へ進むと思われますが、従業員の安全を考えて全く逆の方向へ進まれたということで、これは扱っている商品の性格上出来る部分がありますが、興味深いです。

その他、社長からのお話として、社長の立ち位置として「オフライン」だから工場へ手伝いに行っても邪魔だからと言われる、そのため外へ行って良い方法を見つけては持ち帰り「あの会社がやっていたからウチでもやってみよう」「なぜならあの会社はうまくいっているから」と、提案し従業員にやってもらう。従業員は悩みながらも取り組んでいく姿勢は、見事な役割分担だと思います。

また、フジ社長は企業理念はあまり重視されていないと言うお話がありました。しかしお話を聞くと創業から152年続く間の中で、代々受け継がれてきた家訓の様なものが、口伝の形で伝わっており、その言葉が従業員にも伝わり組織の文化として根付いている様に見受けられました。
 
今後、会社が大きくなっていく中で、社長の言葉が直接伝わらなくなっていく可能性があります。その様な時、組織をある程度形作るものは形に残した企業理念や家訓だと思います。

藤井家に伝わる家訓を教えてもらいました。大切なことは時代を超えて普遍的であると感じました。


プレゼントとして軍手をいただきました。表にはサンタクロースの絵があります(フィンランドのサンタクロース公認の会社、除雪機だそうです)。今レポートを書きながら、どこで使おうかなと楽しみにしています。たぶんこの軍手は製品を購入されたユーザーのプレゼントなのでしょう。そう考えるとこの手袋をして草刈りをしたり、除雪をしたり、そんな風景が見えてきます。

今回は訪問させていただき、ありがとうございました。

DSCF5314.JPG

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月18日

きものブレイン様訪問


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎きものブレイン様訪問

平成29年9月11日に株式会社きものブレイン様へ訪問しました。
新社屋が完成したということで、インターネットにある地図にはまだ記されていない場所へ移動したところ、綺麗にデザインされた建物が現れました。駐車場に車を止めると、駐車場には雪解けの散水設備があり、夜間駐車場を照らすライトも完備され、雪深い新潟県十日町の事情と、従業員への配慮を社屋へ入る前から感じます。

会社説明は岡元松男社長が自らしてくださいました。
IMGP4643.jpg

 岡元社長は着物を売って終わりを基本とする過去の着物業界の中で、顧客の声や着物をもっと来てもらいたいとの思いから着物のアフターケアをスタートされました。これに対して地元の着物業界の重鎮からは「そんなことをしたら着物が売れなくなる」と言われ、「きものは着ず、箪笥の中に置いておくだけで顧客は満足しているのだからそれでいい。『お』きもの(置物)だ。」との言葉に反発された話から、社長の中にある信念を感じます。

 岡元社長自身「考えることが趣味」「ずっと考えている」の言葉にあるように、どうすれば着物を着る人が喜ぶか、着物を着る人が増えるだろうか、そして自社の繁栄になるだろうか、と考え、実行されてきた様子がうかがえました。

IMGP4645.jpg

 その中で、今回目立ったものは「みどりまゆ」という「まゆ」の開発です。これは大学との連携によって絹を作る蚕の育て方を改良し、蚕繭一つからの絹糸の生産量を増やし、質も良くなる方法を確立されたものでした。これを基にシルク衣類、石鹸類、健康サプリメントと商品類が広がり、新たな展開を見せています。

 更に、十日町をきものの街にしようと考え「きもの文化村」構想を思い付き、岡元社長みずからの退職金をつぎ込んで着物に関する施設を点在させ、全国から着物に関わる人々が集まるように村を作ろうとされています。

 きものブレイン様では障害者支援委員会を設置しています。1チーム5人の5チームで25名が委員として活動し、1年で交代することによって、数年で全員が委員として活動することになります。

 これにより障がい者への理解から同僚への思いやりが深くなり、障がい者雇用をするために、どのように仕事を切り分けて仕事を作り出すか、といった仕事自体への理解も進み、非常に効果的な取り組みだと思います。

 障がい者雇用と表現せず「ダイバーシティ企業(多様な人材が活躍できる企業)」を目指しておられることも素晴らしく、障がい者ではなく個性として理解し、「差別はしない。区別する。」との考え方は正しいと思いました。

 「少数のプロより大勢の素人で」対応しようとする考え方も全員経営に繋がります。「あの仕事は私の仕事ではない」の反対で「皆で支え合っていこう」とする思想が社内に、更には文化村全体に、そして十日町全体に広がっていく、そんなイメージを受けました。

今回は訪問させていただき、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村