2018年04月19日

弱った組織は問題が連鎖する・組織を強くするには。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!


組織の根幹を揺るがす大事件が発生している中、新たな事件が発生することがあります。例えばセクハラとか。

なぜこんな大事な時に!と思われるところですが、実際は「このタイミングだからこそ」今まで水面下に隠れていた幾つかの問題が表面に現れただけ、と思った方が良いように思います。

なぜ表出したのか、それは組織としての強度・結束力が下がったと言えるのかもしれません。

まずは問題行動を起こしてしまう人自身が、問題になると知った上で実行してしまう点と、本人の欲望を抑える人格面が弱ったこと。

権力と持ったため、問題が表出する前に揉み消せると思うのかもしれませんが、組織の混乱期には指揮命令系統の弱体化、個人の権限の軽視などで、揉み消せるだけの力は発揮できません。

トップが悪だくみするならば、利害関係者の視線を大事件の方から躱す意味で、あえて表出を止めない、なんてこともあるかもしれません。

次に組織の強制力・同調圧力・エンゲージメントの度合いが下がっていること。

いわゆる風通しの悪い組織になっており、個人の行動を他の評価者が十分に把握できない状態が続いていたと思われます。

また、同じ方向を向いて仕事をする、理念、目標に合わせようとする組織全体の雰囲気がこの組織には無さそうです。併せて組織への愛着心など無いでしょう。言い方は悪いですが「自分さえ良ければ組織がどうなってもいい」と思うものが増えてきている状態と見えます。

メンバー採用時に人柄よりも、事務処理能力を重視するとこんな事になるのかもしれない、と同時にメンバーとして入ってから悪い方向へ人格を変えさせられる組織である可能性もあります。

組織というものが、いかに人の心が要となっているか分かりますし、組織運営とは人の心をいかに健全に保つかの苦心の連続であるように思います。

今日も思いつくまま書いてみました。ただの批判とせず、他山の石として私の関連先には好転できるような仕事を心がけたいと思います。

問題が発生する前から注意深く従業員の様子を把握すること。
人を見ての人員配置を行うこと。つまりは質の高い評価が出来ること。
誰もが意見を気楽に言える、風通しの良い場を作ること。
組織のルールを厳守させること。
理念の浸透を繰り返し続け、徹底すること。
採用時には人柄を見ること。採用後には社会人として一人前になるように教育すること。
人には心があるとして、安心できる場を作り上げること。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月16日

第19回ふりかえり会実施


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎第19回ふりかえり会実施

4月14日に名古屋にて「いい会社」の法則実行委員会の勉強会のふりかえり、「ふりかえり会」を開催しました。

今回で19回目と、細々とながら継続できています。

今回ふりかえる法則は28「マネジメントは外から見る管理方法ではない」であり、成戸が解説しました。

20180414ふりかえり会.jpg

法則の中で、この日記でも稀にでてくるマネジメントとリーダーシップの違いについて理解を深めました。

マネジメントとリーダーシップの違いと、個別の構成要素について説明し、その両方の構成があった上で、その効果が発揮されます。実のところ片方だけでは従業員はなかなか動いてくれません。

今回の参加者は会社を支援する側の人間ばかりだったので、支援する立場で、どの様な姿勢と位置であれば良い支援が出来るかどうかについて話しました。

「いい会社」の経営者と同じに我々支援者は会社の外から見るのではなく、内側に立って、共感し、寄り添う姿勢をもって、支援される側の伴走者の立ち位置になることが大切です。

それはただ正解を述べるだけの専門家でもなく、医師的な診断と処方を下す者でもなく、上下なく公平な関係で課題発見から解決方法、そして解決まで一つずつ積み上げる者となることが求められます。

このような方法を、組織論で有名なエドガー・シャインは「プロセス・コンサルテーション」と呼びました。

このような支援の仕方は、出来るようになるためには支援している時に、相手を理解する言動・思考と平行して、自分を客観的に見るメタ認知の能力が求められます。

優秀な支援者は非常に高い能力を持っていると分かりますね。

さて、今回の参加者には自分の今までの支援の仕方はどうか、振り返っていただいたと期待しています。

自分の発するその言動は、内側・外側のどちらでしょうか。
仲間?ただの知り合い?
参画者?お客さん?

今日はこのへんで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村