2017年08月17日

従業員の感情と法律規則の間で(あるべき姿の規則)。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎従業員の感情と法律規則の間で(あるべき姿の規則)。

組織に、ある程度のルールは必要です。

これに反対する人はいないでしょう。しかし、現実にはそう簡単にはいかないようです。

一般的な経営者は私ほど労働法に詳しくありません。

労働法による最低限の守るべきことを知りません。会社で用意すべき規則と運用を知りません。

知っていたとしても、過去の経験上、法よりも先に優先すべきことがある場合がありますし、そちらを常に優先する経営者もいます。

それは…従業員の感情です。

私から見れば、労働法は非常に合理的で、これに合わせることによって従業員の感情さえも穏やかに会社経営を進めることが出来ると思うのですが、

経営者から見れば、「規則を作り、運用することによって、従業員はドライ(物事を割り切ったさま。情(じょう)にほだされないさま。)な関係と感じてしまわないだろうか。」と感じる方もいます。

特に、そのような経営者は従業員との信頼関係を大切に、従業員を大切にしようと努力されている方に多いようです。

従業員の信頼を失うのではないだろうか、そう思われるようです。

私が考えるに、規則を作り、それを守ることによって従業員への平等性、公平性、公正性、透明性を示し、照明し、担保することが出来るとし、

これが企業を安定化させるうえで非常に有効であると主張します。

これとは反対に、規則と運用を行わず、場当たり的に経営者の感覚的なさじ加減で判断し、決定を下す手法を繰り返せば、経営者の絶対的な権力は維持できますが、

経営者のゴマをする従業員しかいなくなります。

それ以外の従業員は会社への期待は無くなるでしょう。

期待しなければ努力はしません。現状維持、事なかれ主義、隠蔽・・・と悪循環を招くサイクルが目に見えるようです。

規則を超越した絶対的権力者は組織を運営しているとは言えません。それはボスです。家父長です。

そして、極論として組織の統治がボスと手下の関係のみで行われていた場合、経営者が何らかの事情で経営に携われなくなる日が来たとき、その組織は瓦解してしまうでしょう。

後継者はゼロからその会社を築き上げなければならないでしょう。

賢明な後継者であれば、その会社を引き継ぐより自分で新たに起業しようと考えるかもしれません。


現在の日本における法令、規制、一般的な道徳観念、人生観、ありとあらゆる方面から見て、すべてを満足させるような会社規則は無いと思いますが、

敬意恵者と従業員が望む「会社のあるべき姿」を描き、それに近づけるに適合した会社規則は作れるのではないでしょうか。

これをドライというのであれば、それは経営者、従業員の片方、または双方が学ぶことを拒否ししているか、理解する能力がないのか、ということだと思います。

そうであれば、それに合わせて伝え続ける、手を変え品を変え、理解できるように工夫するなりして、100回だめなら101回と続ける姿勢が大切であると思います。

それにより、「あるべき姿の規則」は組織としての土台となり、これによって従業員の安心も、信頼も、企業としての安定も得ることになるのではないかと私は思うのです。

今日はこの辺で。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月14日

中濃支部の研修会にて講師を務めました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎中濃支部の研修会にて、講師を務めました。

8月4日に岐阜県社会保険労務士会 中濃支部の研修会にて、講師を務めました。

内容は「出前授業の再現」であり、以前日記にも書いたように、社労士が会社に就職する前の高校生や短大、大学生に対して、就職支援セミナーとして、労働についてのお話をする事業をスタートしようとしておりまして、

他の支部ですでに実施されている様子を見てきた私が、その授業の再現を行い、それに対して参加者の社労士皆さんが良い点、改善点を挙げ、今後の参考とする・・・といった我々としては初の試みでした。

20180804.jpeg
変な顔をして話していますね。(いつもこんな顔ですか?)

これには理由があります。

今回の話した内容は、自分が話したい内容ではなく、見学してきた再現なので、どうにも言いづらい表現があったためなのです。

それに対して指摘を後から受けるのは少々ストレスを感じました。

まあまあ、今後の改良と発展によって気持ちよく話が出来るようになればいいな〜と考えています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村