2017年04月24日

兼業についての政府の方針と現状。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎兼業についての政府の方針と現状。

労働人口の減少に対応する一つの手段として、1人の労働者がいくつかの仕事を兼業する方法があると政府は考えているようです。

経済産業省の資料によると、、全就業者のうち

副業をしている就業者は約 234 万人(3.6%)
副業を希望する就業者は約 368 万人(5.7%)

の一方で、株式会社リクルートキャリア「兼業・副業に対する起業の意識調査(2000社対象)」によると、

@ 兼業・副業を容認・推進している企業は全体の22.9% ※正社員を対象とした調査結果
A 兼業・副業の禁止理由は「社員の過重労働の抑制」が55.7%と最も高い
B 兼業・副業の容認・推進理由は「特に禁止する理由がない」が68.7%と最も高い

とされ、従業員を雇用する企業(使用者)に着目して兼業・副業の実態をみると、兼業・副業に対し、引き続き多くの企業が就業規則等で原則禁止しています。

副業・兼業を認めた場合の課題として「労働時間の把握が難しいこと」や「健康管理を行うべき方法が不明確であること」等が挙げられています。

これに対して3/28(火)に公表された政府の「働き方改革実行計画」によると、「就業規則等において合理的な理由なく副業・兼業を制限できないことを明確化しつつ、長時間労働を招かないよう、労働者が自ら確認するためのツールの雛形や、企業が副業・兼業者の労働時間や健康をどのように管理すべきかを盛り込んだガイドラインを2017年度に策定する」とされています。

今の段階で2つ3つと掛け持ちして働いている人の実態に対する問題がいくつかあります。

数日前にも相談があった社会保険の法的な対応(掛け持ちで仕事をしており、一時的にA社を休業し、B社で働いた月があって、またA社へ戻る場合、社会保険はどうするのか?)があったり、

労働時間の把握もそうですが、現状として掛け持ちで働いている人が過労で倒れた場合の責任の所在であったりと、企業側としても兼業をしている人を雇用しようとする際に躊躇する問題があり、これらは曖昧なままとなっている点は早く明確にしていただきたいと思います。

正社員で一日8時間働いた後に、更に働くことが出来るのは、相当な体力・精神力があるか仕事をサボっているのかどうなんでしょう。

企業側も仮に1日8時間労働の正社員に対して、一般的な生活が出来ないような給与を支払っているわけではないと思いたいところですが、そのような実態が多ければ多いほど最低賃金の引き上げの正当性がありますね。

ふと考えましたが、1か月の労働時間の長短で最低賃金の額が変わったらどうでしょうか?生活残業が増えるだけかな?

今日はこの辺で失礼します。

参照
兼業 ・副業を通じた創業 ・新事業創出に関する調査事業研究会 提 言
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170314006/20170314006-3.pdf

株式会社リクルートキャリア「兼業・副業に対する起業の意識調査」
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2017/170214-01/

【働き方改革実行計画】
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai10/siryou1.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

夢・目標を文字にすると…。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎夢・目標を文字にすると…。

今日は特に個人的な出来事を書きます。参考になれば幸いです。


数日前、自分の本棚を眺めたとき、本の間にノートが挟まっていたため、引っ張り出してみました。

そのノートは、10年ほど前に「自分の今後の目標」を書いて、そのあと忘れていたノートでした。

当時読んだ自己啓発本に「夢を書くと叶う」と書いてあって、真に受けた私は、それなりに本気で書いたのでした。

色々な目標がありました。

達成していない部分も多々ありますが、

・社会保険労務士になる。
・会社を辞める。
・事務所をかまえる。

など、自分の人生の中では大きな部類に入る部分が達成されていました。

「なるほど〜。」の声と、「そうなるように生きてきたんだから当たり前」との心の声が出てきました。

ただ、当時、会社従業員で変わり映えの無い毎日、同じことの繰り返しに感じていた自分には途方もない夢だったのかもしれません。確かに高揚感と同時に不安のある目標だったように記憶しています。

かなりの部分を自分は書いた内容を覚えていて、そこへ向かうように動いていたように思います。何もしていないよりはマシ程度ですが。

眺めると、当時の自分との方向性の違いなども明らかになり、10年前の自分は、やはり今より、ものを知らない自分でした。

それでも何の目標も持たずに生きていた11年前よりは良い自分がそこに居たように感じます。

面白かったので、数年後の自分に向けて、もう一度いくつかの目標・夢を書き始めました。

達成できない項目について、あまり真剣に考えると辛くなるし、夢を描くのだから、明るい太陽を描くように楽しく未来を感じられるタイミングで書いた方がよさそうです。

〜〜〜〜〜〜
私個人の実験も、それなりの効果があると実証できたので、これを読まれている方にもお勧めします。

個人のみならず、会社でも、毎年のマネジメントとしての目標より、もっと大きな夢を文字や絵にかいて飾ったり、コッソリ倉庫にしまっておいても良いかもしれませんね。

脳は忘れたようであっても意外と記憶していて、それに合わせて人は望む方向へと行動しているようですから。


今後については自分自身、もう少し、しっかりしないと、と思いながらこの文字を書いています。

今日はこの辺で。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村