2014年08月28日

人手不足で雇用できない!?

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎人手不足で雇用できない!?

「人を雇いたいのだけれど、求める能力を持った人は既に大企業に抱えられていて見つからない。」

このような話を数か月前に聞いていました。

アベノミクスの効果に強く影響されている大企業は中小企業よりも時間的に先んじて求人を行い、働き手を確保しています。求人内容も中小より好待遇で。

これにより中小零細に人が回ってこない、もしくは求める人材が来ない状態です。雇用出来ない理由は探せばいくらでも出てきます。

これは好不況の波のたびに繰り返されてきたお決まりのパターンなのでしょう。

中小零細企業の理想は不況時に大企業に就職できなかった優秀な人物を採用し、育成し、好況時に活躍してもらえるようにすることです。

しかし、今更言っても遅いので、現状に合わせて考えましょう。

大企業に出来ない方法で中小企業に出来る強みを探す他ないと思います。

大企業は従業員数が多い為、一律同じ条件で管理します。同じ条件で働ける労働者を好みます。例えば朝から夕方まで8時間労働が出来る者を雇用します。そこに該当しない労働者は採用しなくても雇用できる面もあるでしょう。

中小企業が同じ思考でいては雇用できないわけです。

例えばこんな人が居るとしましょう。育児が一段落して働きたいけれど、朝と夕方の子供の送り迎えがあるため朝10時から出勤して午後3時4時あたりには帰りたい方。この方が自社の求める才能を持っているとしたらどうでしょう。

会社側の都合に合わせず、相手に合わせて柔軟に働いてもらえばよいですね。

それによって埋もれている人財を発掘できる可能性が高まります。

その他、親の介護のために大企業を辞められて田舎へ帰ってくる方や、結婚を機に引っ越しをされる方、様々に個々の事情があるので、それに合わせて小回りの利く方針転換や制度の変更をすればよいと考えます。

理想とする正社員が1日に働ける分量を10としたら、上記のような労働者が出来るのは6〜7だとしても、2人雇えば解決します。

むしろ、10の社員がある日、病気や怪我で休まれた際に10を失うのに対し、6〜7程度で済む利点もあり、

更には6〜7分の二人の片方が休まれた際にはその日だけ10の分働いてもらえるように1人にお願いすることも出来るかもしれません。

仕事のシェアにより一人休んでも代わりに仕事を出来る人が居ることも強みです。

この人数が増えればその効果は確率的に高まります。

これらは一つの例え話ですが、「出来ない」「むずかしい」の言葉で思考停止する前に出来ることは沢山あるのです。


おっと、もう一つ「本当に不足しているのは人手か、または人材なのか?」ちょっと考えてみる必要もあるようです。気が向いたらまた書きますね。


事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月25日

地域によって障害年金の支給認定に差が。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎地域によって障害年金の支給認定に差が。

今日の新聞での話題。

社会保険には障害年金が有ります。病気やけがで一定の障害がある人が受け取れる年金のことです。

今回、申請に対する支給・不支給の判定結果に都道府県間でばらつきがあり、不支給の割合に最大約6倍の差があることが24日に分かったと報じられています。日本年金機構がデータを初めて公開しました。

判定の不支給判定率が最も高かったのが大分で24.4%

最も低かったのが栃木で4.0%と6.1倍の開きがありました。

私の地元、岐阜県は8.6% です。

障害者にとって障害年金を受給できるか否かは、まさに死活問題であり、都道府県によって判定に差がある事実は都道府県によって個々人の人生が異なることを意味し、大きくとらえれば憲法の生存権の問題にも発展するお話です。

未だ障害年金については日本年金機構(旧社会保険庁)によるデータの収集と開示が不十分で実態がつかめない現状が有ります。社会保険庁の時代からこの問題は指摘されていたようですが、長年放置されている状況が明るみに出たことになります。

何故、この時期にこのような重大な問題を開示したのか?も裏を考える必要がありますが、政治ブログではないのでここでは、どうこう言いません。

このような事をするから年金保険料を支払わない人が増えるのに。

また、上記の問題から分かるように、判断基準が統一されていません。(正しくは、基準はあるが、判断は人によるという事ですが)

年金機構の本部が一括で審査している障害厚生年金と

地域で審査される障害基礎年金の差もあるようです。

障害年金を得意分野にしている社会保険労務士に聞くと「申請の仕方で受給の可否や、等級が変わることが有る。」と言います。

その為に大げさに言えば医師に書面記入の仕方を強要する社労士もいるようです。医師の書いた書面で障害の状況が確認され判断されるためです。

その為、医師の中では社労士が嫌いな方もいるようです。ここも、患者の為に医師の方には障害年金の仕組みを知ってもらう必要を感じます。

最後に
時代に合わせて年金の形を合わせる為、制度の漏れなどを無くし精度を高める余裕も無く新たな形に代わってゆくのが社会保険の現在ですし、この制度の性質なのかもしれません。


事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月21日

言葉を丁寧に扱う(〇〇力)

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!
夏らしい天気に日差し。日陰を求めて移動する生き物になっています。

◎言葉を丁寧に扱う(〇〇力)

日記と個人的な記述のように題していますが、多くの方に読まれているので基本的に「読んだら何かを得られる内容」を目標に書いています。

その為、読者への投げかけが多いようだ、と自己分析しました。

ノウハウを知りたければ多くの情報が至る所にあるので、この日記では読んで考えてほしいと願っています。

そうすると、自分なりの回答や思考方法が出来上がるのではないかと考えています。


今回は言葉について。

最近、仲間と話しているうちに「曖昧な言葉が多いよね。〇〇力(りょく)とか付けて、それっぽく見えるようにしているものとか・・・」との意見が出ました。

・人間力 を付けましょう!
・世渡り力
・女子力

一見「なるほど」と納得しそうになったり納得してしまうものでありながら、その言葉だけでは正体不明、意味不明です。

定義付けされ一般化されて、ようやく会話に取り入れるのが良い話し方なのではないでしょうか。


従業員採用について求める人材像を思い浮かべた時に「コミュニケーション力(スキル)があって、地頭力があり、将来的には幹部になってもらえるようなリーダーシップ力もあったら最高だな。」などと考え、話していたら気を付けなければならないというわけです。

例えですよ。「力」を付けなくても同じです。

コミュニケーション力があるとはどのような人なのか、どの状況で、どう発揮されるのか。訓練で習得できるものなのか、出来ないのか。どこまでをそう呼ぶのか。

採用する側から見てますが、採用する人自身コミュニケーション力が本当に、どれだけあるのでしょうか。仮に無い人がコミュニケーション力の有無を判断できるのでしょうか。

流行に乗ってみたけれど、自社でその能力は本当に必要なのだろうか。

最終的に、その「力」は本当に人を幸せに出来るだろうか?

ちょっと深掘りし過ぎましたが、話し合っているお互いがこれらを共有していないと「言ったはずなのに伝わっていない。」状況が生れます。それは行動に繋がり、バラバラな計画を実行する集団になるのです。

言葉は認識するために丁寧に扱うものであることが分かりますね。

自分も気を付けよう。



ちなみに友人は「心の〇〇」と付けるとカッコ良くなる大発見をした!と教えてくれました。

心の洗濯、は既に定型文になりつつあるので洗濯つながりで
「心の風にさらわれないよう洗濯物を心の洗濯バサミで留めておこう。」
などと書くと詩的になりました。

なるほど。


事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月18日

固定残業代制度導入の企業で求人表の不適切記載

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎固定残業代制度導入の企業で求人表の不適切記載

夏休みの間、ずっと雨が降っていました。

外での遊びができない夏ですね。

少し古い記事になりますが、「9割の求人で不適切記載 固定残業代導入の企業で」と題した記事が出ていました。

ハローワーク(公共職業安定所)へ求人を行っている企業で固定残業代制度を導入している求人票のうち約9割に不適切な記載があったとの調査結果をNPOや弁護士でつくる「ブラック企業対策プロジェクト」が発表した、とあります。

固定残業代制度は給与の中に「あらかじめ」一定額の残業代を手当てなどの形で事前に払う制度です。

事前に払ってもらえるのはありがたいのですが、問題の一つは「その残業代分以上に残業した際に足りない残業代分を支払わない」企業が出てきている点です。

一定額をあらかじめ支払ったとしても、それ以上に残業をした場合、当然に働いた分の残業代は支払わなければなりません。

それを、どこをどう間違えたのか「固定だからそれ以上支払わなくてよい」とでも思ったのか、法を無視しているようです。

もう一つの問題点は求人票に記載する際に残業代も含めて給与と記載することで給与の総額を高く見せかけて求職者を呼び込もうとしている点です。

これも実際は基本給と手当てなどは別記載にすべきであり、文字通り不適切な記載です。

ハローワークの求人票を実際に見れば基本給と手当ては別に書くように書式が出来ています。

そのため、意図的に不適切な記載をしようと思わなければできません。

どこかで誰かが教えているのでしょうか?


本当に時々ですが「法の穴を、裏をかいて、なんとか自分の得になるような方法はないか?」と考えている経営者がいます。

なんとなく、その発想自体が時代遅れの昭和の匂いを感じさせます。

固定残業代の例でも、結局、最終的にはその会社の従業員の大半は会社から去っていくことでしょう。

新たな人を雇えうのでしょう、しかし、技術も経験も何の蓄積の無い会社に生き残る道はないように思えるのですが。

事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月14日

労働保険の年度更新の手続きをしないとどうなる?

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!
私の地元は現在、少々寒いくらいの気温になっています。
夏休みの時期に、目を通してくださって感謝です。

◎労働保険の年度更新の手続きをしないとどうなる?

今週月曜日に労働保険の臨時指導員の仕事(先述8/7の日記http://gifusr.sblo.jp/archives/20140807-1.html)を終えたので、結果としてどれくらいの未手続きが残っているのだろうと厚生労働省ホームページで調べてみました。

労働保険の適用徴収状況のデータが有りまして、見たところ本年5月分までしか数字は出ていませんでした。そうですね、集計するのに時間が掛かりますね。当たり前でした。

そこで視点を変えて平成25年度の「都道府県別労働保険料・一般拠出金徴収状況」(平成26年5月現在)を見てみました。

地元岐阜県は労働保険料の収納率97.7%で、けっこう高い数字と言えるかもしれません。全国平均98%です。

仕事で指導員をした際に感じた事業主の認識のゆるさと反比例しているように思ったので、何故だろうと考えてようやく思い出しました。

労働保険の年度更新手続きをしないと最終的に厚生労働省が職権により保険料の額を決定し、納入告知書により通知が行われ、通知を受けた日より15日以内に保険料を納めるよう求められます。これを認定決定と言います。

更に認定決定されるとペナルティとして労働保険料の10%の「追徴金」が課せられ、納期限までに納付しなければならなくなります。

更に納期限までに納付しないと、納付するまでの間の期間に応じて年14.6%の割合で「延滞金」が課せられます。

そして最後には政府は「国税滞納処分の例」によって処分する。とあります。これは税金を納めなかった人から税金を徴収するのと同じ方法で徴収しますよ、と言う意味で、つまりは財産差し押さえです。

どこまでも追いかけてくるようで怖いですね。そりゃ納付率も高くなりますね。

蛇足ですが、
上記の内容は社会保険労務士の試験に出る可能性があり、受験時の記憶が少し残っていて助かりました。


参照
厚生労働省ホームページ 労働保険の適用徴収状況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/roudouhoken.html

事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月11日

澤田さんのセミナーを受講してきました。(リーダーシップの形)

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎澤田さんのセミナーを受講してきました。(リーダーシップの形)

昨日、台風の勢力が岐阜県で最大となっている時間に車で移動し「本当に良い家づくり&資金計画セミナー」を受けてきました。

講師は澤田升男さんです。

正直なところ2週間前まで澤田さんのお名前を全く存じ上げていませんでしたが、知り合いの方が「あなたの地元にこんな方がいるよ、会いに行ってみたら?」とお勧めしてしてくれたので、さっそく連絡を取り、今回の流れとなりました。

澤田さんは住宅建築の業界で知らない者はいないほどの人物で「ダブル断熱」などの工夫をされて有名になった方です。澤田さんの名は知らなくとも、ダブル断熱、トリプル断熱の単語は聴いたことが有ると思います。

現在は自身が家を建てることに直接関わらず、、正しい建材を用いるための研究をされ、「神様が宿る家」を建てるため指導する立場となっており、日本中を講演・指導するために移動する日々だそうです。なかなかお会いできる人ではないのでした。(神様、と言っても宗教的な道具や手法を用いるものではありません、良い家の表現の一つです)

今回私が知りたいのは、澤田さんには失礼かもしれませんが、住宅の話ではなく、経営方法・人柄・組織の現場確認です。そうです、どこまで行っても経営に関してです。

セミナーに応募した返信郵送で本を2冊も無料でいただきました。この時点で普通ではないと感じましたが(ただし営業でもあると思います)、お話を聞いて自身のプライベートや住宅業界の裏話など、まさに赤裸々にお話されました。

少々口が悪いのが短所であり、長所でもあるような方で、人によっては惹きこまれるカリスマ性があると感じました。実際、関係者は彼の人柄に付いて行っている面があるようです。3時間30分を参加者に飽きさせず話される技量も内容も素晴らしい。

(リーダーシップと言うとカリスマを思い浮かべる人が多いと思いますが、私は「その人なり」のリーダーシップがあると学び、実際に見てきました。カリスマは目立つので認知度は高くなります。ただ、会社を良くするために経営者が無理をして目立ったりカリスマを目指したりする必要はないと考えます。)

最後にセミナーが終了し、サッサと退場されるのを追いかけて声を掛け、名刺といただいた本のお返しに本をプレゼントしました。

「いい会社」の勉強をしている事、いつかその内容で講演をしてもらいたい事をお伝えしました。澤田さんは快く引き受けてくれました。

私は今日一番の「やることリスト」をクリアして非常に安堵しました。


帰りに台風は去っていました。


事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村