2014年09月29日

若者の就労支援の形を知るセミナーに参加

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎若者の就労支援の形を知るセミナーに参加

昨日は、若者の就労支援の形を知るセミナーに参加してきました。

現在の社会問題のひとつのなっている若者の未就労問題について、既存の取り組み型とは異なった方法である「静岡方式」を中心に説明していただきました。

今まではハローワークのように「場」があって、そこに希望者が来所する形が一般的でしたが、静岡式は場を持たず、支援者が、困っている未就労者のもとへ赴き、仕事を探し、就労現場まで同行し、働けるように促す方法をとっています。

こちらの方が後の継続就業率が高いことが統計上わかっており、期待されています。

現在、女性と高齢者の就労割合を増やそうとする政府の動きの中、学校を卒業、または中退のまま定職に就けずにいる若者が増えています。その問題について未だはっきりした解決策は出ていません。

一旦社会との繋がりを失い、働く機会を失ったままの状態が続くと、人に対する免疫のようなものが薄れ、人と接するのが難しくなります。

また、障害認定はされないが、さりとて一般の労働者のようには働けない弱者もいます。

このような者をどのように雇用の現場へと導き働けるようにするかが重要です。


その他の問題として「以前働いていたが、出産育児のため会社をやめた女性」と「一度も働けずに数年を経過した、労働能力の平均以下の若者」では会社は前者を選びます。競争率が高い現状があるのです。

障害者雇用には力を入れている企業はあっても、未就労の若者雇用に力を入れている会社は、あまり知られていません。後者には法定雇用率もありませんし。

今後は、若者の就労支援を行う会社を世間が知られるようにし、参考とすべきでしょう。

会社が、地域が、日本が長寿であるためには、若者が働ける場が必要です。

更に安定して長期に働ける場があり、安定した人生設計が出来る職場がなければ、若者が結婚し、次世代を担う子を持とうとする事も出来ません。

私の視点からは、就業支援と同時に、受け入れる職場を増やす必要を感じます。

それは、未就労の若者に理解がある会社を増やすことです。

以前であれば、面倒見のいい親方が、このような若者を育てる、そんな環境がありました。

しかし、効率化を追い求めた結果、一見無駄と思われるが実は大切な役割や場が失われてきたように思われます。

その辺りを見直すことが求められていると思います。


事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月25日

はじめから価格に社会保険料を付加して販売する。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎はじめから価格に社会保険料を付加して販売する。 (第1173回)

初めてお会いした税理士さんとお話をしていてこのような意見を私が伝えました。

私「会社経営で社会保険料が高いと言いますが、世の中の商売で初めから社会保険料を上乗せした形で売り買いが出来ていれば、問題にならなかったのではないでしょうか?」

税理士さん「まったく仰る通りです。義務を果たす商習慣が成り立っていないのが問題です。」

と賛同いただきました。

・・・

会社で従業員が社会保険に加入すると、保険料は会社と従業員が折半で払っています。給与明細を見ればわかりますが、けっこうな額になっています。会社側も人数分ですから相当な額です。

その分を自社が取り扱っている商品の値段に社会保険料分を新商品発表当初から乗せていれば、それが定価となり、消費者にも値段が高いとは思われずに売買が成立しているはずです。全てがそう言えます。

そんな時に「ウチは人件費(社会保険料)を削って他社より安く売れば、たくさん売れるだろう」と実行してしまう残念な会社が現れます。

少し考えれば自分で自分の首を絞める行為であることは分かりきっています。値段を下げれば利益が減り、更に他社も同じ行為を行い、同じ業種同士で削り合い、疲弊してしまうためです。

値下げが誰も幸せにならない選択であることは誰にも十分理解されている事でしょう。

それと同時に、創業当初から「いい会社」になろうと努力し、社会保険加入などの義務を初めから果たしていないと、あとから「儲かってからいい会社へ変わろう」としても難しいことが分かってきます。(これは社会保険関連 以外の面でも同じでしょう。)

後から自社の取り扱っている商品に社会保険料の上乗せをすることが難しいからです。つまり「後に儲かる日がやって来ない可能性が高い。」

社会保険料や従業員へ支払うべき額をキチンと乗せた商品額を定額として、値下げをしない努力が正しい経営です。なんだったら工夫して値上げ出来るようになりたいものです。

「分かっているけど出来ない!」と言う声が聞こえて来そうですが、この日記で度々紹介している「いい会社」は一般的な業種で景気に関係なく毎年利益を上げています。工夫はしていますが特に突飛な事はしていません。このような会社を参考にしてみてはどうでしょうか。一緒に見学に行きませんか?

私は、そろそろ見学や日々の学びで得た知見をセミナーの形でお話ししようと考えています。その際には告知しますので、しばしお待ちください。

最後に繰り返し

「ウチは商品を他社より安く提供するのが特色の会社だ」大丈夫ですか?
「儲かったら従業員に還元するつもりだ」本当ですか?そのやり方で、そんな日は来るのでしょうか?

※注意
・社会保険に加入義務が発生したら必ず加入する。社会保険料の納付義務が発生したら納付する。国の定めた義務です。これ以外の選択肢はありませんから誤解の無いようにお願いします。
・社会保険に加入し社会保険料を払うのは義務であり、それだけで「いい会社」とは言い切れません。


事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月22日

最低賃金が引き上げられます。(賃金の考え方)

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎最低賃金が引き上げられます。

平成26年8月28日に厚生労働省より最低賃金の改定額が発表されました。

最低賃金は「これより低い時給で働かせてはいけない」とする額です。

岐阜県は現在724円で14円アップの738円

変更される日(発効予定年月日)は平成26年10月1日となっています。

愛知は780円から800円へ(平成26年10月1日)

三重は737円から753円へ(平成26年10月1日)

近年、毎年のように額が引き上げられています。

以前あった「生活保護水準の額より最低賃金のほうが低い」問題は平成20年の改正最低賃金法施行後、初めてすべての都道府県において、最低賃金と生活保護水準との乖離が解消される見込みです。

セーフティネットである生活保護の水準より低い時給であれば、単純に考えて人としての生活ができないことを意味しているため、この問題が解消された後の最低賃金以下でしか労働させることができないような企業の仕事は日本では「一般的な労働として認められない」意味にとれます。


「高すぎると経営に苦しむ。低すぎると人が集まらない。」賃金額の設定に困っている経営者もいらっしゃる事でしょう。ヒントになるかどうか分かりませんが、以下、思いつくまま書いてみます。

皆さんご存知の(?)フレデリック・ハーズバーグは二要因理論において、

衛生理論の中で「給与は不足すると職務不満足を引き起こすが、満たしたからといって満足感につながるわけではなく、単に不満足を予防する意味しか持たない」と言っています。

賃金額の設定は様々な意味を持っています。最低条件の賃金額であれば「まあ、こんな低い時給だからな」と労働者も使用者も考えてしまう事も有り得ますし、そこから求人求職・労働意欲・仕事の内容・作業内容・労働に対する価値観も形作られてしまうかもしれません。

人件費をただの費用と考えるのか、企業の目的の一つと考えるのか、捉え方によっても変わって来るものなのです。

参照
厚生労働省
平成26年度地域別最低賃金額答申状況
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/besshi.pdf





事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月18日

藻谷浩介氏の講演を聴く。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

月曜と金曜に日記を書こうと考えていましたが、金曜は読者の方もお忙しく、アクセス数が低いことがわかり、木曜日に書こうと試みています。

今回は木曜日に書く時間がないため水曜日になりました。(投稿日時が予約できるので木曜になっているはずです。)結局書く時間は自由になってしまいます。

◎藻谷浩介氏の講演を聴く。

先週金曜日に岐阜市で藻谷浩介氏の講演を聴いてきました。

今回の公演のお題は「中心市街地自立のために今何が必要か?」で、この日記で何度か出ている書籍「デフレの正体」「里山資本主義」の著者である藻谷さんから見た岐阜市柳ケ瀬の衰退から立ち上がるにはどのような視点が求められるのかをお話しされました。

以前、岐阜市には路面電車がありましたが、廃線とする話が出た時に藻谷さんは反対されたそうです。しかし、地元○○会の「路面電車があるから人が集まらない」という不思議な理屈で廃線が強く押し進められ、観光の名物である一つが消えた経緯を少々恨み節も混じりながら説明されていました。

藻谷さんの持論の一つは一貫して人口の推移が経済などに大きな影響を与えている、というもので、とても分かりやすいものです。地元の人口が減り、さらに近隣の都市の人口が減れば消費活動は低くなります。国が各市町村の今後の人口推移を予測したものがあるため参考にすれば良いわけです。

感覚やイメージで論ずるのはナンセンスであり、数字を基に推測する、もしくは事実確認です。

一つの商店街を繁盛させようとすると、これとは別に「商店街のありかた」「店舗を取り巻く環境」を論じなければなりません。

端的にまとめると「チャレンジする若者を店舗に入れ、地主は賃料を下げてでも入ってもらうよう努力する事。」

「根が家
葉が企業
茎が学校、病院、役所
そうして整うことで花であるお店が生まれ維持される」

とされました。


本を読んだ後に偶然講演の情報を見つけ、渡りの船で応募し、とんとん拍子で参加出来て良かったです。

藻谷氏の話し方がとても軽妙で人柄も知ることができ、とても興味深く面白く聞かせていただきました。


事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月15日

事務所移転と事務所名変更のお知らせ。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎事務所移転と事務所名変更のお知らせ。

お世話になっております。成戸です。

このたび事務所を移転し事務所名も変更いたしました。岐阜社会保険労務士会に届け出を行い、変更日が本日です。

事務所名は「岐阜人事労務サポート」から「なると社会保険労務士事務所」へ。
(社労士として普通の名前になりました)

事務所住所は関市から美濃加茂市になりました。

電話番号、FAX番号も変更しましたのでホームページより確認お願い致します。基本的に携帯電話(移動事務所番号)の方が繋がると思います。


事務所名の変更の理由は以前の「サポート」が、どうも自分の今の感覚と異なる点でした。

サポートだと私の感覚では「尋ねられた点についてのみ答える」「相手が困っていると感じている点にのみ助ける・補助する」ように感じられます。(実際の意味は「支持・支援」)

今、私は依頼者である企業と協調して、協力し合える者として活動出来るよう心掛けています。これは「コンサルティング」という表現で良いのですが、事務所名に用いると何者か分からなくなってしまうので、結局「自分の名前 + 資格名 + 事務所」となりました。

社会保険労務士事務所は日本に数限りなくあります。

その中で行っている業務は千差万別、事務所と社労士の理想も理念も倫理・道徳観念も恐ろしいほど違います。

その事務所の中で当事務所を選んでいただけるようにこれからも切磋琢磨していきます。

これからも「なると」を宜しくお願い致します。

成戸克圭


事務所
岐阜県美濃加茂の社会保険労務士「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月10日

「いい会社」見学会。「感動創庫LFC株式会社」

「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎「いい会社」見学会。「感動創庫LFC株式会社」

本日「いい会社」の法則実行委員会の「いい会社見学会」として、仲間と共に岐阜県本巣市の「感動創庫 LFC株式会社」を訪問してきました。

今回は私が会社の見学許可の申し込みや日程調整を行いました。今後も出来るだけ実施してゆこうと思います。

こちらの会社は法政大学教授の坂本光司先生を中心とした取り組み「日本でいちばん大切にしたい会社大賞 実行委員長賞」を今年受賞した会社です。以前、日記で「岐阜にも、こんないい会社があるのですね」と感慨に浸っていた会社に訪問できてうれしく思います。

業務は倉庫を使った物流事業・通信販売事業です。衣服がハンガーに掛けられ多くありました。

業績として
5年連続増収増益37億円→52億円
5年連続従業員の増員90→130名
経常利益率は7〜8%
定年65歳。再雇用によっていつまでも働ける。最高72歳(かつては86歳の方がいた)
残業時間、月平均10時間以下
などなど、夢のような会社です。

世の中のマスコミによってブラック企業などに目を向けがちですが、ブラック企業を調べてもいい会社になる学びはありません。「いい会社」になりたいのであれば、「いい会社」に就職したいのであれば、このような会社を研究すべきです。

さて、本日は急な仕事によって社長の井上 武さんにはお会いできませんでしたが、ご子息の井上剛典 常務と粥川 兼次 監査役のお二人にお話を聞き、会社内の案内をしていただきました。

プロジェクターに映された文字『「社員が幸せになる会社」を目指します!』からして既に、いい会社です。
IMGP2664.JPG

社員48名中9名、スタッフ(パート)84名中3名の合計12名が障害者の方であり、その雇用理由「社会貢献などとは考えておらず、その人に自立してもらえるように、家族として接している」姿勢がまさに「いい会社」です。

朝礼を毎朝1時間かけて行うのも特徴的です。

朝礼で会社と従業員、従業員と従業員のコミュニケーションを十分に図ることが労働時間の1時間をコストとして考えても、それ以上に必要としていること、会社の原動力がそこにある事を十分知ったうえでの取り組みと見て取れます。

人の原理原則に合わせた取り組みと言えるでしょう。手間やコストがかかってもコミュニケーションを充実させるメリットがあるわけです。もちろん会話の内容も充実しています。

ハッピー体操に参加しました。これは沖縄に行った際に沖縄教育出版でも行われていたことを思い出しました。良い情報は遠く離れていても伝播し根付いてゆくものなのですね。

この日記には書ききれない多くの学びが有りました。

最後に井上剛典さん粥川さんと
IMGP2712.JPG

本日はありがとうございました。

レポートを後日お渡しします。お待ちください。

事務所
岐阜県関市の社会保険労務士
「働く喜びに満ちた会社」に育てる!「岐阜人事務サポート」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。

posted by なると at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村