2016年06月09日

『経営者』は大変な立場ですね。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる!の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎『経営者』は大変な立場ですね。

幾つかの会社を拝見し、時には社会保険労務士として、コンサルタントとして会社経営に関わっていると、経営者とお会いする機会が多くあります。

私は素晴らしい経営をされている経営者の皆さんは大変なお仕事をされており、その努力とセンスをみて尊敬しています。

「いい会社」もそうでない会社も経営者は存在しているのですが、失礼ながら観察していると各経営者ごとに千差万別、様々に異なる姿を見ることが出来ます。

そして、私は運よく「いい会社」と呼ばれる会社の経営者にお会いする機会を持てているため、特に経営が好調な会社経営者と、どうも上手くいかない経営者の違いが少しずつ見えてきました。

やはり、経営者として求められる能力や資質、態度、経験、思想や哲学があるように思います。

具体的に1つ2つ挙げますと、

相手の立場を考え、大切にする、相手の気持ちを察するという非常に当たり前でありながら難しいことが出来る必要があります。

これの延長で、相手にかける言葉も大切で、その言葉で相手にモチベーションを与えたり、癒されたり、相手を守ったりすることが出来ます。

私はビジネスに対するセンス以前に人に対する問題をクリアする大切さを重視しています。実のところ、人を大切にする努力を続けると、時間はかかるかもしれませんが、経営が上向きになる実例を見てきました。

上に挙げたのは「人格」と表現できるかもしれません。人としての質を上げることが求められます。

また、金銭面では、中小企業の経営者で特に「いい会社」にしようとすれば、自分の報酬は多くしたとしても、すべてを自分のためだけに使えるわけではありません。いざという時は、会社に自分の貯蓄も家も土地も入れて会社を維持しようとします。とてもストレスのかかる一面も持っています。

それだけの覚悟が必要な立場です。

労働基準法では、労働者ではないため、例えば1日にどれだけ働いても問題はありません。むしろ働けるだけ働ける立場なのです。無理をし過ぎないように、しかし誰よりも働くことが求められるように思います。

以上を合わせると、経営者という立場、職業は、実は割に合わない仕事なのかもしれません。それを補うご褒美がどこにあるのだろうかと考えると、従業員や、取引先の従業員や顧客、など、会社にかかわった人たちが、社長の生き写しである自分の会社と縁あって繋がり、影響を受け、喜んでもらえたり、幸せになっていただけることで、それを自分の喜びとすることが出来たときに受け取れるのではないかな。と思います。


事務所:岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村