2016年06月13日

労働相談が8年連続で100万件超(いじめについて)

「働く喜びに満ちた会社」に育てる!の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎労働相談が8年連続で100万件超(いじめについて)

厚生労働省は6月8日に「平成27年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表しました。

その中でのポイントは労働者からの相談が8年連続で100万件を超えている点と、内容として「いじめ・嫌がらせ」が4年連続でトップとなっている点です。

具体的に「いじめ・嫌がらせ」が66,566件(22.4%)、「解雇」が 37,787件(12.7%)、「自己都合退職」が 37,648件(12.7%)となっています。

「いじめ・いやがらせ」と書いたり、声に出すと、子供の世界のように聞こえる甘さがありますが、「ハラスメント行為」であり、「最終的には日本国憲法が定める人権に反する行為」と理解すれば、問題の大きさが以前より少しは重く感じられるのではないでしょうか。

私は2年間、電話相談でお話を聞く機会があったので、少しだけわかりますが、この問題でとても苦しんでいる人が居ると理解しておいた方がいいでしょう。

実際に、相談として「声」になっている件数であり、誰にも言わない、言えない件数を上げれば、かなり人数の労働者が悩んていると思います。

誰もが「やってはいけない」と知りつつ、これだけの件数が表れているのであれば、問題の解決策として従業員のモラルに期待するだけでは合理的な経営判断とは言えません。

教育する場も必要ですし、会社が禁じている行為として就業規則に
・懲戒事由に該当する。
・調査委員会を設置する。
と明記し、絶対に許さない姿勢を打ち出し、問題に対して徹底する姿勢を明確にして、実際に運用すべきでしょう。

会社が自分を守ってくれるかどうか、その安心感は仕事の成果・効率化や帰属意識に大きく影響します。

そして、利益だけで考えることなく「自社の従業員が幸せに働ける環境」を目指すのは、当然のことではないでしょうか。よくよく考えてほしいと願います。

今回はここまでです。


参照
厚生労働省 「平成27年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表します
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000126365.html

事務所:岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村