2016年06月23日

第6回『「いい会社」の法則ふりかえり会』 開催

「働く喜びに満ちた会社」に育てる!の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎第6回『「いい会社」の法則ふりかえり会』 開催

8日に名古屋で『「いい会社」の法則ふりかえり会』を開催しました。

「ふりかえり」と名が付いているように、本会である「いい会社」の法則実行委員会中日本勉強会で牧野氏が説明されたお話を、ふりかえりの担当をした講師の解釈を加えながら振り返る試みです。

今回の講師は社会保険労務士の望月泰徳氏が担当しました。

第6回ふりかえり会20160619.PNG

今回の法則は第6『「良い商品」ばかりではない』です。

望月先生は社会保険労務士になる前に介護用品の営業をされていた経験があり、その社員時代に培った営業についての考え方や、「良い商品」に頼らない「いい会社」ならではの形によって顧客が会社を選び、その会社の製品を選ぶ、そんなお話をされました。

やはり、講師のこれまでの経験によって話の内容が特徴的になり、自分の視野では見れない世界を法則に照らして見せてくれるように感じます。

昭和のものづくりは「良いものを作れば売れる」でしたが、これからのものつくりは、良いものであるのは普通であり、それにプラスした何らかの良い点をつけないと、普通以下になってしまいます。

「付加価値ね。」と言ってしまえば簡単ですが、その付加価値の付け方が「いい会社」ではオリジナリティやその製品・サービスに触れると顧客の心に響く、そんな努力がされています。

参加者の皆さん全員で話し合う時間には、今回は参考にした企業が株式会社柳月というお菓子製造業の会社だったため、様々な会社のお菓子の話で盛り上がり、全く売れなくて大失敗したお菓子、好きな製造会社について楽しく話し合いました。

そして「いい商品には顧客と会社の双方の理解があり、どこまで双方にとって許容されるかの線引きの理解がされている。その理解のために会社と顧客が密接にかかわりあい、更には会社の若者がチャレンジして大失敗しても、その失敗が線引きとして利用されている」といった非常に面白いお話に発展しました。

今回も、初参加者が1名増えました。主催する側として嬉しいです。

来月も「ふりかえり会」を開催します。気になった方はお気軽に参加ください。

開催予定 第7回「いい会社」ふりかえり会
7月23日㈯ 13:00〜15:30
場所:熱田生涯学習センター  愛知県名古屋市熱田区熱田西町2−13
参加費用 300円(施設利用費用÷参加人数)

お待ちしています。


事務所:岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村