2016年10月31日

厚生省 労使間の交渉実態について公表


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎厚生省 労使間の交渉実態について公表

厚生労働省は「平成27年 労使間の交渉等に関する実態調査」を公表しています。

この場合の労使間交渉は労働組合と使用者(会社)を指しており、労働者個人と会社の交渉については該当していません。

目を通しますと、労使間の関係についての認識で「やや不安定」「不安定」としている比率が最も高いのは300〜499人の企業規模の会社です。

会社の成長と合わせ、労働組合が結成・成長して組合の要望が大きくなる時期なのでしょうか。

会社の未成熟な労務管理か、はたまた不勉強な労働組合なのかは現場一つ一つ異なるのでしょう。

「労使間の交渉状況」項目で、何について話し合っている(団体交渉)のか見てみると

賃金額・退職金に関する事項 83.5%(賃金額のみで70.1%)
労働時間・休日・休暇について 70.9%
と高くなっています。

心情的にも合理的にも非常に分かりやすい問題で話し合っている様子がうかがえます。

さて、私は現在、労働組合との関わりが間接的にあります。

そこは、態度を軟化させて来ており、非常に良い傾向で、安心しています。

その理由は単純で、今までの、従業員への会社の待遇が優しいを通り過ぎて優遇し過ぎていた為に、会社の経営を危ういものにしている現実を理解されているからです。

理想と現実の間で、どこまでを良しとするのかの線引きの位置が、労使双方で合っていれば争いにはなりません。

つまり、経営についての十分な理解を持ちつつ労使双方が話し合う必要があるのです。

そんな当たり前の提言をして今回の日記はここまでとします。

参照
厚生労働省
平成27年 労使間の交渉等に関する実態調査(10月26日)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/18-27.html
調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/18-27gaiyou.html


事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村