2016年11月07日

65歳以上も雇用保険の適用になります。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎65歳以上も雇用保険の適用になります。

現在、65歳以上の新たな雇用については雇用保険には加入する必要がありませんでしたが、平成29年1月1日より65歳以上の労働者も「高年齢被保険者」として適用の対象となります。

日本全体の労働力人口の維持や社会保険の老齢年金減額やらの理由はあるでしょうが、とにかく高齢者になっても働き続けられるような社会作りが進んでいます。

適用条件は、一般の加入条件と同じ「1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込みがある事。」です。

やはり、真っ先に考えるのは保険料が増えるのではないか?ですが、保険料は平成31年度までは免除されます。とはいえ、後3年後には支払う必要が出てきます。

来年1月1日以降に65歳以上の労働者を雇用した場合は、そのまま条件と照らし合わせて雇用するのは分かりますが、現在雇用している労働者は、平成29年1月1日より適用対象となります。所管のハローワークに「資格取得届」を提出しましょう。

つまり、来年の初めごろのハローワークは混んだり忙しくなる、ということですね。

※提出期限の特例があり、平成29年3月31日までに提出すればよいことになっています。(それ以降に提出する場合は、遅延理由書や賃金台帳等を持ってハローワークに行かなければなりません。)

平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者についても「高年齢被保険者」として雇用保険の「高年齢求職者給付金」が受給できます。 ※失業した場合、一般の被保険者の場合と異なり、被保険者であった期間に応じ基本手当日額の30日分又は50日分に相当する額が支給されます。

現在のところ、保険料は免除で、退職した際には給付金を受給できる可能性がある、非常に大盤振る舞いな制度になっています。私個人的にはハローワークも無理には加入させようとはしないのではないか、と考えています。


最後に:「働かせる」の考えでいえば労働は苦役である前提ですが、働いているほうが健康寿命は長いでしょうし、何をもって幸せとするのかの個人的な選択になるのでしょう。

年を取って働きたくないのであれば、きちんとお金を貯める。それもまた選択ですね。


参照
厚生労働省 【重要】雇用保険の適用拡大等について
〜 平成29年1月1日より65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります 〜
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000136389.html

リーフレットPDF
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000136394.pdf

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村