2016年11月10日

いい仕事には誠実な姿勢が求められます。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎いい仕事には誠実な姿勢が求められます。

この仕事をするようになって、多くの人と会話することが増えました。

会社員時代は、朝に会社に出勤して同僚と仕事をして、終われば家に直行して寝るだけの生活でしたから、社労士としてスタートした時は、会話が今より下手で、どうしようもない状態でした。ちょっとした対人恐怖もあったと思います。

そんな私も、多少は話ができるようになり、自分の言葉を紡ぐのに必死な状態から、最近は、相手の言葉と様子を見ながら理解する姿勢がとれるようになりました。

すると、会社訪問し相手の悩みを聞くときなどは、そこで色々と見えてくるわけです。

最近は特に辻褄の合わない言動を繰り返しているのにもかかわらず気付かない人が、かなり多くいることに気づきました。

簡単な例をあげるとすると、「約束を守れない」。

約束をしたこと自体を忘れている場合もあります。

約束は、相手があってできるもの。

つまり、相手は守る期待をして約束をしているわけですが、それを軽々と裏切る行為をしていれば、仕事が上手くいくわけがありません。人生全般に言えることです。

何でこんな当たり前のことを書いているの?とお思いになる方もいらっしゃるでしょうが、問題の多くで当たり前が出来ないために、苦しんでいる人がいるのです。

苦しむのが本人であるか、関係者であるかは別になります。


これは経営者だけではなく、社労士といった士業、または経営コンサルタントといった仕事でも問題になります。

特に「いい仕事」をしようとすれば、高い能力と、それを向上させようとする努力が求められるのですが、その前提となる取り組む姿勢、例えば合理的に判断し、行動しようとする努力を放棄しては高い能力は望めません。

自分が常に出来ているなんて胸を張って言えるものではないですが、ただ、あまりにも辻褄の合わない内容をを堂々と語る人物を見るたびに、その関係者への影響を考えて心配になるのです。

「考える」ことは、時として悩んだり苦しんだり大変苦痛である場合もあります。ただ、気付かずに楽な方向へ流れるのであれば、人の人生を大きく左右するような仕事に就いてはいけないのではないだろうか。そんなことを考える時があるのです。

今日はこの辺で。


事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村