2016年12月29日

年末のご挨拶(人生の先輩からのメッセージを共有します。)


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎年末のご挨拶(人生の先輩からのメッセージを共有します。)

今週、友人が経営する喫茶店で、隣の席に座ったおじいさんと話をしました。

以前から度々お会いするタイミングがあり、この場所で色々な話を聞きました。

年の瀬、今年も終わりに、この話を聞けて良かったな、と思ったので、今年最後の日記として共有します。

〜〜〜〜〜〜

80年生きてきて、ちょっとだけ分かったこと。
80年はあっという間だった。
だけど、一日一日を一生懸命に生きることを自分で知ることが大切。
その方が得だと思う。
人はいつまでも生きられるわけじゃない。すべてを置いていく。

親や今までであった人に、生きて、よかったな、と思えるように生きることを教えてもらったように感じる。

お世話になっている、そんな感覚を持つこと。
最近は、世間をみると何かが足りなくなっているように感じる。

ピアノ演奏者にしても、プロ野球選手にしても、その人生をかけた一瞬を我々に見せてくれる。それに対する尊敬や敬意を持つべき。お金を払ったからそれで良い、というわけではない。

隣の人も知らないような無関心では新しい世界は見えない。視野が広くないと目の前のことしか分からないし、目の前のことしか出来なくなる。それでは…ね。

我々はもっと先を見据えるべき。目先のことばかりに囚われ過ぎている人ばかり。

私のような年寄りでも、この先を無視することはできない。

個人にしても、組織の責任者でも、現場を見て実体を掴んで判断して、ことを進めてほしい。

〜〜〜〜〜〜
以上です。

とても心に響きます。かなり要約してしまっているので、私の意図が入り込んでしまっているかもしれません。

今年も様々な人物と出会い、また今まで知っていた人の新しい面を知り、人の外面、内面の幅広さから私の内面の認識できる範囲も少しだけ広くなったように思います。

今回のように市井でひっそりと暮らす方の中に素晴らしい人物がいらっしゃる反面、強い権限を有する者で有名でありながら残念な人物もおりました。

そう判断できるのは、私の中にもそれなりの判断基準と判断能力があるからだと気付きました。

自分は、その基準を大切に、間違わないように自問自答し続けているように思います。

〜〜〜〜〜〜

今年最後のご挨拶です。
今年もご愛読いただき、ありがとうございました。
何かのお役に立てたならば幸いです。
来年もコツコツと書き続けますので、この日記を読みに来てください。
来年も宜しくお願い致します。


事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村