2017年01月30日

社会福祉法人制度改革について。厚生労働省掲載。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎社会福祉法人制度改革について。厚生労働省掲載。

私は現在、介護事業者支援コンサルタントの仕事を請け負っているため、関連する資料について目に入ったので、ここで上げておきます。

厚生労働省ホームページに「社会福祉法人制度改革について」が1月25日にでています。

0000144171.pdf[1].jpg
詳細は参照からどうぞ。

今後の介護が必要な人口の増加に向け、国の方針として社会福祉サービスの「供給」と「充実」のために今まで以上に社会福祉法人への監視・指導を強めるようです。

上記コンサルタントの仕事で、いくつかの事業所に訪問しました。社会福祉法人の規模によっては小規模で本当に必要人数ギリギリで運営しているところもあり、更に行政官庁への報告書や申請書の多さと煩雑さに疲弊しきっています。

それに負担を増やして「無料又は低額の料金で福祉サービスを提供することを責務として規定」は厳しいですね。

しかし、その反面、会社の仕組みとして改善できるであろう部分に手が加えられなくて悩んでいる現場と中間管理職を見ているため、その意味で制度改革の内容を見ると、気持ちの良い部分があります。

ということは、日本の多くの社会福祉法人が似た問題で悩んでいるのでしょう。

今後はこれらの変更が、どれほどの効果があるのか気になりますね。


参照
厚生労働省ホームページ
社会福祉法人制度改革について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000142657.html

1.社会福祉法人制度改革の概要
PDF 社会福祉法人制度改革について [715KB]
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000144171.pdf


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月26日

専門性とは目の前の問題を解決すること。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎専門性とは目の前の問題を解決すること。

最近、様々な会議に出席する機会が多くなっています。

会議の種類も様々ありますが、議論と目的について方向性の共有があり、建設的な意見が提案され、参加者の合意がなされ・・・となります。

良い会議であれば気持ちよく追われて、その夜に気持ちよく眠られるのですが、なかなか理解できないものもあります。

特に悩ましいのは士業(社労士とか税理士とか、弁護士などの士がつく仕事)や○○コンサルタントと名乗る「専門家」の方々の意見の硬さ。

自己の培ってきた経験や知識に合わないと反対されたり、時には激昂されます。

ただね、現実の問題に対応するのであれば、柔軟に、様々な意見の折衷案や、時には自分の意見が通じない場合もあることについて、おおらかに話し合ってほしいと思います。

私は、なるべく異なる意見を聞いて、合理的に判断するようにしています。

仮に、再現性がなくても、その場が解決できるのであればいいと考えています。

そんな意味で、正直なところ、別分野の専門家であっても私がその専門分野を依頼できる方は限られます。

今回はここまでです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月23日

住みごこち一番・可児に向けた企業との連携協定 締結式に参加


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎住みごこち一番・可児に向けた企業との連携協定 締結式に参加

20日に可児市市役所で仕事と家庭の両立について積極的に取り組んでいる企業と市が協定を結び、協力しながら、働きやすい会社を増やし、街づくりを進める、協定式に参加しました。

平成28年度から始まった取り組みで、今回の締結が初めてとなります。

私は、このプロジェクトのスタートから協力アドバイザーとして参加しています。

今回は締結の場を見るだけのつもりで市長室へ行きますと、私の席が市長と対面する形で用意されており、更に予定されていない質問が新聞記者から市長にされ、私へ質問が来たときは変な汗が出ました。

今回締結した企業はOKB大垣共立銀行さんとKYBカヤバ株式会社さんの2社です。

個人的には中小零細企業を推薦したかったのですが、選定要件の難易度を高く上げ過ぎてしまった結果、有名企業、大企業のみ、となりました。

市の方針と私の意見が合えば、次年度は未だ知られていない、しかし素晴らしい取り組みをされている企業を発掘するような形で見つけられたら…と思っています。

IMGP4362.JPG


参照
可児わくわくWorkプロジェクト
http://www.city.kani.lg.jp/11768.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月19日

介護事業所向け講師を務めてきました


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎介護事業所向け講師を務めてきました

18日に岐阜県多治見市にあるバロー文化ホールにて介護事業所向け講師を務めてきました。

岐阜県では労働環境改善を進めている介護事業所向けに認定制度を行っており、これについて岐阜県庁の担当者による説明の後、私が職場環境改善、人材育成についてのお話をしました。

介護事業所向け講師.JPG

介護事業所向け講師2.JPG

認定制度に取り組むべく応募をした時点で、コンサルタントの派遣を要請できるようになる仕組みとなっており、平成28年度は私も事業所に訪問して指導する機会が多々ありました。

その際の論点としては、介護保険から受けられる保険収入の増額として処遇改善加算を受けるために人事評価制度などを作ってはいるが運用・機能できていない会社が多く、評価制度の再設定から機能させるための指導を行った経験を中心に、お話ししました。

講師を行うたびに「自分の声は眠そうな声だな」とマイクで拾った声をスピーカーから聞くたびに思うのですが、今回も参加者の中に寝る人はおらず、しっかりと聞き耳を立ててくださっている様子に安心しました。

平成29年度は、そもそも私が当コンサルタント事業に参加できるかどうか、また、この地域の担当になるかどうかも分からない状況ですが、「私が行った指導」を正直に伝えました。あとは後任にお任せします。

今日はこの辺で。


どうでもいい追記:
説明会の最中にマイクが、持って話している人以外の声をおおきく拾ったり、入り口扉の取っ手がガチャガチャ動いたり、プロジェクターが突然切れて映像が消えたり…と不思議な現象が立て続けに起こり、昼前からワクワクドキドキの体験をしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月16日

エクセレント企業交流会に出席


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎エクセレント企業交流会に出席

11日にエクセレント企業の交流会が行われました。

岐阜県庁で取り組んでいる、仕事と家庭の両立を行う優良企業を「エクセレント企業」と認定する事業で、今回はエクセレント企業同士の交流会です。

良い会社同士が集まり情報交換することで、更に良い会社にしてゆくヒントを得て実行してゆくのが狙いの集まりです。

私は仕事として参加し、円滑に交流が進むようにファシリテーター役(話し合いの進行役)を担いました。

私の意見を必要としない役回りなので、多少歯痒い思いをしながらですが、皆さんが話しやすい場を作る努力のみに力を入れました。

参加者の皆さんは、すでにエクセレント企業として認定されており、経営も順調な会社ばかりなので、皆さんの中に自信、自負があり、堂々とお話しされていました。流石の雰囲気。

参加者の話の中で私が印象に残った一言は「会社が家族に慣れていない」で、従業員同士の人間関係が良好であっても、その家族まで視野に入れて仕事を考えたり感じることが出来ていないため、家庭の事情から労働環境の変化があった時に、他の従業員がなかなか対応できない現状に苦慮されている様子でした。


今回は非常に短い時間での話し合いとなり、内容を深く掘り下げることが出来ませんでした。我々社労士を使うのであれば、もう少し専門的知見を活用し、議論の深堀り出来るようにした方が良いだろう、と運営について思います。

この交流会にはTV取材と新聞社の取材があり、岐阜TVと岐阜新聞で取り上げられていたようです。私も写真に少しだけ乗っています。テーブルの奥あたり。

新聞記事.jpg

今後も、このような交流会で学び、岐阜県に多くの「いい会社」が育つと良いですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月12日

第11回ふりかえり会を開催しました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎第11回ふりかえり会を開催しました。

1月8日に名古屋にて11回目の「『いい会社』の法則ふりかえり会」を開催しました。

「ふりかえり」と名が付いているように、本会である「いい会社」の法則実行委員会中日本勉強会で牧野氏が説明されたお話を、ふりかえりの担当をした講師の解釈を加えながら振り返る試みです。


法則13「経営の正しさは、その『行動』によって証明される。」を纐纈敦氏に担当いただきました。
IMG_20170108_135120.jpg
内容としては、同氏の社会保険労務士として指導している企業で実践されている出来事についてのお話になりました。

企業の「あるべき姿」を丁寧に築き上げることをスタートとして、目標を立ててマネジメントする大切さについて説明されました。


法則14「経営理念の高さ低さではなく、『正しさ』(正当性)であるについて、社会保険労務士である望月泰徳氏から経営理念について説明いただきました。

IMG_20170108_144139.jpg

本人の経験から「社長が望む行動を理解し、共感して行動できた時、とは、社長と話す機会が多かった時だった。」として、内容の正しさを前提として、経営理念に込めた想いを、どのように相手に伝えると効果的であるか、といった部分に触れた内容でした。


ふりかえり会では講師に自由に語っていただきます。
会社経営に完全な正解はありませんし、完全な間違いも、そうそうあるものではないため、「こんな考え方もあるのね」と皆さんの意見はとても参考になります。

誰でも参加できる会なので、次回も皆さんの参加を楽しみにしています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村