2017年02月20日

くるみん認定制度が厳しくなります。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎くるみん認定制度が厳しくなります。

2月13日「厚生労働省は仕事と育児の両立支援に取り組む企業が対象の『くるみん認定制度』に関し、4月から要件を厳格化することを決めた。」とニュース・新聞に出ていました。

具体的に「月平均60時間以上の残業をしている従業員がいないこと」が追加される様子です。

認定制度は次世代育成法に定める一般事業主行動計画を策定しその行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)の認定を受けることができるものです。

それによって認定を受けた事業主は、次世代認定マーク(愛称:くるみん、右図)を、商品、広告、求人広告などにつけ、子育てサポート企業であることをアピールすることができます。

簡単に言えば「いい会社」と判断する一つの参考になるマークなのですね。

くるみんマーク.jpg

年平均にして60時間以上の時間外労働をしている従業員がいないようにするには…とすると、年平均だからある月に関しては60時間以上であっても良いと考えられます。その上限はどれくらいなのでしょうか。

連想すると
毎日3時間弱の残業は多いのか、少ないのか?
1年の平均としているが、人生の中での頑張るべき時期についてはどう考えているのか。
職業人としての能力の向上について、効率的な方法を具体的に示す必要があるのではないか。

などと考えると、くるみん認定を受けながら、従業員の能力を向上させ、仕事の効率化を進め、会社経営を安定させ、もしくは向上、拡大させてゆくとしたら、相当すごい会社だと思います。

働き方改革、という言葉で簡単に済まされないことを重々承知の上で書きますが、新規事業ではなく、継続されてきた会社で、この改革が出来たとすれば、その会社に興味があります。

そんな意味で今後、くるみん認定される会社は少なるなるのかもしれません。厳格化です。だだし、認定された会社の評価価値は上がると思いますし、このような制度の認知度が増して、今まで会社について興味のない人々も一定の視野の広さから会社を見ることができる、きっかけになればよいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

倫理研修を受けました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎倫理研修を受けました。

14日、岐阜県社会保険労務士会の「倫理研修」を受けてきました。

(今回は社会保険労務士について知りたい人にとって少しだけ参考になる話です。)

今回は「倫理」といっても道徳の規範である原理の倫理とは少し異なり、「社会保険労務士としての職業倫理」について学ぶのです。

倫理研修写真.jpg

社会保険労務士とは国家資格であり、社会保険労務士法という法律の枠がある中でプロフェッショナルとしてどのように活動すべきであるのか?の基本的部分について再確認し、何度も繰り返し学ぶことによって頭の深いところに刷り込ませ、道を外させないようにする意味合いがこの研修にあります。

そのため、5年に1回は「義務」として必ず研修を受ける必要があります。これを無視すると処分の対象となります。

研修を受けながら、気になる点についてチェックを入れていたのですが、

社会保険労務士法15条の「不正行為の指示等の禁止」で、もちろん不正行為を支持してはならないのですが、「事実を知りながら黙過(黙ってみすごす)ことは、黙示の指示と同視されるような場合には、同条違反となりえる。」

と解説してあり、非常に厳しいものとなっています。

この意味には「社労士なら知っていて当然」の事柄で法令違反に気づいたら、無視してはならない、と解釈もできると考えると、ハードルが高くなり、勉強不足で仕事をすると危険な目にあいそうです。

15条に違反した者の罰則は「3年以下の懲役又は200万円以下の罰金」とされており、ますます怖くなります。

一般的な社労士ってそんなに利益上げていないのに、他の法律と比べても厳しすぎやしないか…そう感じるとともに、他者に対する影響力の大きさから、それなりの重い責任を負わせていると理解すべきなのでしょう。

「特定」社会保険労務士については、労使トラブルの際に使用者と労働者のどちらかの代理人としての行為が認められているので、利害関係の複雑さから気を付けなければならない部分が多くなります。

代理人を依頼された相手側から、別件で相談を受けたら受任できるだろうか…倫理的にもNGであり、偶然であっても本件の相手側の情報を得てしまう可能性もあり、依頼者と相手側との間で板挟みになり、双方の利益を害してしまう可能性があり、受任してはならない。

そんなことがあります。

こんなことを学び直すたびに、自分は専門家なんだなぁと再認識しました。今までもまじめに仕事をしてきましたが、今後も本筋を外さない仕事をしようと思うきっかけになりました。

今日はこの辺で。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月13日

東京地判立川支部判決で、妊娠を契機とした退職扱いは無効とされました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。
最近、パソコンの文字フォントが勝手に変わってしまい、少し読み辛く、直し方が分からない状態です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎東京地判立川支部判決で、妊娠を契機とした退職扱いは無効とされました。

東京地判立川支部判決で、妊娠を契機とした退職扱いは無効とされました。

建築会社に勤めていた30代の女性が妊娠中に退職扱いとされ、会社に未払い賃金の支払いなどを求めていた訴訟で、東京地裁立川支部は「退職についての合意があったとは認められない」と判断し、未払い賃金および慰謝料(約250万円)の支払いを命じた。2017年1月31日付。原告側弁護士によると、2014年の最高裁判決による基準(妊娠を理由とした降格は原則違法)を初めて適用した判決とのこと。

カッコ内にある「妊娠を理由とした降格は原則違法」と降格について挙げられていますが、今回は解雇の問題であり、その点で、判断は厳しくされたと思われます。

そして、初めて適用とされているため、今後、このような裁判の判断がなされると思われます。

判決文を読もうと思いましたが、ネット上では出てきませんので、今後裁判所が裁判例として出していただけるのを待ちます。参照に裁判所のURLを置いておきます。

他のニュースを読むと今回の解雇された労働者は、自分が解雇されたとは気づかない状態で、会社から派遣会社への転職の提案を受け、手続きをした様子です。

今回の裁判では会社は当労働者が自らの意思で転職をしたかどうかを証明する必要がありますが、どうやら難しいようです。経緯を見るかぎり、そのような手順を踏んでいる様子は見られません。

この例では当該労働者がシングルマザーであり、結婚していなくても妊娠出産の可能性があることについて、会社は今後想定すべきなのでしょう。男女ともに。

未婚であるがために、金銭的な理由で、ゆっくりと育児休業が取れず、だからといって妊娠以前と同じように働けない、という不安定な状態になってしまった点については本人の問題であるとして、目を伏せてはいけないとは思います。

しかし今回は、例えば経営不振によるとか、以前から当労働者の著しい能力不足などといった理由があれば話は別ですが、妊娠出産を契機として解雇した、としか見えてきません。

詳細を知らないため何とも言えませんが、雇用の継続にしても、転職を進めるにしてももう少し、やり方があったように思います。

毎回のように書きますが、会社側が解雇された労働者をもう少し人として思いやれたら対応が違うと思うのです。

さて、会社側は今後、控訴するのでしょうか。

今日はこの辺で。

参照
裁判所のホームページ(http://www.courts.go.jp

Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/osakabesayaka/20170203-00067311/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月09日

中津川にて「企業における仕事と家庭の両立支援セミナー」を行いました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎中津川にてセミナーを行いました。

本日、岐阜県中津川商工会議所主催、中津川市役所共催の「企業における仕事と家庭の両立支援セミナー」で講師としてお話ししました。

IMGP4461.JPG

中津川市としては仕事と家庭の両立について、セミナーなどをされていない様子で、今回が初めてとなったようです。

参加された方々は経営者並びに、部長・課長等 企業の管理職の方々なので、立場に合わせた内容として

「経営者、上司そのものが環境である。従業員にとって働きやすい環境となるには制度などを整えるといった視野を、もっと広げて、『いい会社』になるにはどうしたらよいのか?を考えていただきたい」

といったメッセージを送りました。

IMGP4460.JPG

今回も参加された中で居眠りする人がおらず、1時間30分しっかりと私の話を聞いてくださって、うれしく思いました。

雪の降る中、聞きに来てくださった皆様のお役に立てたと私が分かるとしたら、皆さんが今回の内容の中の一つでも実行された時です。

働きやすい職場環境を整えるには工夫や時間がかかり、時には忍耐も必要となるでしょう。

中津川の中心的な産業である林業や農業のように、従業員や会社が成長する果実を収穫するには長い時間単位で気持ちを大きく持つべきでしょう。

いつか、次回お会いした時に「こんなことがありました」とお話を聞けたら・・・と楽しみにしています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月06日

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン

岐阜県社労士会から周知依頼が来たため、ケガや病気、障害を抱えながら働くための両立支援について調べてみました。

現状として『「治療と職業生活の両立等支援対策事業」(平成25年度厚生労働省委託事業)における企業を対象に実施したアンケート調査によれば、疾病を理由として1か月以上連続して休業している従業員がいる企業の割合は、メンタルヘルスが38%、がんが21%、脳血管疾患が12%である。

また、「平成22年国民生活基礎調査」に基づく推計によれば、仕事を持ちながら、がんで通院している者の数は、32.5万人に上っている。』

とされ、職場での高齢化の進行に伴い、今後、治療と職業生活の両立をする労働者は増えていくであろうことが予想されています。

その対応策として、厚生労働省のガイドラインについて良い資料があったので、参照に載せておきます。

ガイドラインを見ると、事前の準備として以下の項目が示されています。

(1)事業者による基本方針等の表明と労働者への周知
(2)研修等による両立支援に関する意識啓発
(3)相談窓口等の明確化
(4)両立支援に関する制度・体制等の整備
 ・休暇制度、勤務制度の整備
 ・労働者から支援を求める申出があった場合の対応手順、関係者の役割の整理  
 ・関係者間の円滑な情報共有のための仕組みづくり
 ・両立支援に関する制度や体制の実効性の確保
 ・労使等の協力

会社側が出来ることが多くあり、ある程度の仕組み化が出来つつある中堅企業であれば、今回の内容に該当する従業員が現れる前に用意しておく内容です。

何より経営者がどのような基本方針をもっているのか示すことは、従業員をどう扱うのか、会社は何のために存在しているのかを示す機会となり、強いメッセージとして従業員に良い影響を与えるきっかけになると思います。

制度構築が大好きな社労士としては

・時間単位の年次有給休暇制度
・傷病休暇、休業制度の構築、
・短時間勤務制度
・休業からの復帰、試し出勤制度

など、多くの制度の構築が出来、また必要になることでしょう。

これらも「働きやすい職場環境づくり」の一環です。

様々な事情を抱えた人々が働きやすい職場を用意し、皆で支えあって働き、生活できるように考え、実行していきましょう。


参照
厚生労働省
事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインPDF
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000116659.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月02日

セミナーの紹介&2月の労務と税務の手続カレンダー


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

◎セミナーの紹介&2月の労務と税務の手続カレンダー

先にセミナーの紹介です。

2月9日に中津川商工会議所主催、岐阜県中津川市役所共催でのセミナーの講師をします。

kyodo-h29.2.9-semina.pdf[1].jpg


中津川講師20170209.pdf

■日 時  平成29年2月9日(木) 14:00〜15:30
■場 所   中津川商工会議所 2階会議室
■対 象  経営者並びに、部長・課長等 企業の管理職の方
■講 師   なると社会保険労務士事務所  成戸 克圭(なるとかつよし)氏        
■受講料  無料 
■募集人数 40名 (先着順にて定員になり次第締め切り)
■申込み  下記チラシ(申込書)に必要事項をご記入の上、中津川商工会議所へお申込みください。
■主 催  中津川商工会議所 環境医療部会
■共 催  中津川市 市民協働課

少々近々のイベントで申し訳ありませんが、お時間ありましたら、ご参加ください。お待ちしております。

参照
中津川市ホームページ
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/046492.php


次はカレンダーです。

1日
○贈与税の申告受付開始<3月15日まで>[税務署]

10日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]
○労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]

16日
○所得税の確定申告受付開始<3月15日まで>[税務署]
※なお、還付申告については2月15日以前でも受付可能。

28日
○じん肺健康管理実施状況報告の提出[労働基準監督署]
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況報告(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村