2017年07月31日

8月の労務と税務の手続カレンダー


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

明日から8月になります。
今年も残すところ5か月。
暑い夏を楽しみながら先へ進みたいと思います。

恒例のカレンダーをどうぞ。

◎8月の労務と税務の手続カレンダー

10日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]
○労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]

31日
○個人事業税の納付<第1期分>[郵便局または銀行]
○個人の道府県民税・市町村民税の納付<第2期分>[郵便局または銀行]
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]

思い出し一口メモ:
行政官庁で対応していただいた窓口職員の名前を確認し、記録しておいた方がいいですね。

今日はこの辺で。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

2会場でワーク・ライフ・バランス成功事例の紹介をしました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎2会場でワーク・ライフ・バランス成功事例の紹介をしました。

以前から関わっている岐阜県の事業「ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業」の取り組みが今年も具体的に動き始めました。

これは、仕事と家庭の両立を推進している優良企業に対して認定を行う事業です。

今回は、説明会として7月14.18日に岐阜県の事業「ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業」に関心のある企業・団体に対して制度の説明および、申請手続きの説明を行いました。

私も飛騨会場と美濃加茂会場に駆り出されました。
エクセレント説明会(飛騨会場2).JPG

エクセレント説明会(美濃加茂会場2).JPG

私の今回の役目は過去のエクセレント企業の成功事例を挙げつつ、その具体的な要因について説明を行うことです。

しかし、どうしても私自身の考えがあるため、県庁職員さんの思惑通りにはお話は出来ず、

「エクセレント企業になるために会社の調子を狂わせては本末転倒であり、出来ることからコツコツと進めること」

「今年の認定が難しいのであれば、来年、再来年と無理せず挑戦した方が良い」

と前置きして、効率的に働き、時間外労働を減らし、成果を上げるには、従業員の仕事への習熟が必須である点と、これについて従業員が理解し、合意し、積極的に学び、成長する必要について事例を挙げつつ説明しました。

実際に、昨年度私が指導を担当した企業は時間外労働が減り、年次有給休暇取得率は倍以上になり、従業員への給与内の手当は増え、なおかつ人件費を差し引いた後の会社の利益率は増加しました。

そんなお話をしました。

不思議ですね。やり方次第ですね。

今日はこの辺で失礼します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月24日

ふりかえり会 開催


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎ふりかえり会 開催

7月22日土曜に名古屋にて「いい会社」の法則ふりかえり会を開催しました。

自分たちで「いい会社」の法則を振り返り、「実行」するところまで至るために、自分に合った活用の仕方を考えるとともに、仲間の多種多様な視点からも学ぶ会です。

今回は法則25と26を社会保険労務士の纐纈敦氏が担当し講師を務めました。

IMG_20170722_140916.jpg

法則を解説するために職務満足と動機付けに関する理論であるフレデリック・ハーズバーグの「動機づけ衛生理論」を交えてお話になりました。

その後、読書会と続き、今回の課題本 坂本光司著「経営者の手帳」を読んだ感想などを話し合いました。

書籍は項目が一つ一つの格言となっており、それに対して我々は「尤もだ(もっともだ)」との賛同ばかりが出てしまい、議論とならなかったのは今回の失敗かと思います。反面、素直に学ぶ必要がある書籍とも評価できます。

今回で、本会である法則の紹介に追いつてしまったので、次回からはどう進めるかは検討中です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月20日

会社の内と外の世界


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎会社の内と外の世界

会社は一つの組織であり、組織の内と外を隔てている壁は薄いようで厚い部分もあるようです。

特にその会社内での独特の考え方、文化は一般社会である外とは全く異なる場合も多く、感動的な人間愛にあふれたものから、戦争でもしているようなものまで様々あるようです。


「経営者が従業員を殴るなんて、この時代にあるはずがない」と思っていましたが、ありました。

その経営者は「お互いの信頼関係があれば、教育の一環として手を上げても受け入れられる」と考えていました。

熱い思いでぶつかり合えば、心が通じ、従業員が目を覚まし・・・と昭和のドラマ、それも間違ったドラマをそのまま持ってきたような考え方は、どこで学んできたのか・・・

教えている奴がいるならば見つけて止めなければ。と思う。

言うまでもありませんが、従業員が思ったように働いてくれなかったり、生活態度が悪かったりする場合に、経営者として少しでも改善するために拳ではなく頭を使うべきです。

そして、労働者と経営者は対等な立場である、として法の上では考えますが、実態として上下関係があり、強者が弱者に負担させる強度を、もう少し一般的な感覚で感じられるようになるべきです。

この行為、判断は、経営者として、社会人として、人として正しいのだろうか、と。

それには自社内の世界に引きこもらないで、外を、世の中を、社会を、他社を見て感じて感度を高めるべきでしょう。

そして、自社の問題解決のカギは内側にあると気づいて欲しいものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月17日

固定給=残業代の先払い?


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎固定給=残業代の先払い?

ある会社でお話を聞いていた時「あの従業員は固定給だから」と気になるキーワードを発せられたので、確認したところ、

時間外労働分の賃金もあらかじめ給与の中に入れているから、それ以上の賃金は支払っていない様子がうかがえたので、確認し、指摘しておきました。

時間外労働分を給与の中に先に入れておいても、その「部分」で賄える割増賃金額を超えた分は支払わなければならなりません。

例えば時間外労働1.25%割増し額が1時間1000円として、事前に30時間分=3万円分は給与の中に入れているとして、時間外労働が30時間を超え、50時間となった場合には20時間分=2万円の割増賃金は支払う必要があります。

もちろん割増賃金の計算方法から、
時間外労働+深夜労働の場合の割増賃金率は1.50%
休日労働の場合は1.35%
などの計算の違いから、事前に決定した30時間分きっちりを、前払い分でまかなえるとは限りません。

また、これらの内容を給与規定などで明らかにしておく必要もあります。

そうでないと先付けの割増賃金分が、ただの昇給と判断されてしまいます。


賃金に関する労働条件について、特に変更する場合は「法的に大丈夫だろうか?」と心配するくらいの感性は経営者に必要だと思います。

今回は経営者仲間からの誤った情報を基に処理してしまっていた様子です。

でも、この会社、顧問社労士がいるのになぁ…。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月13日

移動中の出来事


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎移動中の出来事

車で移動中、普段あまり使わない道を走っていたところ、違和感に気づいて道の横を見たら、以前あった建物が跡形もなく更地になっていました。

思わず驚きの声が出ました。

そこは、私が数年前に労働基準監督署の仕事で会社へ訪問して労働保険の手続きをするようにお話をしに行った会社でした。

その時、経営者は「労働保険料を払うくらいなら、今いる従業員を辞めさせる」と私に言い放ったことを思い出しました。

「(従業員を)雇ってやっている。」「ここで働けなくなったら困るだろう。」とも。

私には労働保険加入を強制する力はありませんし、「お勧めする」形で話をしていたのであるし、立場上どうすることもできず、「そうでしたか」と、内心、落胆と怒りを抱えたまま帰った記憶があります。


そのあと何があったかは、わかりません。

ただ、更地になっており、調べても移転したわけではないようです。それだけです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村