2017年10月09日

労働時間の適正な把握ガイドライン


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎労働時間の適正な把握ガイドライン

11月は厚生労働省が定めた「過重労働解消キャンペーン」期間なのだそうで、労働局から岐阜県の社会保険労務士会にも労働時間の適正な把握を会社へ促すように情報提供が来ています。

岐阜県の労働時間に関するデータは平成26年をピークに月一人当たり100〜80時間となる時間外労働をさせている企業数は減少傾向にありますが、平成26年から平成28年までの減少率は3〜4%と非常に低い状態にとどまっています。

長時間労働の解消には、従業員の労働時間の把握と、その理解が必要になるため、基礎としての良い資料を挙げておきます。

本年1月に策定された「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン)」を見ると、労働時間に関する法的、判例、政府の見解が分かりやすく書かれています。

私としては読めば当たり前のように感じることも、会社を訪問して確認すると実際には出来ていない現実を見る機会があるので、当たり前ではないようです。

そして、法の目をくぐり抜けて何とかしようと考えるのは時代遅れも甚だしい、と先にくぎを刺しておきます。

労働時間把握の第一の必要性は「従業員の命と健康を守る」でしょう。そこは外してはなりません。

嘘偽りなく、正直に「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置が出来ている」と言えるのか、確認していただきたいと思います。


参照
厚生労働省
労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン ページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月05日

第17回「ふりかえり会」を開催しました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎第17回「ふりかえり会」を開催しました。

9月30日に愛知にて「いい会社」の法則実行委員会勉強会の「ふりかえり会」を開催しました。

これは、勉強会で学んだ内容を振り返りつつ、参加者個人の経験や理解を皆で照らし合わせて学びを深めようとする会です。

今回は講師として社会保険労務士の望月泰徳先生に法則を解説していただきました。
ふりかえり会望月先生 とゆかいな仲間たち.jpg
内容の一つを挙げます。

実行の前には何らかの意図があり、会社であれば特に計画がある。その計画はまず、実行しないと新たな現実が生まれない。

実行の結果、望ましい結果にならないこともあるが、それで終わらず、計画を修正して次の実行に繋げる。こうして繰り返すことで望ましい結果を生み出す。

現実には計画は立てたが未実施であったり、スピードが遅く機会を逃してしまうなどの現場を見ることがある。

といった話が有り、参加者皆での話し合いでは、その行動しない原因について話題が出ました。

物理的や知識の問題よりも、働く上での心構えであったり、実行する前段階での躊躇させる心理的な問題が多いように感じました。

後半は読書会として
『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』 単行本 – 2017/7/15 新井和宏 (著) を読んだ感想を話し合いました。

著者の新井氏は鎌倉投信という投資会社を設立し、社会的に必要な会社、いい会社へ投資されています。

内容はお金と労働が、どのように幸せと繋がるのかを若者向けに説明しています。

若者向けですが、社会人でも知らないこと、忘れてしまった大事なことを伝えようとされていると感じました。

このような学びと体感的な部分は、幸せになるために労働者にも経営者にも必要ですね。


そんな普段考えない大事な内容を、今回も、お菓子を食べながら話し合いました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月02日

10月の労務と税務の手続カレンダー


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。
本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

10月に入りました。日中はまだまだ暑い日が続いていますが、朝夕は寒くなってきましたね。体調管理が大切な時期です、と書きつつ私自身は現在、鼻水が出ている状態です。

それでは恒例のカレンダーをどうぞ。

◎10月の労務と税務の手続カレンダー

10日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]
○労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]

31日
○個人の道府県民税・市町村民税の納付<第3期分>[郵便局または銀行]
○労働者死傷病報告の提出<休業4日未満、7月〜9月分>[労働基準監督署]
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険料の納付<延納第2期分>[郵便局または銀行]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村