2017年11月30日

効果的なアドバイス・コンサルティング


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎効果的なアドバイス・コンサルティング

県庁などの地方自治体の依頼を受けて仕事をすることがあります。

このようなものを行政協力と呼ばれています。

岐阜県社会保険労務士会など、様々なルートで様々な仕事があるため、自分の好きな仕事を選ぶ場合もあります。

開業したころは、積極的に参加してきましたが、近年は自分の望む仕事の方向性に合わせて経験を積めるなどのプラスになる仕事を選ばせてもらい、また直接名指しでご指名いただいた仕事は断れないため、引き受けています。

そのような仕事で主なものは「会社へ訪問し、アドバイス・コンサルティングする。」ものが多くあり、そこで一定の効果を与えるべく努力していますが、そんな仕事を繰り返して痛感している事実があります。

それは「相手が聴く耳を持たない限り、何の効果も意味もない」との当たり前ながら重要な事実です。

基本的にアドバイス・コンサルティングは相手が分からない部分に対しての、その部分においては相手より知識や能力がある前提で対面します。

つまり立場に上下があるわけです。

そして教えを受ける側が積極的に下になるか、教える側が積極的に上に立たない限り、助言した内容を素直に受け止めてくれる可能性は低くなります。

パートナー的な同等の立場で行う形もあるでしょうが、行政協力の場合、パートナーとしてゆっくりと話し合う時間はありません。

私としては、お互いの考え方を分かり合えるように、分かり易い言葉で、ゆっくりと話し合う形が効果の意味でやり易いとは思っていますが、実際、1回訪問最大2時間くらいで、月1回訪問できれば御の字で、しかも年度の半ばくらいからしかスタートできない行政協力では難しすぎるわけです。

そして「聴く耳持たない + 行政協力」問題で最大の課題は、「行政の都合で会社へ訪問する形」です。

つまり「会社側が依頼もしていないのに、アドバイザー・コンサルタントがやってきて、上から目線で何か言ってくる」なんて、よほど懐の深い人でないと、聞いて実行などしないでしょう。

基本「相手から乞われて行う」形でないと効果が薄いわけです。

同じ意味合いで「無料相談」も効果が薄い。

もう、「相手のためを思って」私の報酬料金設定を高めに変更してしまおうか、と考えてしまいます。

反対の事例として、時々お会いする、同業者やコンサルタントの中には、相手を思いやる気持ちの欠片もない人物がいますが、そのような人物の指導で一定の効果(ほんの少し)があり、会社が感謝するのは、相手を無視して無理矢理に実行させる方法に「実行」という中に宝くじのような当たりを引き当てる場合があるからなのでしょう。

無理矢理実行させて当たりが出ると、その先生に依存してしまう経営者も出てくると思います。なぜなら経営者が苦しい「思考」を手放せるからです。

でも、経営者が思考をやめたとき、それは経営を手放したと同じ意味であり、その凄い先生に運命を委ねる無責任につながります。


話を戻して「聞く耳の無い人へ指導する機会に出くわしたら、どうやって相手の耳をこちらに向かせるのか?」を自分の課題として、ちょっとした試行錯誤をしている最中でもあります。

ということで、表題と反対方向から書いてみました。

今日の日記はこのへんで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月27日

「いい会社」勉強会に参加


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎「いい会社」勉強会に参加

先週の木曜日に名古屋にて開催された「いい会社」の法則実行委員会・勉強会に参加してきました。

ここ中日本勉強会の参加者は、私と同じ社会保険労務士が多く、それに合わせて講師の牧野先生は今回、会社を支援する側の立ち位置に合わせたお話をしてくださいました。

支援する側が支援される側にどのように寄り添うのか。

「寄り添う」の発想自体が我々専門家にはとても大切であるように思います。

そしてお話を聞きながら「専門家の知識技能は関わる人を幸せにするためにある」と頭に浮かびました。


そしてもう一つ、リーダーシップとマネジメントの違いと理解について、

リーダーシップというものは生まれや育ちではなく、何時からでも育むことができるものである前提で、

企業におけるマネージャーとリーダーのあり方や、整え方について学びました。

まずはリーダーシップとマネジメントが異なることについて理解する必要がありますね。


さて、今回が今年最後の勉強会ということで、勉強会の後には毎回飲食店で打ち上げをしていますが、今回は忘年会も含んでいますね。

毎回参加者一人一人が最近あった良い出来事を話します。

どんなところに興味を持っているか、そしてどんなことをすると、どんな人に良いことが起こるのか、聞ける機会としてとても楽しかったです。

来年も楽しく勉強していきたいと思います。

会に興味のある方はご連絡ください。参加自由です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月23日

不調な会社の実態。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎不調な会社の実態。

社会保険労務士の仕事は一般的に給与計算や社会保険の手続き、就業規則の作成や改定、労働基準法を中心とする労働法を守っているかの監査や指導など、とされていますが、

実際のところ様々な相談を受けコンサルティングのような形で仕事をしている面もあります。

会社が不調で相談を受け「私ならこのような形で解決します」という提案を行い、受け入れていただいた会社に指導する形です。

相談を受けた際に当人である経営者の方々は、経営が困難である次々に並べて、八方手がふさがっている状態と困っています。

私は色々インタビューしながら問題を探っていくわけですが、実際に会社に入らせていただいて分かってくるのは、問題は非常に単純であることと、人の問題であることです。

仕事内容の管理による問題点などは、実行すれば解決するものであり、あまり難しいものではありません。

仕事の仕組みなどの大きな変革が必要な状況ではありません。

やるべきことをやっていない、やっていない人の問題です。

そして非常に残念なことに、従業員が能力が足りない実行しないなどと言っている経営者の方に決断と実行力が足りない場合が多いように感じます。

なぜ決断を下せないかといえば、経営者側にご家族がおり、その、例えば役員が人間的に問題がある。なんてこともあります。

息子を娘を親戚を会社から排除する必要がどうしても出てしまう、こんな時に実行はなかなか難しいわけです。

心を入れ替えてくれれば問題ありませんが、いい大人になってすっかり変わることなどは非常に難しい。

経営者は、会社が誰のためにあるのかということをもう一度考え直さなければいけません。

自分が創業した会社であっても会社か継続され、そして大きくなってきたのであれば、そこで働く人すべてがその会社を作り上げてきたのであり、親族のためにこの会社が存続しているというわけではない事実を再確認する必要があります。

日本の大企業の中でも経営者層が親族で固められている会社は多くありますが、継続と繁栄をしている会社は、親族を過剰に優遇するような仕組みをとっているわけではありません。

むりろ従業員を大切にする姿勢が有りますね。それは大企業であるから従業員を大切にするわけではありません。

「いい会社」を見学しているときも、創業者が自分の息子が次期経営者にふさわしくない場合は社外に出してしまった方もいらっしゃいました。(その会社は孫が経営者にふさわしいと判断し、教育している最中です)

経営者は自然と育つのではなく教育によって育つということを理解し実行していないのであれば上記のような結果になる場合があります。

「会社は経営者の器以上にはならない」などと聞きますが本当にそうだと思います。

器は努力次第で大きくなります。

育てるためには獅子が子を千尋の谷に突き落とすような行為も、上に立つ人を育てる以上、必要なのではないでしょうか。

甘やかせ過ぎて子供のまま大人になった時期経営者候補を幾人か見てきてしまいました。本当に罪作りなことだと思います。

例えば会社が100年続くとして、経営者が経営者として手腕を振るうのも、私が関われるのも長くて30年ぐらいでしょう。

長い歴史の中で私たちにできるのは、その時代にあった経営を行い、次世代へ引き継ぐためのバトンタッチをすることです。

そんな大きな視点で考えれば、「あるべき姿」は、おぼろげながらも見えてくるのではないでしょうか。

今日はそんなことを考えました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月20日

労働関係法令学習用スマートフォンアプリ


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎労働関係法令学習用スマートフォンアプリ

厚生労働省が労働条件に関する法律の知識についてスマートフォンで学べるように、アプリを作成・提供されています。(日記末の参照よりどうぞ。)

試しにダウンロードして、さわってみました。

私には簡単でしたが、社会人になりたての人であれば、ちょっと難しいのかな…と感じます。

特に解説の部分。解説なのに難しい単語を使い過ぎているし、法律に記載されている部分と、それを基に解釈している部分が不明確であるために、学んだ人が自分の問題に応用出来ないと感じました。

ただ、アプリの形になったので、時代を感じますし、このような道具で若い労働者が労働法について詳しくなっていくのでしょうね。

そうすると、上司や社長が従業員に「法律ではこうなっていますが、どうしてウチでは違うんですか?」と、迫られたとき、答えられるようになっておく必要もありますね。

「・・・分からない」と上司が言ってしまった時点で、ちょっと会社への信頼を失いそうです。

そして、法律知識を振り回して法律とは関係ないワガママを言い出す人も現れるかもしれません。

そんな時に対処できるようになれると良いですね。

会社は労働法を守り、従業員も方を守る。その基本をもって経営し、更に職業人として、社会人としての「あるべき姿」となってもらえるように育てていく。

大事なことですね。


参照
厚生労働省 「労働条件(RJ)パトロール!」が提供開始されます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000183889.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月16日

理解と腹落ちと自主性。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎理解と腹落ちと自主性。

朝、目覚ましが鳴らず、ハッと気づいたら出発の時刻。

いつもより25分遅れで車に乗り込み、いつもの道に出ると、どこまでも続く大渋滞が発生している。

たぶん、この時間は、この渋滞なのだろう。

スマートフォンの目覚ましが鳴らなかった理由はすぐに分かった。昨日、スマートフォンに新たにインストールしたアプリケーションが悪さをしていたのだ。

「遅れるかもしれない」

予測が出来たため、普段使わない高速道路に入ることにした。

無駄な490円の出費。早起きは三文の得と言いますが、遅起きは490円の損。

遅れて、待っている相手から私への信頼が失われるよりは良い判断ともいえる。お金では得られないもので、非常に大切であることを、この歳になるとよく分かっている。

そして、やはり「なぜもっと早く起きる習慣を付けておかなかったのだろう」の反省が出る。

普段より早く出発すれば、移動時間も少なくなり、ひょっとすると遭遇する確率も低くなるのではないだろうか。

突発的な出来事にも対処しやすくなる。

そこで、ふと、「目の前に広がるでも続くこの大渋滞は、自分が現実にしてしまっている。」とひらめく。

どこまでの範囲を責任とすべきかどうかは個人の裁量に任せるところであり、自分が対象に影響をどこまでを与えられるかどうかにかかっているのではあるが、

今、私は実感として、自分の目の前に現れる現実(渋滞)を引き起こしている感覚を得たのだ。

〜〜〜〜〜〜

このような感覚を「腹に落ちる」「すんなり入る」と言うのでしょう。

このような感覚を経て、また、自分を主体として考えられないと人は現実の行動を変えようと動かないのかもしれません。

「教育」として、様々な方法や研修があるわけですが、教育する側はこの点をどのようにクリアすべきか考えるべきなのでしょう。

追記:きちんと時間前に到着しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月13日

祝!日記投稿1500回!


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎祝!日記投稿1500回!

今回の日記で投稿回数が1500回となりました。

第1回目が2010年11月19日とあり、ちょうど7年目での達成です。
毎週ご覧になっている方、たまに覗きに来てくださっている方、いつも、ありがとうございます。

思い出せば、毎日書いていた時期がありました。外部へ向かってのブログでありながら、自分の振り返りの意味合いが強く、この継続によって、多少なりとも自分の能力強化に繋っていたら良いな・・・と思います。

年を重ねる度に周りからは「変わった」と言われることもありますが、自分では365日の1日の積み重ねであり、1日を見ているために成長を感じられないままでいます。

どうにも自信が生まれないまま今日まで来ていますが、その不安が日記を継続させているのかもしれませんし、今後は逆に、今まで以上に積み重ねた上で、自惚れてみるのも良いのかもしれません。

自分にとって、頭にある事柄を文字を書くことは良いことです。

毎週書いていると、同じ意味合いの文章を書いている気になるときがあります。それは自分の成長が止まっている可能性と、大事なことは変わらない意味合いの可能性、仕事のルーティーン化などが考えられます。

まさに振り返り、見つめ直せる重要さは自分の成長によってのみ証明できるのでしょう。厳しいですね。

たまに「まだブログを書いているの?」と言われたりします。当人にとっては終わらせる理由や期限があるのでしょう。私には終わらせる理由が見つかりません。忙しくなったら?忙しくなったら書かないのであれば、本を読まなくなった人と同じになってしまいそうです。

上記のように、ほどんとマーケティングの意味では書いていませんし、初めは期待しましたが、効果はほとんどありません。

ただ、読まれた方が、何か良い行動を起こされたら、とてもうれしく思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

成戸克圭

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村