2017年12月11日

女性活躍推進法・一般事業主行動計画の策定


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎女性活躍推進法・一般事業主行動計画の策定

女性活躍推進法に基づき、国・地方公共団体、301人以上の大企業は、
(1)自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析
(2)その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表
(3)自社の女性の活躍に関する情報の公表
を行わなければなりません。

ただし、300人以下の中小企業は努力義務であり、取り組む企業は増えていないのが現状のようです。

厚生労働省から「社会保険労務士はこの件について周知してください」との要請が来ている事情もありまして、こうして日記に書いています。

もちろん、私も必要と感じているので書いています。

能力のある一個人の女性が、女性であることを理由として、その人にふさわしい地位や仕事を与えられない状況は、出世競争のライバルである一定の男性個人以外には、損失であり非常にもったいない状態です。

もう一つ、女性であることを理由として職業人としての成長する機会を与えない状態も、会社の経営上問題であり、極端な表現では男女雇用機会均等法などの法律違反です。

マイナス方面から挙げてしまいましたが、男女の別なく、LGBTの偏見もなく、「その仕事を最も得意な人が担当する」ことは、とても合理的であり、誰にとっても幸せにつながると思いますが、いかがでしょうか。

厚生労働省では、女性の活躍推進に取り組む企業が様々にメリットとなるように事業を展開しています。

・女性の活躍推進企業データベース(インターネット)

・全国の女性活躍推進アドバイザーが行動計画の策定などに全面的にサポート。無料。

・両立支援等助成金
 
・日本政策金融公庫の低金利融資

・公共調達における加点評価

利点は多くあります。会社の閉そく感が、女性活躍推進によって打開されるのであると分析されるのであれば、チャレンジする価値はあると思います。

反面、無理やり女性を管理職に上げて「わが社は女性活躍推進している!」とやりかねない企業を見ている自分としては、

「公平・公明・公正に従業員を評価して、評価に基づいた人事を行う」を徹底してほしいと願います。

今日はこの辺で。

〜〜〜〜〜〜
参照
厚生労働省ホームページ
女性活躍推進法特集ページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村