2018年04月09日

労働基準監督署で長時間労働を減らす指導をしてくれます。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

国会で働き方改革の議論がされている中、厚生労働省はすでに労働時間についての監督・調査・指導を強化する方向で動いています。

厚生労働省は、4月1日から全国の労基署に労働条件の確保・改善を目的とした「労働時間改善指導・援助チーム」を編成する。チームは、中小企業に対し法令に関する知識や労務管理体制についての相談への対応や支援を行う「労働時間相談・支援班」と、長時間労働を是正するための事業所への監督指導を行う「調査・指導班」の2つの班で構成する。

関連リンク:
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000199552.pdf


関連リンクにあるpDF 資料を見ると、三六協定や変形労働時間制の指導、助成金の紹介、そして、すごいと思ったのは時間外労働の削減の方法について指導してくれるようです。

法的な指導助言は調べたり、いわゆる型通りに教えることができますが、

時間外労働の削減については細かくすると会社ごとに削減方法は違いますし、抽象的にしすぎるとあまり効果のない「コンサルティング」になってしまいます。

そうです、この部分は経営コンサルティングの領域だと思いますが、どうなんでしょうか。

時間外労働の削減が簡単にできるのであればもう企業はすでに行っているでしょうし、簡単ではないからこそ悩まれており、その方法いかんによっては調子を悪くしてしまう可能性だってないとは言い切れません。

その意味で支援の難易度が高いと思います。難易度の高い支援が出来る支援者がどれだけいるのでしょうか。そして、そうでない場合、そうでない支援者にぶつかってしまった会社はどうなるのでしょうか。

行政の支援として行なったとして、支援に応じて会社側が会社の資源を使って実行した取り組みが効果がなかった場合、もしくは悪化させてしまった場合、責任は誰がとるのでしょうか。

会社が取るのでしょう。

視点を変えれば、しかしながら過去にもこのような取り組みで、こじれさせた事例が少ないのは、支援に対して会社側が真剣に全力で取り組んで来なかったからなのかもしれません。

今回の働き方改革では、法規制を強化し、追い詰められた企業が制限の中で知恵を出して高い付加価値を創造する、そのような想定をしているのでしょう。

今回の改革を計画した人たちはイノベーションが生まれない企業は制限に押し潰れても構わないと考えているのかもしれませんね。

今回は本当に危機感を持たなければいけないように思います。

今日はこの辺で失礼します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

していないことの意味を考えてみる。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!
新年度に替わり、仕事の曜日担当が少し変更になったために私の曜日感覚がズレてしまっていました。
今日は日記を書く日だったんですね。

◎していないことの意味を考えてみる。

我々「いい会社」の法則実行委員会には「いい会社」になるための大原則があります。

それは「しなければならないことを行い、してはならないことをしない。」

逆を言えば『しなくてはならないことを行わず、してはならないことをすれば、「いい会社」にならない』ということになります。

会社見学で訪問した先の社長さんにお話を聞くと、時々「原理原則に従っています。」と表現されることがあります。これも同じ意味でしょう。

会社見学や、相手を知るうえで「しなければならないこと」は分かりやすいと思います。なぜなら実行している様子が分かるためです。

「我々は○○を大切にしています。」とお話を聞けたり、実際の行動にも見て取れる場合もあります。

反面、「してはならないこと」は「いい会社」であればあるほど実行していません。当然ですね。

そのため、『「いい会社」は何をしていないのか』の視点を持って見学すると良いのですが、これが難しいと気付きました。

基本的に自分の今まで持ってきた知識からしか知ることが出来ないためです。

知らないと「あれをやっていない」と気づけませんね。

過去に見学した或る会社では、世間では当然とされているような取り組みでも遅れて取り組み始める様子を見たこともあります。なぜ今までしなかったのか、ちょっと考えてみるのも良いかと思います。

単純に会社が取り組むべき事実に気付かなかったのかもしれません。しかし穿った見方をすれば、他社の取り組みをじっくりみて長期的な視点で効果やリスク、問題点を理解した上で、ようやく取り入れ始めたのかもしれません。

会社の目的の一つとして継続・存続を掲げていれば、流行りの経営手法を軽々しく取り入れることは無いでしょう。(逆に戦術レベルでは、すぐさま取り入れる経営者もいます。)

その意味で、現在先進的な取り組みで輝かしい成果を上げている会社を「いい会社」と呼ぶには時期尚早として見ておく方がよさそうです。

長い時間をかけて外部・内部環境の変化に耐えうる取り組み・組織であるかどうか。私は(たぶん皆さんも)その会社の様子を知りたいと思います。

今日はこのへんで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。


このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月02日

4月の労務と税務の手続カレンダー[提出先・納付先]


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。本日もご愛読ありがとうございます!

私の地元では桜満開の季節となっています。
桜の咲く季節は地域によって異なるため、桜を見ると別れを連想する人、出会いを連想する人、様々なんでしょうね。

それでは恒例のカレンダーをお送りいたします。

◎4月の労務と税務の手続カレンダー[提出先・納付先]

10日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]
○労働保険一括有期事業開始届の提出<前月以降に一括有期事業を開始している場合>[労働基準監督署]

16日
○給与支払報告に係る給与所得者異動届出書の提出[市区町村]

5月1日
○預金管理状況報告の提出[労働基準監督署]労働者死傷病報告の提出<休業4日未満、1月〜3月分>[労働基準監督署]
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]
○公益法人等の法人住民税均等割の申告納付[都道府県・市町村]
○固定資産税・都市計画税の納付<第1期>[郵便局または銀行]
※都・市町村によっては異なる月の場合がある。
・土地価格等縦覧帳簿・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧期間
(4月1日から20日または第1期目の納期限までのいずれか遅い日以降の日までの期間)

※4月の手続きが5月1日になっているのは、前日が祝日のためです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村