2018年05月17日

或る会社の話。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎或る会社の話。

以前からご縁があり、何度が訪問している会社に気になって訪問しました。
近況報告を受けました。

また新たに新規事業をスタートするとのことで、新たな建物を建築中とのこと。

社長は自らの代で盤石の態勢を築き上げて引退し、次代に任せたい様子。

しかし、財務諸表を拝見するまでもなく私は尋ねました「ほぼ自転車操業ですよね?」社長も周囲にいた幹部もうなずきました。

しょうがない人たちだな、と思いつつ別の視点「物よりも人を残す方が大切ではないですか?」と投げかけましたが、響かないのか諦めなのか、敢えて論点をずらされました。

後継者はハコだけ残されても重荷になる可能性もあり、私からは当会社は組織化が成されていない状況のまま先へ進もうとしているように見えます。

その理由に、相談された内容が「従業員が自社の理念、方向性、価値観を理解していないが故に、経営者が望む方向と真逆へ向かって動いている状況を放置している状態」であるためです。

聞けば人事考課制度を作成したが、形だけのものとなっており、だからと言って普段から話し合う場もなく、資格を持った従業員が、資格だけを担保にして、自由気ままに自分の価値観で動いています。

これで一応でも経営が成り立っている状態は、逆に凄い事ではありますが、何かのきっかけで集団が崩壊する危険性が非常に高いと思います。

具体的には大量離職や、従業員の不祥事、重大事故の発生、法改正に対応できず資金繰りが出来なくなる、など。

脅すわけではありませんが、従業員の成長度合いよりも早く会社が大きくなるのはバブルであると理解していただければと思います。

社長の従業員や地元を大切にする行動は素晴らしい。だからこそ会社を永続させるためにも経営についても大切に考えて欲しい。

経営者として数字に目が行くのは理解できますが、その数字がどのような理由で生み出されているかに思いをはせて思いやりをもって頂きたいと願います。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村