2018年12月10日

勤務間インターバル制度は8時間以上か


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎ 勤務間インターバル制度は8時間以上か

勤務間インターバル制度についての新しい情報が出てきました。

「勤務間インターバル」について、厚生労働省の有識者検討会は、休息時間を「8〜12時間」と例示するなどした報告書を示した。勤務間インターバルについては来年4月から企業に努力義務が課されるが、法律に具体的な数字は明記されていない。
今回の報告書でも、休息時間の設定方法や時間数について例示したうえで、労使で協議して導入することを勧めている。

勤務間インターバル制度とは、1回の労働を終了した時間から、次の労働までの間を必ず空けるように求めるものです。

ごく普通に考えて、1日8時間働いた後に、またすぐ8時間働けてもらうような働き方は、過重労働に繋がります。

例えば就労開始時間15時であって、仕事終わりが24時、暦日で1日の中に納めたとしても、翌日の5時から就労シフトで働き始めなければならない、そんな場合には明らかに睡眠時間は削らざるを得ない状況ですね。

そういった労働者の健康管理を無視する働き方をさせないよう、「努力義務」ながら求めています。

今回、時間として8時間以上と例示はしましたが、会社と労働者で話し合うように求めています。

睡眠時間や食事、入浴といった人間としての最低限必要な行為に足るだけのインターバル時間が必要となりますね。

これを8時間とするとしたら、想像力が欠けている、マネジメント能力に欠けているように思います。

会社の従業員の健康と安全に配慮する義務から見て、更に従業員の幸せを考えた上でのインターバル時間が、どの程度あれば良いのか、それは会社ごとの理念や思想が現れてくると考えています。

今日はこの辺で。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

「いい会社」見学レポート・ホームページ更新


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎「いい会社」見学レポート・ホームページ更新

私のホームページには『「いい会社」研究』ページがあり、会社訪問の記録を挙げてあります。

今年の初めに原因不明ながら編集が出来なくなる不具合が出てしまい、今まで更新できませんでしたが、今回更新できるようになり、新しい訪問記録を載せることが出来たので報告いたします。

今回の不具合により、過去のデータの一部が消えるという悲しい出来事があり、自分で再度、編集し直しました。その努力の結果を見てもらえればと思います。

成戸克圭「いい会社」研究 https://gifusr.jp/laboratory/

毎年、様々な仕事と勉強の一環で、多くの会社に訪問させていただいており、その中で厳選された企業のみの掲載となっています。また、訪問したにもかかわらず私の調査不足で挙げられていない会社とデータの消失による会社がある点はご了承ください。

といういことで、掲載されている会社数の数倍の会社訪問とヒアリングを重ね、私自身、それなりの知見を蓄積していると思います。

「いい会社」の法則もその一環であり、また、学ぶ側から、今度は伝える側への役割も求められているように思います。

さて、今回改めて記録を読むと、従業員とその家族を大切にする「いい会社」は、どこにも売っていない特別な商品を販売するような目立った企業ではありません。

注目すべきは組織であり、人であります。

ごく普通の人たちが、知恵や力を合わせて幸せに働く継続の先に、結果として外部の人間が興味を持つような会社へと成長しています。

そんな「いい会社」を増やせる活動が進められるように続けていこうと考えています。

宜しくお願い致します。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

京都の医療勤務環境改善研修に参加


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎京都の医療勤務環境改善研修に参加

11月30日に京都で行われた研修『厚生労働省委託事業「支援センターブロック研修(京都開催)」』に参加してきました。

内容は厚生労働省からの委託である医療従事者の勤務環境改善を目的とした事業の更なる質の向上を目指して、各都道府県に設置されているセンターの担当者らが研修を受け、参加者が会話し合う場を設けた形です。

私は医療労務管理アドバイザーという仕事を請け負っており、病院の医療従事者の勤務環境改善が進むよう、社会保険労務士の知見を活かして助言を行っています。

私はこの仕事を、自身が治療を受ける側でなく「病院組織の経営の側」の現場を見る機会を得られる貴重な立場として、ありがたく思っています。

今回、岐阜のアドバイザーとして私一人、県庁職員が二人参加しました。

今回の研修では、近隣県(三重・滋賀・京都・奈良・和歌山・大阪)の担当者の皆様との話し合いにおいて、他県の現状と認識されている問題点、もしくは解決した課題とその方法などを教えてもらえました。

とは言え、岐阜県は全国でも特に活発に活動して、他県より少し先んじている部分があり、他県の参加者からは岐阜県に対する質問が多く感じられました。

他県の取り組みの中では、勤務環境の良好な医療施設に対して認定制度を設けている県が2つほどあり、工夫されていました。

大事なのは手段ではなく、良い結果であるため、県民性やセンターの成り立ち、センター組織の組成の違いなどを総合的に見て、各県に合った最善の取り組みをすべきであると思います。

私は提案としてアドバイザーである社会保険労務士と中小企業診断士の医業経営アドバイザーの連携強化のための情報共有を進めるようにお伝えしました。

アドバイザー同士、課題に対して重複する分野があるはずであり、双方の強みの理解(労務管理と財務会計?)とそれによっての相乗効果を期待しても良いのではないかと考えています。


今回はセンターからの旅費が出ているのでありがたく、また滅多に歩かない京都の町を散策する機会も持てて良かったです。

今日はこのへんで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村