2018年12月03日

京都の医療勤務環境改善研修に参加


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎京都の医療勤務環境改善研修に参加

11月30日に京都で行われた研修『厚生労働省委託事業「支援センターブロック研修(京都開催)」』に参加してきました。

内容は厚生労働省からの委託である医療従事者の勤務環境改善を目的とした事業の更なる質の向上を目指して、各都道府県に設置されているセンターの担当者らが研修を受け、参加者が会話し合う場を設けた形です。

私は医療労務管理アドバイザーという仕事を請け負っており、病院の医療従事者の勤務環境改善が進むよう、社会保険労務士の知見を活かして助言を行っています。

私はこの仕事を、自身が治療を受ける側でなく「病院組織の経営の側」の現場を見る機会を得られる貴重な立場として、ありがたく思っています。

今回、岐阜のアドバイザーとして私一人、県庁職員が二人参加しました。

今回の研修では、近隣県(三重・滋賀・京都・奈良・和歌山・大阪)の担当者の皆様との話し合いにおいて、他県の現状と認識されている問題点、もしくは解決した課題とその方法などを教えてもらえました。

とは言え、岐阜県は全国でも特に活発に活動して、他県より少し先んじている部分があり、他県の参加者からは岐阜県に対する質問が多く感じられました。

他県の取り組みの中では、勤務環境の良好な医療施設に対して認定制度を設けている県が2つほどあり、工夫されていました。

大事なのは手段ではなく、良い結果であるため、県民性やセンターの成り立ち、センター組織の組成の違いなどを総合的に見て、各県に合った最善の取り組みをすべきであると思います。

私は提案としてアドバイザーである社会保険労務士と中小企業診断士の医業経営アドバイザーの連携強化のための情報共有を進めるようにお伝えしました。

アドバイザー同士、課題に対して重複する分野があるはずであり、双方の強みの理解(労務管理と財務会計?)とそれによっての相乗効果を期待しても良いのではないかと考えています。


今回はセンターからの旅費が出ているのでありがたく、また滅多に歩かない京都の町を散策する機会も持てて良かったです。

今日はこのへんで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村