2019年04月15日

作業の自動化と雇用


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎作業の自動化と雇用

近年「AIにより労働者の仕事が奪われる未来」の予測がされています。
10年後、20年後に消える仕事、などと書かれている書籍もあり、振り返れば、過去10年で消えていった仕事について考えれば、同じように静かに、時には劇的に企業が消えていくことになるのでしょう。

最近、自治体でRPAの活用によって、業務の80%が削減された、などと言う事例が出ています。

RPA(Robotic Process Automation)ロボットによる自動化が流行っているようです。

実際にはRPAはAIとは別であり、機械化の話なのですが、きっと両方が一体となってくるとは思います。

機械によって縮減できる仕事が従業員の仕事から消えるのは過去にもあり、たいした変化ではありません、ただし、80%を超える削減量は劇的であります。

正直なところ、今までの仕事が本当に必要であったか疑問なものも入っていたと思います。

なぜ重い腰を上げてRPA導入を押し切ったかという理由として、地方行政の財政難からあらゆる箇所の削減が求められており、最近は人員における非正規職員の割合が高くなってきています。

これに足りず現在、機械化によって業務負担を減らし、近未来には最終的に非正規職員人数の削減がなされることになるのでしょう。


これは一般企業でも同じように起こりうる未来です。

ここで考えておかなければならないのは、
今の仕事が減る→従業員を解雇しよう、
はとても短絡的であることです。

一時的に財務諸表は好成績を上げるでしょう。
そのため在任期間が短いサラリーマン経営者は時にリストラを決断することがある。自分がいる期間だけ高業績であればいいから。(この発想自体が問題ではある。)

人を切れば、その人に備わっている知識が失われます。特に長く働いてきた場合、かなりの価値が失われます。

残った従業員も、いつ解雇されるかと、疑心暗鬼になります。この状況で仕事に集中できるでしょうか。

従業員を解雇する行為は、会社の縮小に他ならないのです。未来の発展の可能性も小さくなるでしょう。

さかのぼって、
「今の」仕事が減る→新しい仕事を作り出す→発展
への好循環が望ましいと思いませんか。

もちろん、長時間労働が常態化しているのであれば、定時に帰るのもいいでしょう。縮減した後の未来を見越して夢や目標を前もって用意し、楽しみを実現させようとするモチベーションを勢いに新しい現実を作り出していければ最高だと思います。

地方自治体自体を縮小するかどうかは政治的な問題として、現状維持でも新しい「住民を幸せにする施策の実行」がなされれば、誰にとっても良い業務効率化となるでしょうね。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村