2020年03月02日

業務効率化システム開発企業と顧問契約


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎業務効率化システム開発企業と顧問契約

先週、名古屋で打ち合わせをしてきました。

今回お会いしたのは、9年ほど前に初めてお会いした際は、一人自営業の形で仕事をされていた方で、縁を切らすことなく連絡を取り合っていたのですが、

数年前に会社を立ち上げ、今年は従業員が50人になり、今年の夏ごろには更に人が増えるとのことで、そろそろ顧問社労士を求めていたところ、私にお声をおかけくださいました。ありがとうございます。

その意味で、新型コロナウイルスの恐れがあるとしても名古屋駅周辺に向かう理由として十分でした。出会いも会社経営もタイミングが大切ですし、もう少し遅くなると本当に外出を控える必要が出てきそうでした(実際、帰宅した時に政府が学校を休校する要請の発表がありました)。

さて、社長とお会いする必要性として、私は「いい会社」をお手伝いする、「いい会社」になるようなお手伝いをする仕事を目標としている、その旨を十分にお伝えすることと、社長と私の双方が会社経営の方向性をすり合わせ確認して、合意の上で顧問契約の運びとなりました。

話し合いの節々から優秀な経営者であると判断できたので、正直なところ私の仕事はほとんど無いように思われます。そのため求められるのは高度な質問回答と助言なのでしょう。書きながら背筋が伸びる想いです。

当企業はシステム開発を業とし、今後はAIシステム開発にも着手する予定であると聞きました。いわゆる働き方改革で求められる、効率の良い生産性の高い仕事をする上で有効な仕組みを作る仕事をされています。

パソコンを使っての仕事が多いため、今回のコロナウイルス騒動に合わせ、出社せず自宅で仕事をしている従業員も多いと聞き、感心しました。

(テレワークという造語に、どうもセンスを感じられず、使いたくないし、即座に頭の中から出てこない。)

当企業の効率化の業務について追記すると、社会保険労務士の分野では、企業内での社会保険の手続きや給与計算、従業員の出退勤管理などをほぼ自動で処理できるシステムはお手の物なので、昔ながらの手続き業務で生計を立てている社労士は近いうちに淘汰される運命にあります。ある意味で社労士の敵である会社なのかもしれません。

また、AIなどの名前を知っていても活用方法や限界を知って有効活用を提案し、実際に使用できる人は少ないのが現状です。そのため、当企業では、企業担当者向けにこれらの有用性や使用方法の教育も行っています。私も他の企業に紹介できる良い道具(仕組み)を見つけることが出来るかもしれません。楽しみです。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村