2020年05月25日

助成金とインターネットオンライン申請と社労士と


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎助成金とインターネットオンライン申請と社労士と

雇用の維持を目的にした助成金の申請に必要な内容が変更され、またインターネットオンラインでの申請可能となってすぐに機能停止したり…と日々変更が多くなっており、日記に書いた内容が数日後に意味を成さなくなってしまうため、基本的にここで書くことを止めます。

ついでに最近の世の中の社会保険労務士への認識が「助成金の人」「お金を会社に引っ張ってくる人」と偏りつつあるような気がして、気持ちの良いものではありません。以前からの認識が低いのも相まっての傾向なのでしょう。テレビCMの「ハムの人」みたいに幸せを運ぶ象徴であれば良いのですけれど。

もう一つ、テレビやネット記事で正式名の社会保険労務士ではなく「社労士」と紹介されていますが、省略名です。認知度の低さからでしょうね。もういっそのこと正式名称を社労士にしてはどうでしょう。皮肉を言えば助成金士で。

以前も書きましたが、助成金の申請に社会保険労務士が手を貸さないと出来ないこと自体、助成金の申請制度設計に問題があるように思います。不親切と表現すればよいでしょうか。申請者の提供情報(書類)を少なくすればよい、と言う意味ではありません。

また、残念なことに社会保険労務士が助成金の不正受給申請をして社会保険労務士会から懲戒処分を受けている事例が毎年数件発生しています。ただのミスなら懲戒にはなりません。悪意を持って行っている事例があり、これが性悪説の立場から助成金申請の難易度を上げるざるを得ない根拠の一つとなっています。

不正をさせず、申請を簡単に。そのために現代の文明の利器であるインターネット申請を活用すべきと考えます。がしかし、滑稽なほどに行政のIT活用は遅れています。冒頭に挙げたネット申請機能の停止を代表例として、インターネットでのシステム構築や活用できる人材は公務員に居ないようです(外注しているから関係ないという話ではない)。

公務員の給与は一流大企業の給与平均を基に設定されているのだから、一流の仕事をしていただきたい。そうでなければ費用対効果として税金の無駄遣いとの謗りを免れない(そしりをまぬがれない)。

実際にネットやAI、IoT、RPA(Robotic Process Automation)によって事務作業が自動化されれば、国民の利便性は高まり喜ばれます。その反面、自動化によって不要となった公務員の人員削減と結びつくでしょう(手始めに嘱託・期間雇用の非正規職員から)。

現在、話題の公務員の定年延長法案とつなげれば、そんなに人数が必要なのか?過去の技術や経験が役に立たない過渡期にあるのではないか?新しい知見を持った若者が公務員になる機会を失うのではないか?と色々疑問が出てきます。

話を戻して、申請を簡単にするには事前情報を行政が把握していればよいわけです。マイナンバーもありますし、日本に本社を持つ会社の雇用に関する情報は雇用保険をつかさどる職業安定所と労災保険の労働基準監督署、社会保険の年金事務所にあります。税金の関係から税務署も「会社と個人」を結び付けられます。

つまり、すでに相当の情報を行政、国が把握しています。

住所、氏名、年齢、性別、いつからどの会社で働いており、いくらの給料を貰っているか、まで分かります。過去の情報もあります。

これだけあれば統合して処理するのみです。出来ないのは行政側の都合だけです。この点で他国に遅れている認識は持っておいた方が良いでしょう。

従業員名簿や出勤簿、賃金台帳が必要とあれば、公式の書式を設定し、記帳するように法令で定めればよいだけの話です。助成金申請の際はこれらを提出するだけ。ここまでやれば、事務手続き専門の社会保険労務士は不要となります。いいんです、それで。

その他の社会保険の手続き、引っ越しの住居変更手続きなど多くの手続きが簡単にできるはずです。

なぜやらないのか。公務員からは提案しません。職を失うから。政治家が主導する以外ありません。テレワークがもてはやされている中はんこ文化も電子認証に変えるなどを含めて、変革を「今」実行に移したら歴史に残る偉業ですよ(総務省は、社印はんこを電子的な社印「eシール」にするようです。年内に運用と考えているようですが、どうなるか…)。

ただし、最後に反対意見を入れておくと、今の政府に個人情報をこれ以上提供したくない、「法解釈を変更した」として法律の変更なしに行政の運用を変更するとした具体的な事例があった現在、個人の重要な情報を利用して何をされるか分からない不安が国民の意見としてあり、身を任せられるほどの信頼を回復しないと国民の反対から法改正が進まないのは健全でありつつ、利便性と課題対応の実行までの遅れにおいて困った状況でもあるわけです。

論点を遥か原点にさかのぼると、政治に無関心な国民が今の政治家を選び放置(信任)したとも言えます。今回のコロナ禍によって国民の多くが政治に関心を持ちつつあります。ただしTwitterで呟いたら政治が変わるわけではありません。そして平和になったらすぐ忘れるのが国民性のようですから、マスクを額縁に入れて飾り、この非常時を忘れないようにすべきなのかもしれません。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2020年05月18日

小人を閑居させない繋がりを保つ(ある意味マネジメント)


「いい会社」への成長支援をいたします。
本日もご愛読ありがとうございます!

◎小人を閑居させない繋がりを保つ(ある意味マネジメント)

気分転換に自宅で庭や畑の草などを引きながら、ふと頭をよぎる言葉
「小人閑居して不善を為す(ショウジンカンキョシテフゼンヲナス)」
という言葉は、凡人が暇をしているとロクなことをしない意味で理解していました。

自分も暇を持て余すとバカなことをしでかすのかもしれないと自戒の意味で考えていたのですが、実際の意味をネットで調べると「品性のない凡人は他人の目がないと悪いことをする」とあり、少し意味が違っていました。

君子必慎其独也,小人閑居為不善。(君子は独りでいる時に必ず慎み深くするが,小人は他人の目がないと悪い事をする)となっており、君子と小人の比較をしつつ、四書が書かれた時代の生まれながらの身分の違いを含めての君子側の教訓として、後年には一般的な身分の低いものも君子としての生き方を目指す意味での教訓として、今に引用されているのだろうと思います。

暇であろうが他人の目が無かろうが、コロナの影響で両方を満たす状況になっている凡人が突拍子もないことをする可能性が高まりつつあるのは、自分の感覚を含めて理解できます。

「迅速に実行する」でも「迅速に決定する」のでもなく、「迅速に検討する」と今頃になって困窮者の支援策を検討し始めた為政者たちの思考と態度に自暴自棄になる人も出てくるのではないかと心配になります。

さて、そんなことを考えつつ草を引きながら、その横に植えてある花や野菜を間違えて引かないように気を付けていると、有用な野菜と無用な草を良い考えと余計な考えに分けて例えていました。

草は大きくなると根が地中深く広がり引き抜きにくくなります。

引き抜く時、困ったことに周りの野菜の根まで巻き込んで傷をつけてしまい、野菜の生育を妨げてしまいます。

草が小さい、芽をだした時に引けば問題は起こりません。昔の人は毎日、畑に芽を出した草を鍬で少し撫でるだけで雑草を枯らしました。除草剤や大がかかりな耕うん機など使わなかったのです。

雑草と似た「余計な思い付き」は日々なでるように引き抜くことで、特に大ごとをせずとも美味しい野菜のような大切な想いを育て守れるのではないだろうか。

世の中には、会社従業員として人生の中で最も長い休みの真っ只中にある人も多くいらっしゃると思います。

この休みが終わった時、きっと何かしらの決断を下している人もいると予想します。また、人と会わないうちに考え方や情報が偏ることもあると思います。

その決断が素晴らしければ、そのままで良いですが、良くない決断を下している人もいるかもしれません。

会社を辞めて…独立します。旅に出ます。やりたかったことをやります。上司の指示は仰ぎません。などなど。

以前、或る会社で建設作業員の若者が突然「俺は経営コンサルタントになる。コンサルティングをしてやるから契約してくれ」と会社に言い出した、そんなことがありました。彼は会社支援の知識はありません。

無理があると言い聞かせても聞き入れない。そこまで「感情」を育ててしまっている。この時点で彼の想いを上司が否定すればするほど会社への不信感は高まり、元の鞘に収まることはない。

誰でも思います。そんな状況に至る前に会社は上司は彼の話を聞かなかったのか。と

雑草の芽のはなしのように、早めに撫でて修正し望ましい方向へ導くことを毎日ほんの少しの手間をかけて行うと良いと思います。

望ましい方向とは、普段から従業員が語っている、自分の将来像です。会社の理念に共感している従業員である前提であれば、自社の従業員のあるべき姿です。

ふりかえって、休業中だからと従業員を放置することなく、想いを聞く時間を頻繁に持つ大切さが分かってきます。

テレワークの活用が進みつつある今、要点を絞りつつ、短時間に、毎日気軽に対話できる技術は、今まで以上に管理監督者として上司の必須の技術になってくると思います。

自分は部下から気軽に大切な話をしてもらえるような上司だろうか?と自問自答し、周りに尋ねてみてはどうでしょうか。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2020年05月11日

新型コロナウイルス関連の支援策、助成金、協力金情報


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。ご愛読ありがとうございます!

さきに新型コロナウイルス関連の情報を挙げます。
翌日には新情報が出る可能性があるため、令和2年5月9日現在の情報とします。

○経済産業省ホームページ(支援策各種)(2020年5月1日時点)
https://www.meti.go.jp/covid-19/

○雇用調整助成金の様式ダウンロード(新型コロナウィルス感染症対策特例措置用)
厚生労働省ホームページ 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html

○雇用調整助成金 支給申請の説明動画
・動画による紹介→(概要編) https://www.youtube.com/watch?v=Llp_jfNJtPU
・雇用調整助成金の支給申請のポイント(前編)→ https://www.youtube.com/watch?v=EQfBvFVI7as
(5月8日現在)
(後編)→ https://www.youtube.com/watch?v=XVcfLhVmh30> (5月8日)

○働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)
テレワークを導入した企業に助成金支給
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

○全国社会保険労務士会連合会による助成金申請の解説動画
雇用調整助成金・小学校休業等対応支援金
雇用調整助成金解説動画(観光関連事業者向け)
https://www.shakaihokenroumushi.jp/Default.aspx?TabId=713

○社会保険料の猶予
厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険の保険料の猶予
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10925.html

○障害年金における医師の診断書提出期限延長
障害の程度の審査が必要な障害基礎年金、障害厚生年金等の受給権者等(以下「受給権者等」という。)は、厚生労働大臣が指定した年における誕生日の属する月の末日(以下「提出期限」という。)までに、障害の現状に関する医師又は歯科医師の診断書(以下「障害状態確認届」という。)を日本年金機構に提出しなければならないが、提出期限が令和2年2月末日から令和3年2月末日までの間にある受給権者等について、提出期限をそれぞれ1年間延長する。
厚生労働省(PDF) https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200501T0080.pdf

○国税庁
納税の猶予制度の特例
欠損金の繰戻しによる還付の特例
テレワーク等のための中小企業の設備投資税制
文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄附金控除の適用
住宅ローン控除の適用要件の弾力化
消費税の課税選択の変更に係る特例
特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/keizaitaisaku/index.htm
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/index.htm

○国税の申告納付の期限延長(PDF)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/pdf/faq.pdf

○新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方税における対応について 徴収猶予
https://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000399.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※国会での決定待ち

・消費税の課税選択の変更に係る特例(案)
課税期間開始後であっても、消費税の課税事業者をやめることが出来る案が国会で議論されています。

・欠損金の繰り戻しによる還付の特例(案)
資本金1億円超10億円以下の法人も青色欠損金の繰越還付を受けることができるようになる案。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆岐阜県限定
○岐阜県新型コロナウイルス感染症対策特例助成金上乗給付金
@全国で使われている助成金、「働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)」に金額を上乗せする形で支給します。上乗せ額は中小企業に対してテレワークコース助成金の支給決定額の1/3をプラスします。
A全国で使われる助成金「働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)」の金額に、その支給決定額の1/4をプラスします。
問い合わせ先:岐阜県庁労働雇用課新型コロナウイルス感染症対策特例助成金上乗せ給付金受付係 
電話:058-272-1111(内線3122)


それではよろしくお願いします。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2020年05月04日

想像力と命


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。当日記をご覧いただき、いつもありがとうございます。

◎想像力と命

日々の生活の中、新型コロナウイルスとの対応に慣れつつある時期ではないでしょうか。

しかし問題は続いており、我々はこの状況に長期間付き合わなければならないようです。そこで大切なのは心の安定であると思います。焦ることも諦めることもせず付き合う。

安定するには不安定にならないこと。ブレないことです。目標や目的、優先順位、指針、そしてリーダーの姿勢。これらは安定していてほしい。安定しているか確かめる前に目標などの具体的な説明が無いと、安定は無く、安心はありません。

よろしくない一例として、コロナ対策における助成金関連では朝令暮改の連続で、中央省庁のエリートが立案・制定しているとは思えない仕組みや手順となっており、中小企業の経営者が手続するには難しすぎたり現実的ではない仕様となっており、彼らはどうやら現場の理解も想像力も足りていないようです。

更には厚生労働省が作成している助成金の書き方マニュアルの中に間違いを見つけてしまったり、これを見るに限り彼らの中に優秀さという意味でのエリートは既に存在しないのかもしれません。それとも彼らの仕事として助成金は優先順位が低いのか、それとも助成金を払いたくないのが本音なので、申請期間中に申請できない仕組みにしているのか…。

市民側でも自粛を理由に、いまだに集まって遊んでいる人がいます。
会社出勤の必要がないはずなのに出勤を求める会社、上司がいます。
どうしてそうなるの?

防疫の専門家によると「はじめに最悪の想定をして、これに合わせた最高の防御をはじめに行っていれば、被害は少なくできた」「しかし日本も、なぜかできない」「それは想像力の欠如だと思います。」とのことです。

最高の防御をしたのち、状況に合わせて防御を緩めるべきだった、と。

ちょうど100年ほど前(1918-1919)に流行したスペイン風邪(スペインインフルエンザ)では日本でも多くの人が亡くなりました。
(日本の内務省統計で日本で約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されていますが、歴史人口学的手法を用いた死亡45万人(速水、2006.)という推計もあります)だそうで、50万人と言う人もいます。

これだけ人が亡くなっても、どうやら日本人は忘れやすいのかもしれません。

想像力が足りず、忘れやすい。

SNSやニュース、ワイドショーを見ていても「周りの大切な人のためにも」「安全のため」「身を守る」とソフトな表現を使って啓発しています。

実際に刺激があり過ぎて使わない言葉があります。パニックを起こさせないためでしょう。
死に至る病です。死にます。毒性が高い。非常に危険。しかしこれも慣れます。

そして、死者○○人と聞いても慣れていく。

イギリスの首相は1か月前にハッキリと「多くの人が、家族や大切な人を失うことになる」と演説しました。想像力の乏しい人にも伝える必要があったからでしょう。そして自粛では足りないとして外出禁止命令を下した。経済の停滞による金銭的な問題より、人の命があれば、やり直せる。そう考えています。

日本も人命を大切にしています。しかしウイルスでの死以外に、コロナ禍の最中、その後に経済的な理由での死も避けなければならないと考えているようです。その理由で経済を止めてはならないと(性善説で考えれば)。その意味で、今からコロナウイルスの間接的な影響で人が死なないように、心の安定から考えるべきなのではないか、と考えます。(政府は今頃、コロナ後の生活保護者数と保護費用を試算しているのかな?そんな時期じゃないと思うけど。)(行動の自由を強制的に奪う強力な権限を与えるべきか、個人の自由を尊重すべきか、の問題もあり、また個人的には熟慮の末?布マスク2枚配布を決断した方々にこれ以上の強権を与える不安はあります。)

ここまで延々とコロナで書いてきて、急に話題を変えます、論点は同じです。

会社で働いていて死に至る病に罹ることがあります。

うつ病です。
(死に至る可能性がある病という事です。亡くならない人の方がはるかに多い。誤解なさらないように。)

コロナウイルスと比べると長時間苦しめ、完治が難しい病です。非常に厄介な病です。いまだに「気持ちの持ちよう」と言う人がいますが、医学的な病気です。

これを会社の人が、人に罹らせる。これを想像すると恐ろしいことに思えませんか。会社と言う人格に責任を擦り付ける向きもありますが、最終的には人が何らかの決断や行動を実行したために環境が出来ているのであり、人による行為です。

これも想像力の欠如から生まれます。相手への思いやりは想像力が無ければ生まれないのです。

裁判や労災に認められないだけで多くの人が会社で辛い思いをして心を、脳を病んでいます。

今年の3月まで労働関係の電話相談の仕事をしていましたが、多くの人が理不尽な状況で働き苦しんで相談をしてきました。

会社内の人間同士になると不思議なくらい相手への想像力が欠乏する、そんな会社が日本には、まだまだ多くあります。

私への相談が労働に限定されていたのであって、ひょっとすると会社内だけではないのかもしれません。

想像力が足りないと人は間接的に、または直接的に人の命を奪うことがある。という事を知っておくべきです。

いや、想像力が足りないと人は人を殺す。こう表現した方が直接的でわかりやすいかもしれません。


では、想像力をもって相手を思いやれるようになる方法とは?いくつか頭の中にあるのですが、まとまった時に書こうと思います。皆さんも考えてみてください。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村