2021年03月29日

第37回ふりかえり会を開催しました


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!

◎第37回ふりかえり会を開催しました

「いい会社」には法則がある!
として法則を学び、これを仲間でふりかえる会を継続しています。
3月27日に37回目を開催しました。

今回は2016年に大阪勉強会で学んだ法則55「社員の対話の延長線上にしか営業活動はうまくいかない」をふりかえり、法則自体と解説から学びなおしました。

優秀な人が会社を作り順調に成長すると人を雇います。
よくあるのが、経営者が「経営者」とならず、現場の第一線での最も優秀な人物として継続して働き、同じ働き方を従業員に強く求める様子です。

自身が最も能力があるため従業員に対して「同じように出来るようになれ」「なぜできないのか」と自身のコピーを求め、期待する話もよくあります。

実際は経営者と同じ優秀で仕事ができる人物は、経営者と同じく、独立することでしょう。何でもできるのですから。

会社組織は個性ある人々が集まって得意不得意の凸と凹を合わせ、利益の最大化を求める合理的な機能と、その期待から成り立ってきます。露骨な表現をすれば、一人では食っていけなくても皆で協力したら食っていけるよね、そんな感じです。

そのため、中小企業で働いてくれる従業員に高すぎる期待と要求をするのではなく「仲間として・自社に合う人」の基準から従業員になってもらい、協力し合って働ける環境とすることが大切です。

この反対の動き、自身と同じコピーを強要する、個々の強さを求め協調性をないがしろにすると、その影響は、営業や成績、従業員の離職率などに「唐突に」影響が出てくるようです(時には心労や過労からの経営者の病気の話も聞きます)。

この際に、原因を分析し、理解し、納得できるかどうかがあり、その次に自身の経営方針の反省が出来て修正できるかどうかが会社の大きな岐路になります。気付きと行動に違いが生まれるのは、経営者の人生における哲学、といった根本的なものに依ります。他者の意見を聞き入れられるかどうかも同じです。

今回の法則では、営業について限定して社員の対話の延長線上に答えが見えてくるとあります。

対話の中の言葉自体に答えがあるかどうかは別として、営業も協力し合い皆で活動する仕組みと仲間の協調から動きが生まれ、ようやく営業における効果的な活動が生まれてくる、ということです。

別の角度から分かりやすく言えば、売ってきたトップセールスマンだけが偉いわけではない、支える人たちがいて目立つ成果が見えるのが売り上げであるだけなのです。

・・・・・・

話は変わり、以前は「いい会社」として参考にしていた「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の授賞式が今年もありました。受賞した会社を見ると、名の知れた大企業寄りになっている様子を見るに、誰から見ても分かりやすく当制度・取り組みの方向性自体の潮目が変わった印象を受けました。大人の事情でしょうか。(知らんけど。)

私からは「(人を大切にしている)地方の名も知られていない小さな会社を発掘して応援するような賞にしてほしいなぁ」と思います。

今回も楽しく話し合いが出来てよかったです。参加者の皆様ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年03月22日

新入社員に腰を落ち着けてもらう


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎新入社員に腰を落ち着けてもらう

テレビや映画の、会社内の出来事を中心に進むドラマの中で、入社した主人公が「この職場で頑張ろう!」と決意するシーンが1話2話あたりに挿入されていることが多くあります。

今までは気にしていなかったのですが、最近は重要な場面であると思っています。

入社する行為は当然、当人が決めたことであり、入社したら「この会社で働く意思がある」と自身も周囲も認める事実となりますが、実際は「何となく、良さそうな会社だな、と思ったから求職した」と、強い意志で会社を選んだわけではない人が、結構な割合でいます。

地方の高卒、新卒採用を例にすれば「家に近くて、給与がそこそこあって、学校の先輩がいるから」などの理由が浮かんできます。

その感覚の入社したての社員は、いわば会社に「腰を掛けている」状態であって、いつでも腰を上げて(離職)どこかへ移動(転職)してしまうかもしれません。

そのため、どこかで気持ちを定めていただく機会を会社は求めていきましょう。

強い意志を持つタイミングや理由は人それぞれです。
・やりがい
・面白い
・いい仲間になれそう
・尊敬する人がいる
・仕事が自分に合っていると感じる
・自分の未来を描ける
・この会社でやっていけそうな予感

機会を作るに、分かりやすくは時間の節目を作ることで、
・入社式
・新人教育期間と修了、修了式
・入社数カ月後の面談
・一定期間経過時のイベント
と言ったところでしょうか。

無理やりではなく、ソフトに背中を押すイメージで「この会社で一緒に働いていこうじゃないか!」とのメッセージを伝えられるといいですね。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年03月15日

エクセレント企業認定


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!

◎エクセレント企業認定

岐阜県では仕事と家庭の両立を支援している会社を「岐阜県ワークライフバランス推進エクセレント企業」として認定する制度があります。

エクセレント企業として認定されるには、なかなか難しい審査を受け、一定の基準以上と認められる必要があります。

私はこの制度のアドバイザーをしており、調査と共に、企業へのアドバイスをしています。

令和2年度のエクセレント企業として、私が推薦した2社が認定を受けました。推薦した側としても喜びと共に安堵しています。

会社の紹介です。


◎社会福祉法人村の木清福会様
数か所の保育園を経営されています。職員も125名と多い中、年次有給休暇の取得率は近年95%以上となっています。残業もほとんど無く、これらの数字だけを見ても理想的な状況が想像できますね。

働き易くするため、そして職員が園児のため注力できるように、PCタブレット端末を職員に配布し無駄な雑務を極力削減し、また情報共有し、保育料徴収のキャッシュレス化を進めるなど工夫をされています。
キャリアとしてもパートで入社した方が出世して園長になっている事例もあり、採用・評価・教育・キャリアマネジメントと自然と良い効果が生まれている様子です。

給与も先代経営者の「地域で高い給料を払えるようする」との想いから、保育園の職員としては良い金額となっています。素晴らしい職員がいて評判がよく、利用者が集まり、利益が職員に還元される循環が出来上がっているようです。

私から見れば指摘する課題がほとんど見つからないほどの会社ですが、委員会活動などで課題を見つけて日々、会社を良くしようと現在も努力し続けている会社です。

紹介ページPDF https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/234157.pdf

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎株式会社中濃様

地方で建設業を営む従業員数21名の会社です。私が知るうえで、なかなか「いい会社」に感じているが、世間に知られていない会社、というイメージです。表に出るのを恥ずかしがる社長を説得して今回の認定の運びとなりました。

法律を上回る年次有給休暇の最大取得日数:年間25日は「勘違い」で定めたそうですが、気づいた後も継続しています。もちろん25日も貰えるには勤続年数が長くなければなりません。これとは別に従業員の病院への通院や家族の介護、子育てのイベント参加などにも追加で有給休暇を与えるなど、制度上も、実際も従業員とその家族に優しい会社であると思います。

また私が数年前に改善点として残業時間の削減を指摘した後、努力されて個人に偏っていた残業を減らしています。これは仕事の割り振り、本人への説得などあり、「変えるべき」と認識したらすぐに取り掛かれる会社であったこと、中小企業の強みを活かされている印象を受けます。

資格取得等も会社が全額負担するといった、学習を推進させ、質の高い仕事を従業員に求めることも付け加えておきます。これにより質の高い仕事を受けることが出来るようになり、これも良い循環が見て取れます。

建設業では採用が難しい職種として悩まれている会社が多いのですが、このように「いい会社」が知られ、一人でも採用できて、長く働いていただける環境を用意することで、会社が豊かに継続できるようになればと思います。

紹介ページPDF https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/234151.pdf

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。

参照
岐阜県庁ホームページ エクセレント企業認定制度
https://www.pref.gifu.lg.jp/page/8666.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年03月08日

コロナ禍の緊急的なテレワークからの修正と今後の働き方の方向性とは!?


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎コロナ禍の緊急的なテレワークからの修正と、更に今後の働き方の方向性とは!?(労働政策フォーラムを視聴して)

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の第114回労働政策フォーラムをZoomで視聴しました。
資料を見ることができます。
https://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20210308/resume/index.html

コロナ禍によって緊急的にテレワークを導入実施した会社は多くありましたが、今後はいったん落ち着いて、テレワークを見直す頃合いになっています。

研究報告によると、実際にテレワークが出来た従業員「テレワーカー」は限定的であり、首都圏を中心にした大企業、正社員、一定の業種に限られました。これを「限られた幸運な人たち」と表現され、その幸せを実感してもらいたいとしています。

テレワーカーとして働いた人たちは、この働き方を継続してほしいと願い、テレワーク出来なかった人たちは、テレワークの働き方に疑問を持っている、というアンケート結果が出ており、意識の差が生まれています。組織内での意見の違いが深くなるような様子です。

また、普及には自宅の環境改善の難しさからサテライトオフィスの活用が勧められること
テレワーク率は約2割程度が定着するであろうとされています。
地方や、中小企業や、非正規労働者には該当しない、として2極化が進むようです。

事例発表として登場した大企業の担当者からは、今後の働き方として
・社員の自律性を求め、育て
・会社側の多様性の担保
によって、時と場所にとらわれない働き方が実現できるとしています。

多様性とは働く時間や場所を自由に選べることや、社員の事情や属性など様々な人たちが働けることを指しています。

自律性を高めた社員には、テレワークで誰も見ていない中で、自分を律して怠けないように働くことは当然として、更に、自分で能力を高めて仕事が出来るようになること、更に難しい仕事も出来るようなることを求めています。

その土台に合わせて終身雇用・年功序列を中心としたメンバーシップ型就労から変更し、成果主義、期間支払い型の報酬体系であるジョブ型、またはフリーランス契約へと雇用と報酬・契約の変更までを見据えた方向性が語られました。

このような働き方へ移行すると会社と従業員のつながりが薄まり、仕事と報酬のドライな関係へと先鋭化するように感じます。発表された担当者もチーム力の低下を危惧されていました。

会社への愛着や忠誠心が薄まり、結局は仕事とお金でしょ?となったとき、目の前の仲間と協力して仕事が出来るかどうか、会社が求める成果以外は行動しない社員が増えるのではないか(会社の強みが見落とされていた時に修正が効かない可能性)、が課題があります。

話を戻し、労働者アンケートによるとテレワークをしている人であっても人事評価制度の「評価してほしい内容」には成果・能力・情意の3つをバランスよく求めており、情意の発露である「ふるまい」はテレワークで上司が見ることが出来ないにもかかわらず、それでも情意(ふるまい・プロセス)の評価を求めている点は今後の働き方を設計するうえで考慮すべきだと思います。

また、テレワークは関係ない、とする地方の中小企業でこれらをしっかりと評価・教育している会社が少ないのも現実です。メンバーシップ型でもジョブ型でもない、つまりは、ただただ年功序列で経営者が鉛筆を舐めながら正確な根拠も無く給料を決め、評価も育成もしていないにもかかわらず、従業員の不甲斐なさを嘆いている、そんな状況です。それでは自律性を持ちながら仲間と協力して働く従業員はなかなか育たないのです。

会社が従業員をきちんと評価し、育てることで「私を見守ってくれる。育ててくれる。」と感じられる組織に対して従業員からは愛着も忠誠心も生まれると思います。

大企業の真似をする必要はありませんが、社内で好転する理由を作らず世間の動きを見ているだけではジリ貧の現状があります。大事なことに時間と、出来ればお金もかけて取り組んでいただきたい。どうでしょうか?

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士

2021年03月01日

3月の税・労務の手続(主要)[提出先・納付先]


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!
3月になりました。今年は雪が多いですね。これを書いている時点では穏やかな小春日和となっています。また寒くなるようなので体温調節と花粉そしてコロナウイルス対策、体調管理に気を付けていきましょう。

恒例のカレンダーです。

◎3月の税・労務の手続(主要)[提出先・納付先]

10日
○源泉徴収税額・住民税特別徴収税額の納付[郵便局または銀行]
○雇用保険被保険者資格取得届の提出<前月以降に採用した労働者がいる場合>[公共職業安定所]

15日
○個人の青色申告承認申請書の提出<新規適用のもの>[税務署]
○個人の道府県民税および市町村民税の申告[市区町村]
○個人事業税の申告[税務署]
○個人事業所税の申告[都・市]
○贈与税の申告期限<昨年度分>[税務署]
○所得税の確定申告期限[税務署]
○確定申告税額の延納の届出書の提出[税務署]
○財産債務調書、国外財産調書の提出
○総収入金額報告書の提出[税務署]

31日
○健保・厚年保険料の納付[郵便局または銀行]
○健康保険印紙受払等報告書の提出[年金事務所]
○労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出[公共職業安定所]
○外国人雇用状況の届出(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日>[公共職業安定所]
○個人事業者の消費税の確定申告期限[税務署]


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士