2021年09月27日

自分ファースト視点から見る良い会社の誤解


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎自分ファースト視点から見る良い会社の誤解

「ブラック企業」という単語が世間一般で定着した感があります。

その反動で「ホワイト企業」の単語が生まれたように思いますし、「良い会社」もブラック企業という単語が生まれる前より強く光が当てられているように感じます。

ただし、その具体的な定義はなされていません。

「いい会社」を研究している私たちは従業員とその家族を大切にし、多様性を尊重する会社として定め、そうなるように支援する活動を個人で行い、またTNCというチームで活動をスタートさせようとしています。

さて、ブラック企業とはいったいどのような企業のことを指しているのか?

私は社会保険労務士なので、その視点で見れば「労働法を中心とした法律に違反している会社」と言えますが、これはブラックではなく違法企業、犯罪企業であり、色を付けるまでもないように感じます。

ただ、ブラック企業と名が付いた頃、長時間労働や関連した鬱病で亡くなった方がニュースで取り上げられたからこそブラックとつけられている所を見ると、これらも含めているようです。

世間の見方からすると違法であるかどうかもありますが、その一方で従業員に対して人としての扱いをしていないと感じるような扱いに不満を持っている場合にブラックと呼ぶことも多いようです。

イジメやパワハラなどのハラスメント行為は、これも憲法や様々な法律で禁じられ、法改正によりきんじられるようになり、これも法違反ですが、ハラスメント問題で話題に出ることとして、他者の行為に対しての価値観や感覚の違いによりハラスメントとして訴えらえる点において、難しい面があります。

具体的には上司が𠮟咤激励のつもりで部下に接したことが部下からはパワーハラスメントだと感じ訴え出る、というような場面です。

ここまでくると受け手次第でどうにでもなり「私がブラックと感じたらブラック企業なんだ!」という「何でもアリ」の混沌とした状況を作り上げてしまっている部分も大いにあると見ています。

そのため、一つの線引きとして「法律違反をしてない」があり、労働時間などの定量化して明確に出来るものはきっちりと管理記録すべきです。

「指導かパワハラか?」の線引きのように定性的になりがちなものについては、実は扱う言葉遣いや態度、教育マニュアルの前に、双方の信頼関係が意味を持っていたりします。

そして従業員の思いこみや世間の刷り込みによる世間ズレした主張があった場合にはしっかりと説明し教育してゆく必要があります。

話を戻し、もう一歩踏み込んで(今日の日記で最も言いたいところとして)「いい会社」のついての誤解を挙げておきます。

一般的な株式会社であり従業員の生活を安定させる意味でも利益を確保する前提があるとして、
「いい会社」は
・働かなくても報酬が出る会社ではありません。
・働く意欲がない人も受け入れてくれる場所ではありません。
・成長しなくても、仕事を頑張らなくても高評価されたり昇進昇格する会社ではありません。
・社会的弱者だから仕事をしなくて良い場所ではありません。
・従業員の成長する機会を用意していない会社ではありません。
・今だけ良ければ充分だとして、組織自体が成長しなくて良いわけではありません。
・「お互い様」「ワーク・ライフ・バランス」と言いつつフリーライドする人を守る組織でもありません。
・自信の感情の赴くままの言動が許される場でもありません。

中心を捉えず周りからそぎ取るような表現を用いました。これらが当然と思うのであれば、組織の成長や個人の行動変容が無ければ、早晩経営が立ち行かなくなるのも理解していただけると思います。

そして、「いい会社」であっても、時としてどうしても解雇せざるを得ない場面もあることも理解していただけると思います。労働者個人にとっても良い環境ではないはずです(箇条書き一つ一つに解説を入れると本が出来そうなので割愛します)。

しかし、上記の箇条書きした内容を受け入れてくれる会社を良い会社と思っている人は多くいます。箇条書きで書いた会社は一見ユートピアのように見える混沌の世界でしょう。これは日本の何らかの機能が劣化しているように感じています。これをどうすればよいのでしょうか。

やはり、その恐ろしさを直接説明するのではなくて、従業員の幸せを願いつつ人を育てる角度から考えるしかないと思います。もしくは情意豊かで道徳のある人と出会えるような工夫でしょうか(求人の前段階からの工夫)。その両方でしょうか。

働く側も、自身の幸せを自分ファーストのような近視眼的に考えずに広い視野で見て、理想の会社組織を考えてみることも大切だと思います。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

「いい会社」コンサルティングチーム TNCホームページ
http://e-kaisha.info

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士