2021年10月25日

雇用保険マルチジョブホルダー制度が新設されます


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎雇用保険マルチジョブホルダー制度が新設されます

定年延長もなんとなく議論され始めている中、雇用保険では新たな取り組みを始めます。

従来の雇用保険制度は、週所定労働時間が20時間以上かつ31日以上の雇用の見込みがなければ雇用保険に加入できない仕組みでした。

安心して働き続けるようにするには雇用保険加入条件を緩和させる必要があります。そこで以下のような制度が始まります。

雇用保険マルチジョブホルダー制度
複数の事業所で勤務する65歳以上の労働者が、そのうち二つの事業所での勤務を合計して所定の要件を満たす場合に、本人からハローワークに申し入れを行うことで、特例的に雇用保険の被保険者となることができる制度

条件に合致した被保険者のことをマルチ高年齢被保険者と呼ぶそうです。(何かに騙されているかのようなネーミング…)

条件として
1.複数の事業所に雇用されている65歳以上の労働者であること
2.二つの事業所の労働時間合計して1週間の所定労働時間が20時間以上であること
3.二つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること
となっています。

65歳を超えて二つ以上の会社で働く、どのような想定なのでしょうか?
短時間勤務ながら兼業は、健康でないと大変ですね。

さてこのような被保険者になり退職時には高年齢求職者給付金がいただけます。イメージ的には退職金だと思います。

被保険者期間が1年未満であれば基本手当日額の30日分の支給
被保険者期間が1年以上であれば基礎手当日額の50日分が支給されます。

もちろん雇用保険の被保険者になった日から雇用保険料の納付義務は発生します。
この制度は申し出により加入できる制度なので入りたくない場合はただ申し出をしなければ良いだけになっています。

申し出があれば当然事業主が手続きをする必要があります。ご注意ください。

この制度の効果がいかほどかは全く私には未知数です。高齢者の就業継続につながるのでしょうか。もちろん財源が厳しいことも理解しておりますが、いっそのことを保険料を免除にした方が良かったのではないか、そんな気もします。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

「いい会社」コンサルティングチーム TNCホームページ
http://e-kaisha.info

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士