2022年04月04日

可児市わくわくWorkプロジェクト企業協定締結式 報告


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎可児市わくわくWorkプロジェクト企業協定締結式 報告

可児市には素敵な会社がありますよ。

3月28日㈪に可児市わくわくWorkプロジェクト企業協定締結式が行われました。

○DSC_2994.JPG
(左から YYメディカル:佐光様  冨田市長  日特スパークテックワークス:川尻様  成戸)

このプロジェクトは可児市内の「いい会社」と可児市が協定を結び、市内外にPRするとともに「いい会社」づくりのお手本として市内の企業への啓蒙活動をするものです。

可児市内に「いい会社」があると気付けば、市外、県外から求職者が増え、就職し、安定的な仕事があればそこで結婚したり、時には市内で家を建て定住し、人口が増えてゆく…といった長期的な視野で行われているプロジェクトです。

私は専門家の立場で企業調査を行い、協定にふさわしい企業を可児市に推薦する形で支援しています。プロジェクトスタートから早6年が経ちました。その間、私一人で支援しています。

調査方法は毎年、市が事前に応募した企業さんの中で簡単なアンケート結果から10社程度厳選し、私が会社資料を確認し企業訪問でその実態を確認していくものですが、今回はコロナ禍により訪問がままならず、Web 会議システムによって遠隔でのヒアリングになりました。いつか実際に訪問したいものです。

今回は下記の2社との協定となりました。講評を含めた紹介をします。

●株式会社YYメディカル様
介護福祉をされています。職員数約40名の規模です。
介護業界は一般的に職員の確保やその質について悩まれている企業が多くあります。その中でYYメディカル様は職員に対し、自社の企業理念から現場の具体的な働き方ひとつひとつを丁寧に伝え、教育されており、結果、職員同士が支え合う社風が生まれ、職場の良好な人間関係を醸成されることで業務の効率化が進んでいます。

職員の家庭の事情に合わせた勤務形態を整え働きやすくすると同時に、時間外労働が無くなり、離職率の大幅な低下、省人化が進むといった素晴らしい成長は業界を超える普遍的な取り組みとして素晴らしく、評価致しました。

●株式会社日特スパークテックWKS様
自動車のエンジンにおけるスパークプラグなどを製造している企業です。
3年ほど前に日特スパークテック東濃様の時代に一度訪問させて頂いた際にも素晴らしい企業であると評価しておりました。
今回、社名が日特スパークテックワークスと変更され、社内の仕組みが変わりつつある過渡期であるとの理解を持った上で評価させていただきました。

親会社(日本特殊陶業)を含めると、とても大きくそして有名な企業であるため福利厚生など手厚く従業員が働き易い職場であるのは当然であるように思われがちですが、その実際には授業員には温かいご飯をたべていただきたいという思いからの食堂設立、65歳以降の継続雇用、最高齢70歳の方がいらっしゃるということで高齢者の雇用も守られています。これは企業の利益中心の考え方ではなく、従業員を大切にしたい思いが一つ一つに現れています。
また従業員側も正月の門松作りを自主的に行う、社内公募によるマスコットキャラクターを大切にしている話などのエピソードもお聞きしまして、社内の風土と労使における関係の良好さを覗い知ることができました。
可児市の山城清掃にも参加をしていただくなど、地域社会とのつながりも大切にされています。


以上のように、働きやすい職場、従業員を大切にする会社と生産性の高さは両立するものであり、矛盾するものではありません。中小企業でもできると考えていただきたい。とても大事なことです。

今年は市長から特に「今後もよろしく」と念を押されるように感謝の言葉を何度も頂きました。
お役に立てて何よりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

「いい会社」コンサルティングチーム TNCホームページ
http://e-kaisha.info

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士