2016年07月25日

第7回ふりかえり会を開催しました。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる!の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎第7回ふりかえり会を開催しました。

7月23日土曜日に7回目の「『いい会社』の法則ふりかえり会」を開催しました。

「ふりかえり」と名が付いているように、本会である「いい会社」の法則実行委員会中日本勉強会で牧野氏が説明されたお話を、ふりかえりの担当をした講師の解釈を加えながら振り返る試みです。

今回の講師は社会保険労務士の纐纈敦氏と、新井良典氏が担当しました。

まずは法則7を纐纈氏が担当されました。

IMG_20160723_132130.jpg

従業員の教育について、ご自分が経験された会社指導の現場でのお話を交えながら説明されました。

従業員の自己研さんに全てを期待するのではなく、組織全体でモチベーションを与え、教育と学習を実施できるような風土とする必要性を説明いただきました。


後半は「いい武将」研究をしている新井氏が戦国武将の例を加えながら、法則8である、経営に関するお金の使い時を説明されました。

IMG_20160723_135030.jpg

「機」を見極めてタイミング良く必要な資源を投入する、その決断のすばらしさについての例として、豊臣秀吉の水攻め、兵糧攻めの説明が非常に興味深く面白かったです。

この2つを踏まえての参加者全員の話し合いの時間では、

・教育という土台があってこその技術革新が生まれること。

・イノベーションが起こる際に技術の断絶が起こること。それに追いつけるのは教育であること。

・チャレンジを奨励する文化が教育を促進させ、更にイノベーションを生み出すきっかけになること。

・イノベーションのジレンマの話。

・歴史を振り返って文明開化は明治維新に注目されるが、それ以前の日本国民全体の教育が一定程度行われていたために開花したと考えられ、例えば日本の識字率が江戸時代から高まっていた。

など、非常に面白い話し合いになりました。


この話し合いの時間が、この会の中心でありキモであると私は考えており、今回も成功だったと思います。

今回も新たな参加者がいらっしゃって、非常にうれしかったです。ありがとうございました。また来てくださいね。


最後に:同じ人が講師をする回数が増えてきたため、新しい視点の話を学ぶ意味から、他の方のお話を聞きたいと思っています。

「いい会社」の法則実行委員会の本会のお話を聞いた方の中から、依頼したいと思います。その際は宜しくお願い致します。


事務所:岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176199505

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村