2016年09月26日

国民年金保険料を強制的に徴収する制度が強化されます。

「働く喜びに満ちた会社」に育てる!の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎国民年金保険料を強制的に徴収する制度が強化されます。

ニュースによりますと、「厚生労働省と日本年金機構は、2017年度から、国民年金保険料の強制徴収の対象を、現在の年間所得350万円以上(かつ未納月数7カ月以上)の滞納者から300万円以上(かつ未納月数13カ月以上)に広げる。

拡大により約9万人が対象に加わる見込み。保険料納付率は低迷が続いており、2015年度は63.4%。納付免除・納付猶予になっている人を含めた実質的な納付率では40%程度にとどまっており、制度の持続性に懸念が生じている。」

と出ています。

詳細を厚生労働省のページで確認すると(参照よりご覧ください。)、昨年度の報告書にはすでに督促者の範囲を段階的に拡大し、平成30年度を目途に、保険料の免除等に該当する者及び免除等に該当する可能性のある低所得の者を除いたすべての滞納者への督促を目指す内容が示されています。

その範囲は
平成29年度が所得300万円以上かつ、未納13か月以上。
平成30年度が所得300万円以上かつ、未納7か月以上。
となります。

所得が300万円あれば、保険料は捻出できるだろう、と国は考えているのでしょう。

ちなみに強制徴収の流れを軽く調べてみました。順序は以下のようになっています。初めに電話や戸別訪問での対応からスタートするようで、その次に
@催告状の送付
A最終催告状の送付
B督促状の送付
C財産差押え

1から順に日本年金機構の催促に応じない場合に、最終的に財産を調査され、押さえられるようになっています。

銀行の貯金から、有価証券、自動車まで、です。

少々恐怖を感じる内容です。しかし平成26年4月〜平成27年3月までに財産差し押さえがあった件数は14,999件と、機構さんは、きっちり仕事をされているようです。
強制執行財産差し押さえ、国民年金保険料未払い20160926.PNG
社会保険制度は国の根幹を成す制度と言えるもので、その維持に必要であれば、これくらいのことはする、と言う姿勢を示しているように思います。

たしかにお金があっても未納でありながら、老後に貯蓄が無くなり生活保護を受ける高齢者の増加を避ける必要もあります。多分、今のままであれば、その数は増加するでしょう。

個人が社会保険がどれほど一国民にとっての恩恵があるのかを積極的に知る努力も必要ですし、多くの人が納付するように、国側としても、もう少し力を入れたほうが良いと思います。

参照
厚生労働省
平成27年度予算案における国民年金保険料収納対策等について
https://www.nenkin.go.jp/service/sonota/kaigi/tottori.files/0000027326MYnDbSurPz.pdf

平成28年度予算案における国民年金保険料収納対策等について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107891.html

日本年金機構
「国民年金保険料の強制徴収の集中取組」の結果について
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/press/2015/201504/20150424.html

事務所:岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/


ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177037468

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村