2016年11月17日

本巣市 結婚・子育てアドバンス企業認定証授与式へ出席しました。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎本巣市 結婚・子育てアドバンス企業認定証授与式へ出席しました。

11月15日に本巣市 結婚・子育てアドバンス企業認定証授与式へ出席しました。

写真 本巣市.jpg

従業員の結婚と子育てを支援する企業に対して表彰するという、岐阜の市町村では初めての取り組みです。

初回である今回は、3社が認定されていました。

その1社は昔から東海に住む人ならご存知の「ソフト昆布飴」で有名な浪速製菓さんがあり、懐しかったです。

岐阜県庁ではエクセレント企業認定の取り組みがあるため、ステップアップするとエクセレント企業として認められるのでしょう。(浪速製菓さんはすでに認定されています。)

私は授与式の後の企業からの相談に対応する相談員として依頼を受けての参加でした。

仕事と家庭の両立支援など、ような取り組みに参加するたびに思うこととして、両立支援といったワーク・ライフ・バランスを整える取り組みをすれば会社は良くなるだろう、という安易な発想になりかねない風潮があるように感じています。

そんな意味で今回の相談内容は極端な例ですが「従業員に際限なく休みを取らせるよう認めてしまったために、年次有給休暇を全部使い切り、そのうえで更に休む従業員が続出している」会社からの相談でした。

理由は子供の病気だったり、運動会に出席するためだったりするのですが、一般的な会社から見て休み過ぎであり、会社の経営を圧迫しつつある状態にまで発展している状況を見るかがぎり、理解を間違えたワーク・ライフ・バランスは誰も幸せにならない、という典型的な内容でした。(守秘義務があり、詳細は説明できませんが、上記内容は誇張でもなく、事実です。)

会社も従業員本人も従業員を甘やかせてしまった後なので、今後の対応は労使関係としても、従業員個人の認識を変えるうえでも苦しい改革を求められるであろうと見受けられます。

経営者の方に助言はしましたが、少々気の毒に思いますし、出来ればもう少しお手伝いできれば…と心配しています。連絡をいただけると嬉しく思います。

とにかく、ワーク・ライフ・バランスの範囲では会社経営について歪な判断を下してしまいかねず、広く視野を保って経営していただきたいと願うばかりです。

最後に:県や市町村が認定制度を行って授賞式で「おめでとうございます」と首長が会社側に言う姿に、違和感があります。

この地域を選び、雇用に貢献し、税金を納め、更に地方自治体がモデルとしてPRしたいような取り組みをしている企業に対しては、「ありがとう」の感謝が先で、重ね重ね感謝しかないのではないかと思うのです。

今日はこの辺で。

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177688081

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村