2016年12月22日

自分の顧客を見つける。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

昨日21日は冬至で「これから日照時間が長くなる日」つまり「冬至から以後は明るくなる(運が良くなってゆく)最初の日」ということで、めでたい日なのだそうです。

ポジティブですね。

◎自分の顧客を見つける。

誰でも良い仕事をして、それが良い報酬として帰ってくることを望みます。

私の仕事も一種の商品であるため、その性質から考えて、私自身の労働でしか提供できない部分が多い仕事であると気付くと、自分の時間や労力の販売、という面が見えてきます。

このような仕事を労働集約型と呼びますが、この形は大量生産、大量販売のような形が出来ないため、利益額を上げようとすれば、単価を上げるしかありません。

単価を上げるには「いい仕事」を行い、良い評価を得て、更に単価の高い仕事を得てゆく形となります。

私の仕事で良い結果を生み出すには、改善行動の実行の主体とする顧客(クライアント)の行動や努力が必要となります。

つまり「いい仕事」をしようとすれば、その意味でいいクライアントに出会うのが近道となりそうです・・・がしかし、いいクライアントは元から行動力があり、自ら問題解決を行える能力がある可能性が高く、私の助けを必要としない矛盾が生まれます。

上記の意味でのいいクライアントに出会える幸運を探す努力も必要です。しかし、そればかりでは自分の実力が付かないようにも思います。

半面「自分と合わないクライアントとは仕事をしない方が良い」のは間違いありません。

最近の一番の悩みは私の言葉に一切理解を示さず、行動しない人物です。

この人物がクライアントの主であれば、契約を終了させてしまえばよいのですが、例えば社長の息子であると、難しく、色々と考えています。この件について、私は選択肢は提示しているが社長が決断できない部分もあり、相手にボールを渡している状態です。その意味で主が動かないのであれば、同じ意味なのですが。

私はこの数年、言葉の使い方について気を遣うようになりました。相手を無暗に傷つけたり脅すようなことは一切ありません。私のお会いしたことがある人であればわかることです。(ですよね?)

そして、相手の背中を、相手が望んでいるときに、そっと押してあげられるように気をつかっています。

正直なところ、しんどい仕事ですが、質を高められるように、継続しています。


社労士の仕事として想像しやすい社会保険の手続きや給与計算であれば、社労士資格のないパートタイマーなどを雇用して処理すればよいわけですが、今後そのような仕事は機械に取って代わられてゆくことでしょう。その他の理由もあり、私はそちらに注力しない方針で今までやってきました。

今後も方針は変えず、社労士なら誰でも良い中で成戸を選ぶのではなく、社労士または経営コンサルタントとしてピンポイントで成戸が呼ばれるように努力し続けています。


事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178117628

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村