2017年05月08日

育児介護休業法改正による育児休業期間の延長


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎育児介護休業法改正による育児休業期間の延長

育児介護休業法の改正によって平成29年10月1日より

「原則1歳までである育児休業を6か月延長しても保育所に入れない場合等に限り、更に6か月(2歳まで)の再延長を可能にする。」

と変更になります。

以前までは、原則1年までの育児休業の上で保育所に入れない場合などに限り6か月延長で休業が取得できるようになっていましたが、更に6か月が追加され、最長2年まで休業が可能となりました。

子どもを保育所に入れられなかった女性の声が話題になったことも影響したのでしょうか、根本問題としては保育所へ入れたい親の希望に添えない状況の解消が一番大切ですが、2年間もあれば保育所への入所応募の機会が増えるのは間違いありません。

ということで、休業についての法律が変わるため、会社としては就業規則の変更が必要となります。

従業員への周知も必要でしょう。


また、その他の改正部分では努力義務として

〇育児休業制度等の個別周知
 事業主が、育児休業の対象者に育児休業取得の周知・勧奨するための規定を整備する。

〇育児目的休暇の新設
 事業主に対し、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者が、育児に関する目的で利用できる休暇制度の措置を設けることに努めることを義務付ける。

の2つがあります。

1つ目の周知については、育児休業を取得しやすい雰囲気作りの1つであるとされており、安心して休業できるようにすることが趣旨であります。

2つ目の休暇については特に男性向けに育児参加を促進する趣旨です。努力義務ではありますが、国が男性に育児に参加するようにと方向性を明らかにしているところが興味深いところですね。

詳細は参照よりご覧ください。

今日はこの辺で失礼します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
参照
厚生労働省
雇用保険法等の一部を改正する法律(平成29年3月31日成立)
https://www.sharoushi-nagoya-hk.com/wp-content/uploads/2017/04/4f6fc161cd7d8185f417c17b00eb6968.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179671416

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村