2017年07月20日

会社の内と外の世界


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読いただき、ありがとうございます!

◎会社の内と外の世界

会社は一つの組織であり、組織の内と外を隔てている壁は薄いようで厚い部分もあるようです。

特にその会社内での独特の考え方、文化は一般社会である外とは全く異なる場合も多く、感動的な人間愛にあふれたものから、戦争でもしているようなものまで様々あるようです。


「経営者が従業員を殴るなんて、この時代にあるはずがない」と思っていましたが、ありました。

その経営者は「お互いの信頼関係があれば、教育の一環として手を上げても受け入れられる」と考えていました。

熱い思いでぶつかり合えば、心が通じ、従業員が目を覚まし・・・と昭和のドラマ、それも間違ったドラマをそのまま持ってきたような考え方は、どこで学んできたのか・・・

教えている奴がいるならば見つけて止めなければ。と思う。

言うまでもありませんが、従業員が思ったように働いてくれなかったり、生活態度が悪かったりする場合に、経営者として少しでも改善するために拳ではなく頭を使うべきです。

そして、労働者と経営者は対等な立場である、として法の上では考えますが、実態として上下関係があり、強者が弱者に負担させる強度を、もう少し一般的な感覚で感じられるようになるべきです。

この行為、判断は、経営者として、社会人として、人として正しいのだろうか、と。

それには自社内の世界に引きこもらないで、外を、世の中を、社会を、他社を見て感じて感度を高めるべきでしょう。

そして、自社の問題解決のカギは内側にあると気づいて欲しいものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180392539

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村