2017年08月31日

相手を良く知る努力をすべきこと。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎相手を良く知る努力をすべきこと。

仕事では決してそのようなことはあってはならないこととして、一方の主張だけを聞いて判断する危険があります。

最近、仕事上とプライベートでの人付き合いで知った相手が、私の知らない所で、けっこうな悪さをしている事実を他者から聞く機会が多くありました。

真面目そうなあの人が、

こんな肩書の倫理観を求められる職業に就いているあの人が、


お人よしの私は驚き、人を見抜く力が足りないと反省するばかりですが、よくよく初対面時を思い出すと、何かの違和感を感じた自分が居たことに気づきます。

そして現在、私への直接の被害と仕事上では問題が無い状態なので、それなりに距離を保って付き合っていた、とも言えるので、大きく間違ってはいないと思います。


ふりかえって、やはり、仕事やお金の絡む行為・自分の信頼を基にした取り組みなどには、その相手を良く見定める必要と責任があります。(困るのは自分だけとは限りません。)

それには、多くの情報を得る意味で、相手の周辺を良く見るべきなのでしょう。

当人がどれだけ自分を立派に見せようとしても、本人のどこかに違和感も出ますし、その人を取り囲む友人や仕事仲間、仕事内容、労働環境、生活環境などから色々と矛盾と私自身との価値観の違いが見えるものです。

そこまで調べる労力も大変かもしれませんが、大事な時は徹底すべきでしょうね。


私は自分を性善説で楽観的に相手を信頼したい側の人間だと思っていますが、

この仕事をするようになって、悪意のある人物、悪気無く相手を貶める行為をし続けている人など、見たくない世界を見る機会も多くなりました。

そちらに引っ張られないように、あるべき自分の姿に向かって、いきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180836956

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村