2017年12月14日

言葉を大切にしましょう。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読くださり、ありがとうございます!

◎言葉を大切にしましょう。

数日前に、コンサルティング先企業の、ある人物から発せられた言葉が私の中に残っております。

その言葉と、状況、発した人物の顔。様々にありますが、時としてインパクトを持って相手に残るものです。

権力のある人物の言葉は、その影響下にある者にとって非常に重要であり、注目しています。

会社であれば、経営者の一挙手一投足が、従業員の人生に大きくかかわることもあり、従業員としては、自分の人生に希望を持っている限り、経営者の言動を注目しているものです。

反面、諦めてしまった従業員は、会社に期待せず、自分の持ち場を守って、自分なりに仕事をします。そんな様子を見かけます。

話を戻して、良い意味でも悪い意味でも言葉は道具であり、使い方次第で、相手に様々な効果を与えます。

それならば、良い影響を与えるべきと、誰もが考えますが、出来ない人もいます。本当に残念な人が経営者をしている会社をコンサルすると、この点が悩みの種になります。

「黙っていた方が、皆の幸せにつながる」とのお話を聴いたことがありますが、本当にその通りだと思います。

相手へ好影響を与える言葉の大前提として、相手を思いやれないと、良い言葉は紡がれません。

相手を思いやる気持ち、そのものも大切ですし、相手を知らなければ、相手に合わせた言葉も見つからないので、相手を知る努力を続ける必要もあります。

また、言葉によって、思考の枠組みも変わるそうです。視野の広さ、思考の深さ、楽観的、悲観的、様々に影響を与えます。

一朝一夕には出来ないとは思いますが、意識的に続けるほかないので、相手ともう少し関わる頻度を高めて、付き合うしかないのかな、と思い、特に来年からの自分の課題とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181833488

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村