2017年12月25日

今年の入退職者率と今後について。


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎今年の入退職者率と今後について。

今年の労働者の入退職について、ちょっと気になったので自分なりに調べてみました。

厚生労働省が実施している毎月勤労統計調査のデータに「労働移動率」があります。

時系列に沿って会社への入職者と退職者の率を出しています(会社規模5人以上)。

Excelでダウンロードして、平成28年と29年の月平均を求め、比較してみました。
(平成29年のデータが10月までしかないため、28年も同条件で出しています。)

入職率
平成28年 2.239
平成29年 2.251
前年比 0.012プラス

離職率
平成28年 2.146
平成29年 2.144
前年比 0.002マイナス

どうやら就職する人は増えて、離職する人は減っている様子ですね。

そして有効求人倍率も右肩上がりです。
有効求人倍率.jpg

私の感覚では高騰している感が否めません。

一般的な時期と異なり、どんな人でも転職出来る時期であると予想が付きます。

どんな人でも…であるため、会社としては玉石混交の求職者から雇用に耐えうる人材を選ぶ目が必要になります。(ここでは人財とは言えない状況の意味合いがあります。)

自社の求める社員像が明らかになっており、その姿を具体的にし、採用時に見極めることが大切です。

さて、求人と求職者の関係は景気の動きを先取りするといいます。

この様子だと来年も好景気が続くのでしょうか?

一般的にはオリンピック景気と言って、オリンピックが開催される前までは好景気は続くと言われています。

求人の数字は好景気を示しています。

ただし、数字の裏側はどうなのでしょう。人が欲しくて求人人数を多く上げている企業の中で、実際に雇用できる人数を雇用できると思って求人している企業がどれだけあるのでしょうか。

会社で具体的に、正確にどれだけの人数が不足しており、その人数を雇用し、教育し、継続雇用できる計算が成り立ったうえで求人している企業がどれだけあるか?と考えると、正確性をちょっと疑うべきなのかな、と思うのでした。

今日はこの辺で。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181937271

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村