2018年01月15日

労働保険の給付のお金はどこからやってくるのか?


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎労働保険の給付のお金はどこからやってくるのか?

何気にインターネットで見つけたのですが、労働保険のお金の流れが出ていました。

なるほど、労災保険や雇用保険の保険料だけではなく、国の一般会計から拠出されているのですね。

roudou01.html.jpg

普通に考えれば、国の制度なので国からお金を出して運営されていることは当然なのかもしれません。(正しい言葉では「歳出」とか言うようです。)

そのため「会社(従業員)が出した保険料だから十分取り戻そう」と言う考えは、実は半分正しくて半分違うことになります。

たぶん、会社と従業員の保険料だけでは労働保険は継続できないと思われます。

確認すると労働保険に関しては平成28年度の場合、
保険料の収入が    2,755,733,000,000円
失業給付などの支出が 2,832,971,000,000円
結果、77,238,000,000円足りません。
ここに他会計より受け入れをして収支を合わせている状態です。

あまり考えないことではありますが、公の誰もが使える制度として、税金や保険料を使い「皆で支えあっている意識」は、もう一度、再確認して持つべきなのでしょうね。


参照
厚生労働省 ホームページ
労働保険特別会計
http://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/kaiji/roudou01.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182147709

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村