2018年06月18日

健康保険のインセンティブ制度について


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎健康保険のインセンティブ制度について

6月13日に岐阜県社会保険労務士会 中濃支部の研修へ参加してきました。

今回はその研修で学んだ中で健康保険の新たな制度「インセンティブ制度」に少しだけ触れておこうと思います。

今回は協会けんぽの職員の方の説明でしたので、協会けんぽの健康保険について説明します。

健康保険の保険料について、今までは各県においておおよそ差がついていない設定になっていました。

今回のインセンティブ制度により各都道府県ごとの保険料率に差がつくことになりました。

差をつける判断材料として「保険加入者、事業主の行動努力にかかる評価指標の結果を反映させる」としています。

具体的には健康診断、特定健診、その他の検診や糖尿病等の重症化の予防、ジェネリック医薬品の使用促進などとなっており、

つまりは健康管理に努力し、むやみに医療費を使わないよう努力している都道府県は支払う費用が安くなるというわけです。

ただ努力していればいいわけではなく、各都道府県別にみて、その評価の高い上位の都道府県がその恩恵にあずかることができ、むしろ下位のほうは保険料率が高くなります。

こんなところにも競争原理が持ち込まれたわけです。

社会保障って一体なんだろうなあと見直さなければいけない時期かもしれません。

時期としては平成29年度から試行実施が行われており、平成30年度から本格実施(もうすぐにスタートしているわけですね)、その結果は平成32年度の保険料に反映するとしています。

一人だけの努力ではどうにもなりませんが、会社と個人一人一人の健康管理と健康保険についての理解の差によって各県での差がついてきます。

自分の住んでいる県はどうだろうか、と考えると地方自治体の政策から個人の食生活・食文化まで色々と考えるべきことはあるように思います。

今日はこのへんで。

参照
協会けんぽ インセンティブ制度
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat550/insenthibuseido/insenthibuseido

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183548163

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村