2018年07月30日

平成 30 年 7 月豪雨に伴う雇用保険における特別措置(企業休止後に同社で再雇用が予定されている場合であっても基本手当が受けられます。)


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎平成 30 年 7 月豪雨に伴う雇用保険における特別措置(企業休止後に同社で再雇用が予定されている場合であっても基本手当が受けられます。)

7月の豪雨に伴って事業を休止・廃止ししたが事業再開後の再雇用が予定されている場合であっても、離職した方と同様に基本手当が受けられます。

基本手当とは一般的に知られている表現では失業手当の事です。

支給される金額は?
原則として、離職された直前の6か月間の賃金(保険料等が控除される前の額)を180で割った額のおよそ
50%〜80%(60歳以上65歳未満の方は45〜80%)になります(ただし、年齢に応じて上限額があります)。これを「基本手当日額」といいます。

ご注意ください!
今回支給を受けることにより、今後再就職し、雇用保険被保険者の資格取得をしても、今回の離職の前の被保
険者であった期間は、被保険者期間に通算されません。

ご活用を検討されてはどうでしょうか?

参照
PDF 平成 30 年 7 月豪雨に伴う雇用保険における特別措置のご案内
https://www.mhlw.go.jp/content/000334982.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183990372

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村