2018年10月04日

社会人・職業人・「いい会社」の従業員


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎社会人・職業人・「いい会社」の従業員

電話での無料相談を受けている私に対して「あんた、本気で話を聞いているのか!」と怒りをあらわにする人に出くわしました。

度々似たような人物に出くわすので、度々同じようなお話を書いて心を落ち着けている次第であります。

私の眠そうな声にご立腹されたのでしょうが、専門家に無料で相談をしておいて、申し訳ないと思いこそすれ、私の具体的な対応がマズければ申し訳ないが、しっかりと対応しているのにもかかわらず声を荒げて威圧するのはどうなんでしょうね。

当人は、ある会社で短期間働いて契約期間終了で無職となっている人物で「会社が悪い!」との思い込みで立腹し、その勢いで私にも迫って来たのです。

私は、あなたの味方であろうと聞いているわけですが、その態度と言い方では、私は敵に回りたくなる誘惑にかられますよ。私も人間ですからね。

正直なところ、世の中の人々は相手が敬語を上手に使えなくても、それだけで相手を嫌うことは少ないでしょう。しかし、相手への敬意を持っていない言動が見えれば、周りから人はいなくなります。

そして、話を深堀して聞いていくと「会社に落ち度が一切ない」事実が見えてきました。言い方を変えると当人の主張する会社の不手際を証明する証拠も無ければ事実もない。

専門家から見て、会社は完全にシロ。

当人はインターネット等で調べた知識を振り回して「慰謝料を!」「生活保障を!」と求めるつもりですが、やり方を間違えると会社を恐喝したことになってしまいます。

聞きながら、相談者の味方から、中立な立場へと心が動いてしまったので、中立な助言のみにしました。

無礼で相手への敬意も無く、むしろ私を道具程度にしか見ていない相手には、それ相応になることもあります。

さて、社会に出て交渉を行う場で、感情に任せた言動が有利になることは、あまりありません。

この紛争事案で相談者が納得した結末になるとは思えません。

と同時に私は思うのです「この人、今後も人生で苦労するな」と。

従業員と会社との争いを聞くと先入観で会社を悪者として考えてしまう人も多いと思いますが、現場では社会人・職業人としての「あるべき」が出来ない労働者が自らの欲望をさらけ出して支離滅裂な要求を会社や同僚に行う無茶苦茶な言動を見ることがあります。

このあたりの道徳や振る舞いは家庭を中心として義務教育の終わりころには身に着けておくべきであり、それは親心であったりします。

ごく普通の会社であれば、いくら人手不足であっても、採用してはならない人は存在します。そうならないようにするには、難しくないと思うのですが、深刻な事例を見てしまっています。

外国人労働者との文化の違い以上の日本人同士の深い溝です。

想像するに、今後は貧富の差と同じように人格面での格差が広がるような気がします。

すると行き着く先は、話し合いで解決できないが為に訴訟が日常茶飯事の社会。警察が出動する機会が増える世界へと向かってしまうように思います。

今日はお話が暗い方向に流れていったので、最後にもう一つ。

「いい会社」の従業員は、ユートピアのような場所で苦労も無く過ごしていられるわけではなく、「いい従業員」になろうと努力している姿勢を忘れてはなりません。

今日はこのへんで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184312306

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村