2018年09月20日

適者生存と自然淘汰と優生主義


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎適者生存と自然淘汰と優生主義

前回の日記の障がい者数水増し問題の件で、いろいろな記事を見ていくと、興味深い内容がありました。

障がい者をないがしろにする思想と行為が優生思想、優生主義に影響を受けている、という点です。

優生主義とは、「知的で優秀な人間」「社会的に有益な人間」をつくるために、遺伝を操作して人類の進歩を促そうという考え方です。反対から見ると遺伝的に劣っているとみなされた人間を排除する考え方です。

ナチス・ヒトラー時代のドイツで行われたホロコーストは最たる例です。

そこまで極端でなくても、適者生存の理論を持ち出す人がいます。適者でなければ生き残れないのだから、それ以外は、ないがしろにして良い、という理屈のようです。

適者生存とは、よく言われる「生き残る種は、強い者でも、賢い者でもない、環境に適応したものだ」という警句です。

知らなかったのですが、この言葉、ダーウィンのものと思っていましたが、彼は適者生存という表現を嫌っており、彼の言葉ではありません。

さらに言えば適者生存と上記の警句は関連がありません。適者生存はイギリスの哲学者ハーバート・スペンサーが「社会は低次から高次へ向かっていく」という社会について論じた中で使った言葉で、警句の方は出典が見つからないという状況です。

それに対しダーウィンは「自然淘汰」という表現をしており「環境に適応しているか否かが生存と繁殖にかかわる」ということを言っており「目的や絶対軸」として表現していません。

つまり「淘汰しよう」とか、「必ずそうなる法則である」とは言っていません。

現在の研究によると、生き残った種の生き残った理由は、ほとんど偶然であるとのこと。

考えてみれば、キリンで例えると、低い場所に草が生えなくなったので、首を伸ばそうとキリンが頑張ったとして、進化のスピードは環境の変化に間に合いません。

つまり、私を含め多くの人が単純に理解している内容ではないので、冒頭の理屈は論として成立しません。ちなみに適者生存と優生主義も関連がありません。

障がい者雇用の是非と、裏側に潜む(と思われる)理屈の件はここで終わらせます。


さて、この警句を使われる人が多いので気を付けなければなりませんし、間違った理解で会社経営に語ってはいけませんね。

「自然淘汰」として語るとすると「会社が生き残ったのは偶然の産物である」となってしまいます。

大企業に成長した会社社長が「自身の才覚で自分の会社を育てた、適応して生き残ったのだ」と言うよりは「運が良かっただけです」の方が正確になります。

実際、後者の方が人あたりもよさそうです。

そして「いい会社」と呼ばれる会社でも「運」を大切にされている経営者が多いことを最後に付け加えて、今日はこのへんで。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184360965

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村