2018年10月18日

ラッキーとオポチュニティー


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎ラッキーとオポチュニティー

知らない用語が生まれては消えていく世の中で、知らない単語が減らない私です。

今回はオポチュニティ(opportunity)なる単語を調べました。

意味「機会」「好機」
ビジネス用語では「営業における提案の機会」を指すことが多いとされています。

では「チャンス」との違いが気になったので調べ、私なりに表現すると
チャンス…幸運から生まれる好機
オポチュニティ…自ら積極的に得た好機
となります。

なるほど、と思いますね。こうして分類して表現しているのが文化の違いでしょうか。

調べる過程で「キャリア・オポチュニティ」という表現が出てきました。これは人事で使う言葉で、「就業機会」「経験を積む機会」を指します。

従業員の人生設計の中で、目的の仕事を完遂できるだけの能力を積み上げる、もしくは目標の職位に就くための必要な経験など、本人が望んだキャリアを積むことと、会社がキャリアを計画的に積ませることをオポチュニティと表現する意味が腹落ちします。

オポチュニティは人事制度にしっくりくる表現と感じました。

ただ、反対の意味で出来ていない人事制度は「キャリア・チャンス」とでも言いましょうか、偶然が重なって現在の職位に就いている人物を生み出します。幸運によって会社が期待した経験が出来、それによって役職になった人の事でしょうか。

これは計画的に人を育てていないため、その場しのぎの配置となる可能性があります。
そもそも、計画的・科学的※に当人の能力の発揮を見ないで、どのように評価し、どのような理由で配置転換・昇進昇格させるのでしょうか。
※再現できるという意味

また、チャンスが無かったらポストが空いている状態が続く「人材不足」の状態となるでしょう。

翻って従業員に対し計画的に意図をもって経験を積む機会を与える大切さが分かってきます。


自分の仕事に寄ってオポチュニティを使ってみました。
これは誰にでも活用できる問いかけになりますね。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184666537

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村