2019年02月04日

従業員の幸せを従業員が考えるときのズレの話


「働く喜びに満ちた会社」に育てる! の成戸です。

本日もご愛読ありがとうございます!

◎従業員の幸せを従業員が考えるときのズレの話

私はこの日記で度々「いい会社」とは坂本光司先生の提唱に賛同し、
@従業員と家族を大切にする
A関係先会社の従業員と家族を大切にする
B顧客、未来顧客を大切にする
C地域、住民、環境を大切にする
D出資者を大切にする
この順序で行っている会社と表現しています。

これだけでも多くの情報が詰まっているわけですが、意外と伝わり切れていない場合があり、これを会社の経営方針とした時の調整すべき事例を挙げます。


困ったことに従業員が「私たちを幸せにするのが会社ですよね?」と自分だけの幸せを最優先してしまい混乱が起こる場合があります。

同じように日本語英語として定着した感があるワーク・ライフ・バランスも、

例えば仕事が終わっていないにもかかわらず、上司の残業命令に対しても拒否して帰宅する従業員「だってワークライフバランスじゃないですか?」

育児を根拠に他の従業員の都合をまったく無視して頻繁に早退したり、同じ意味で休みのとり方をし続ける従業員「従業員を大切にするのが会社でしょ」。

一番唖然としたのは経営者に成長の機会を持ってもらおうと勉強会を紹介したところ「今、子供が小さいんで参加できません。ワークライフバランスでしょ?」(奥さんが専業主婦をしていても。)(経営が安定しているわけでもないのですが。)

この日記を愛読されている方の中にそんな捉え方をしている人がいらっしゃったとしたら私が上手に伝えきれていなかったのかもしれません。

従業員の幸せを従業員が何の制約も無く考えたら、行き着く先は「働かずに給与をもらう」になってしまう人もいる、という事実もあります。

それは自分が従業員だったとしたら、私の感覚としては恥ずかしい・みっともない考えなのですが、親や学校での教育の大事な部分が浸透していない前提で考えるべきなのでしょう。


従業員を大切にするためにすべきことがあります。
それは従業員もすべきことがある、という意味も含みます。

会社は経済活動の手法の一つであるという側面、赤字では存在を継続できないことからも、会社は利益を上げ続け、それをもって従業員へと給与として分配することが出来、

利益を上げる原資は従業員個々人の活動にかかっているという大前提を再確認すべきなのでしょう。

一人で働くより、人が集まって役割分担するから効率良く成果が生まれる。だから会社にするのであって、弱い私が都合よく利用できるのが会社ではありません。

弱いと自覚している貴方でも会社に所属することで一人で生きるより数倍の成果を生み出し、それを享受できる。それが会社。だからこそ私はすべての従業員に損益計算書などの経営指標を見せるべきと考えています。

また、お互いの力を合わせることによる効果を十分に発揮させる為にも「お互いに支え合う発想」が、ごく普通に生まれるところまで伝え続けることが大切になってきます。利益だけの話ではなく、人同士のつながりとしても。

「そうだ、そうだ、お互いさま精神が足りんのだ!」と言いつつ超高級車に乗っている経営者、矛盾しているからね。

ということで、経営者は@からDを大切にすると宣言し、努力する。
従業員はその支援に応えようと仕事を中心に(自己の成長を含め)努力する。
その循環が素晴らしい会社への成長となると思います。

我々(コンサルタントや士業)の外部への支援者はこの間を取り持つ役割が出来れば素晴らしく、望まれる所です。


今回はお役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185478086

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村