2019年04月29日

第23回「いい会社」の法則ふりかえり会


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎第23回「いい会社」の法則ふりかえり会

4月27日、名古屋西生涯学習センターにて、第23回「いい会社」の法則ふりかえり会を開催しました。

「いい会社」研究会メンバーで関西からの参加者を含め(7名)と、連休中であり、病欠者数名出たにもかかわらず、集まっていただき感謝しています。

今回は私が解説担当しました。

FB_IMG_1556514636104.jpg

内容は、法則の解説に私なりに追加した、ブラックスワン的な環境を生き抜く反脆弱性を持った組織について組織感情と学習する組織の面を中心に触れました。

他、組織の力は一人ひとり「つながり」の総和であること。つながりは、相手への影響があって成立すること。
Google社の研究結果である心理的安全性を説明し、つながりの具体的な理解を進め、

個人への観察と評価、フィードバック面談や評価者会議から「活かす」「個人能力の成長」を引き出し、組織のタテ・ヨコのつながりを強く太くする仕組み、

それを踏まえて「いい会社」事例として沖縄教育出版へ訪問したときのメモを読みつつお話ししました。

参加者同士の話し合いでは、
関西でふりかえり会を開く上でのボトルネックとその解消について(心理的な部分が中心でした。多分、開くメリットを実感していない)。

また、世間に数多ある「良い会社」関連の認定制度の問題について(その思想や評価方法や認定者の欺瞞)。

パソコンで東和組立様の動画を鑑賞し、ル・クロ様の紹介もしました。

参加者から自己開示もして頂けるようになり、場としての質が高まったように思いました。

このように今回、会の全体を通じて、敢えて緊張感を出し、話題の脱線を早めに修正するなど、なんとか会の体裁を保ちつつ安心して落ち着いた話し合いができた事が自分なりの収穫でした。


この会において参加者が何かを得て持ち帰り、新たな行動もしくは行動を変化させることによって、本人にとって望ましい現実が現れる事を願っておりますし、そうなるように工夫しています。

そのために参加者が会の中へ参加する姿勢を引き出せるようにすべきとの、以前からのじぶんの課題が見えています。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
posted by なると at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185927988

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村