2019年06月10日

改革の形を作る事前準備


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎改革の形を作る事前準備

良かれと思って従業員におやつを出しているのですが、最近、従業員がおやつの味に文句を言い出し、数日前には、甘過ぎると言って食べてくれなかった。

と、ある会社の社長夫人からの相談がありました。

ご夫人も労働者としてその会社で一生懸命働いており、

従業員みんなと仲良く働ければ、という思いで、午後の休憩時間におやつを出していたそうです。

それが最終的には食べてももらえず持って帰ってもくれない状況になってしまいました。

彼女は自分のどこに間違いがあったのか悩みながら一人でそのおやつを食べたそうです。


今回の相談の中心は、働き方改革関連法によって自社の制度の見直しとともに、曖昧であった労働契約や労働条件について見直したいというものでした。

しかし、話を聞いていくにつれて、今回の見直しの発端は従業員からの働き方改革への対応方法についての質問に答えようとしたためであり、

決め手は「表面だけ整えるのはやめてくださいね」と従業員に言われたことでした。

総合的に推測するに、制度を整えたりすることの以前に、従業員は何かに納得していない様子であり、その何かをクリアしない限り従業員は制度の変更や、労働条件の整備について納得することはないであろう、と考えられました。

そこで深掘りしてヒアリングを行ったところ、おやつの件が出てきたのです。

経営者と従業員の立場は対等であるべきですが、世の中ではやはり経営者の方に力があるというのが一般的です。

しかし今回の例では、社長夫人の立場が下であり、この不思議さは現実として、会社という組織の密閉された中では一般的であるかどうかなど関係なく、また正しいかどうかは関係ないのです。

従業員は「自分たちがいないとこの会社は回らない」自負を持っているであろう、その強いプライドが間違った方向に向かい、社長ではなく社長夫人という微妙な立場の人物を標的にして、様々な言動で時間をかけて少しずつ試し、従業員側が立場にを上にしていった様子が伺われます。

最近使われている流行語?マウントをとる、というやつです。


この推測を本人にお伝えし、

現状では制度や待遇の改善などをしても従業員が納得してくれない可能性があること。

従業員自身が要求内容を具体的に明確にはっきりしていないであろうこと。

そのため、相談者が従業員からの信頼や尊敬を得てから、後に制度や労働条件についてようやく話し合える状況になること。

従業員たちには具体的な要求を持っていないと思われるため、こちら側から落としどころを用意してあげないといけないこと。そしてその交渉で気をつけなければならない部分の説明をし、

そして更に話を聞けば、相談者の方はマウントを取られやすい言動をしており、その改善の方法をお伝えしました。

その他にも色々とお話ししましたが、一つでも役に立ってくれれば新しい展開があると思い、そうなることを願っています。

お役に立ちましたか?今日はこのあたりでおわります。

追記
6月10日 今日は私の誕生日です。
いつも読んでくださる皆さんに、感謝しています。
ありがとう御座います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186118305

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村