2019年12月09日

学校教職員向けの講義をしてきました


『「いい会社」への成長支援!』成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎学校教職員向けの講義をしてきました。

長期就業に教育はとても重要です。

11月29日㈮に加茂特別支援学校で教職員100人に向けて、お話をしてきました。
この学校は障害のある子供向けの学校です。

講師依頼のきっかけは、岐阜県社会保険労務士会の「出前授業」として生徒向けの授業を行う事業をしており、無料で講師派遣をする旨を営業を兼ねて地元の学校へ説明に回っている中、当学校の進路担当の教師から「生徒向けではなく、教師向けに会社での障がい者雇用の話をしてもらいたい」とのお話を頂き、お受けしたのです。

そのため「長期就労が可能な人財育成とその成長を支援する環境構築へのヒント」と題し、現在の一般的な会社の障がい者雇用の状況をふまえて、幸せに長く働くことが出来るよう、社会に出る前に育てることをお伝えしました。

加茂特 384.JPG

加茂特 389.JPG

個人的な意見となるかもしれませんが、労働と教育の視点で、学校教育からの卒業したあと長く働き続けられている人、短期間に辞めてしまう人の結果から教育機関はフィードバックを得て、更に望ましい教育を試行錯誤していただきたい期待を込めてお話しました。

もちろん家庭内の教育や会社側の課題もありますが、今回は教育者向けの視点でまとめました。

企業は国から雇用した障がい者に「合理的配慮」をする努力義務が求められていますが、厚生労働省の事例集などを資料にしようと確認しても、私が「いい会社」見学で訪問した会社と見比べると、大したことをしているわけでは無い事例が多いように感じられたので、

「いい会社」見学で訪問した会社の事例を挙げつつ、合理的配慮というものではなく、人を大切にする姿勢があれば、個々の労働者に合わせて様々に工夫出来ることが普通であること。障害を持った労働者に対して教育する内容として、仕事のマニュアルやノウハウといった仕事への教育より大切にすべきは「なぜ働くのか」という「労働への考え方」という哲学や思想について身に着けていただくこと、と最後にお伝えしました。

今回の講義が何らかのお役に立てれば幸いです。

加茂特別支援学校様に置かれましては、今回このような機会を頂き、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186886777

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村