2020年06月08日

第28回「いい会社」の法則ふりかえり会開催


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎第28回「いい会社」の法則ふりかえり会開催

6月6日㈯ 10:00~12:00 に久しぶりの「いい会社」の法則ふりかえり会を開催しました。

コロナウイルスの感染拡大防止のため、今回初のリモート開催です。

流行のZoomを使い、インターネットを介してのテレビ会議の形をとり、いつもの参加メンバーに限定しました。実験的でもあるため、電波の乱れなどで失敗する可能性も許容してくれる方々である点も大事でした。

システムの結果としては、参加者の中でZoomを初めて使う人が多く、中には画像が途切れる人もいましたが、音声は繋がっており、話し合いも不都合なくできました。便利ですね。人数も今回の5人程度が良さそうです。

ただし、相手の顔が映ってはいますが、画面には小さく映り、表情は分かりません。会話の内容を理解しているのか困惑しているのか様子を視覚でとらえるのは難しく、大げさに頷いたり身振り手振りが必要になってきます。

利用者が未経験でも、ある程度使える。慣れれば円滑なコミュニケーションが取れそうです。すると、わざわざ2時間かけて名古屋に集合する必要もなくなってくるかもしれません。今は対面出来ない寂しさがあります。

システムの話はここまでとします。

参加メンバーの久しぶりの集合で、現状確認、元気ですか?と変な形でありますが、挨拶をしてスタートです。

今回は法則42 『経営資源も原動力も「人材」である』をふりかえりました。

日本は元もと資源の乏しい国であり、特に戦後は経営資源が「人しかいない」状態で復興し、発展しました。雇用形態や雇用環境の歴史を振り返りつつ、まだまだ人を育てる気風が残っている現在を望ましいとして、

「いい会社」の経営者は従業員に分け隔てなく教育の機会を用意し、従業員とその家族を大切にしてきた結果が「いい会社」になっている実際について確認しました。

最近の経営者の多くが「人は宝だ」「従業員は家族のようなもの」との言葉話すようになってきました。しかしその中には「但し書き」を入れることもあり、「従業員は宝である、ただし私の言うことに従う従業員のみ」「だだし黒字になって私が車を買い替えてから」などと一方的な思いを述べるにすぎない経営者がいる点を気をつけなければなりません。

また原動力も人財である面について「事の起こりも、モノ・カネ・情報も人が動かす」という当たり前の確認の元、会社を良くするには、良い結果を生み出そうとする従業員の原動力しかなく、原動力を活動させるには「働きたいと思える仕事、働きたいと感じる職場、この人の下で働きたいと思える経営者になる」が大切になります。

従業員が働いて幸せになれる環境つくり、定量化が難しい従業員の幸せを感じ取れる感性を大切にする、従業員の幸せは自分の幸せと感じられる姿勢、このような人物を管理職として引き上げる、経営者は、このような人物になる努力や経験を積み増さねる、という具体的な実践を実行できるようにしたいと思います。

参加者同士の話題として
・アフターコロナでリモートワークは定着するのか?変化もしくは進化する可能性がある。つまり労働環境の転換点が今かもしれない。
・従業員の評価や教育の方法は変わるのではないか。
・営業や接客で実際の対面を必要とせざるを得ない部分はある。

と話し合い、このブログを書いてまとめている現在、我々の学んでいる法則は根源的内容であり、環境の変化によって使い物にならないようなものではなく、むしろ迷うことなく対応判断と実行できる価値観であるとの再確認をしました。

このブログを読まれている方に何度もお伝えしていることではありますが、
気を付けなければならない点として、人本主義、家族経営主義、色々ありますが、ただ人を大切にすれば会社が良くなる、と宗教のように信じるだけでは逆の結果を生み出しかねません(そんな講演家やコンサルタントがいるのが目につく)。今回の法則の本会(法則を学ぶ会の方)では今回の法則についてはマズローの欲求段階説やマクレガーのX・Y理論といった経営学の基本も確認しつつ、科学的学問的に立証された再現可能な事実と手法を基にしています(経営学は心理学や経済学、人が働く上での医学的な見地も必要であり、総合的な学びが求められます)。また会社経営である以上、利益をあげる必要もあります。これは但し書きではありません。前提です。

参加者の皆さん、リモート開催と人に合わなくなってから時間があり慣れない緊張がありましたが、今回もありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187569412

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村