2020年09月21日

第31回ふりかえり会開催 その開催形式


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎第31回ふりかえり会開催 その方法

「いい会社」の法則を振り返り、再考するとともに参加者(他者)の視点から新たな学びを得るダイアログ方式を実践(!?)。

9月19日に「いい会社」の法則ふりかえり会、第31回目を開催しました。

インターネットを使ったリモート開催ということで、大阪での「いい会社」勉強会に参加されている方1名にさらに1名を新規参加者として加え、計6名で法則3・4をふりかえりました。

今日は「会」自体のお話をしますね。

法則自体、多くの「いい会社」を訪問、観察、研究した、その結晶であり、時代の経過や流行に左右されないものです。結論であり抽象度の高いものなので解説が必要であり、我々凡人はその解説さえ難易度が高く脳をフル回転させて読み解く必要がある状況です。だから「ふりかえり会」なんです。

次に、法則を、ある程度理解が出来た、としたら次は自由に事例紹介や、実行・実効のための手法など、質問や提案などを行います。

これを結論を集約するディスカッション方式ではなく、「様々な考え方があっていい」とする発散方向へ導くダイアログ方式で話し合っています。

そのためには
・全員に意見を求める
・相手の意見を否定しない(いったん引き受け、受け止める)
・無理やり結論を出さない
などなどあり、第1回目から取り組んでいますが、やってみると案外と難しいのです。

意見について、そうとう間違っていなければ止めません。ただし会自体の運営が破綻しそうな場合は止めます。

司会が必要とは思っていないのですが、まだまだバランスを取らざるを得ない状況をみると私自身の運営技術が未熟であると感じざる場合があり、大変です。

話の中で何を得るかは本人次第。これは相手を信頼している意味でもあります。

参加者の間では、同じ話を聞き学んだにもかかわらず結論が大きく異なる場合もあり、その人の思考を探ると興味深い部分もあり、そんなふうに「会」の使い方は自由なのだと思います。

いつまで当会が継続できるかについては、勉強会との兼ね合いがあり、先が見えつつある中ですが、出来るだけ機会を用意して話し合える場を残そうか、と考えています。


参加者の皆様ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187935545

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村