2020年12月21日

障がい者雇用セミナー参加


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。

ご愛読ありがとうございます!

◎障がい者雇用セミナー参加

16日の大雪が降る中、障がい者雇用のセミナーに参加してきました。

セミナー講演者の成澤俊輔氏に参加するように紹介を頂いたため、今回のセミナー自体を知ることが出来ました。

成澤さんは視覚障がい者であり、障がい者雇用を支援する法人の元理事として活躍され、現在は外国との移住支援する会社や、企業への経営コンサルティングをされています。

今回は「大丈夫、働けます。」と題し、障がい者雇用についての講演でした。

障がい者雇用の現場で起こる問題や解決法をサラッと話されて、解決できます=働けます。とのメッセージを受け取りました。

例えば、短期のインターン就労では、就労したい気持ちが高まっているため、100%の力を出して頑張ります。しかし正式に雇用された後は、人間なら誰でもあるように体調の波があり、時には会社を休まなければならない時が出てきます。

その際に無理をして出社し続けると、大きく溜まったストレスや不調が一気に爆発して、継続就労が出来なくなってしまわないよう、調子の良くない状況を会社が把握できるようにする工夫が求められます。

この時、成澤さんは、あえて「遅刻してみな」と障害者本人に言うそうです。遅刻や欠勤をすることで分かる体調や、会社側の対応をみて、一つずつ解決するわけです。

そんなに無理をしない方が本人にとっても会社にとっても良いと思うのですが、無理をしてしまう人もいるようで、そのあたりを入社前から共通認識を持っておくことが大切なのですね。

セミナーの後半で社会保険労務士の後藤宏氏が「チームで取り組む障がい者雇用」と題して、様々な角度から障がい者雇用を仕組み化できるよう、提案されていました。

〜〜〜〜〜〜
私は「いい会社」を多く見学してきました。その中には障がい者雇用が成功している、という表現は古いくらいの、誰もが働いて幸せになる会社が多くありました。そのため、私の中での雇用するうえで目指す「あるべき姿」が明確で、しかもレベルの高い姿のためか、一般的な「とにかく雇用が出来れば十分」では違和感を覚えます。

目標が違えば方法も異なるわけで、今回はありがたい「問い」を渡されたように感じました。

セミナー後に成澤さんから後藤さんを紹介していただき、名刺交換と少し会話出来ました。
分からないことがあったら相談させてもらおうと思います。

ありがとうございました。

お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

ブログランキングに参加中です。
下の「社労士」ボタンを押していただけると励みになります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188234234

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村