2021年03月22日

新入社員に腰を落ち着けてもらう


『「いい会社」への成長支援!』の成戸です。
ご愛読ありがとうございます!
今週も会社経営と人事労務のヒントをお伝えします。

◎新入社員に腰を落ち着けてもらう

テレビや映画の、会社内の出来事を中心に進むドラマの中で、入社した主人公が「この職場で頑張ろう!」と決意するシーンが1話2話あたりに挿入されていることが多くあります。

今までは気にしていなかったのですが、最近は重要な場面であると思っています。

入社する行為は当然、当人が決めたことであり、入社したら「この会社で働く意思がある」と自身も周囲も認める事実となりますが、実際は「何となく、良さそうな会社だな、と思ったから求職した」と、強い意志で会社を選んだわけではない人が、結構な割合でいます。

地方の高卒、新卒採用を例にすれば「家に近くて、給与がそこそこあって、学校の先輩がいるから」などの理由が浮かんできます。

その感覚の入社したての社員は、いわば会社に「腰を掛けている」状態であって、いつでも腰を上げて(離職)どこかへ移動(転職)してしまうかもしれません。

そのため、どこかで気持ちを定めていただく機会を会社は求めていきましょう。

強い意志を持つタイミングや理由は人それぞれです。
・やりがい
・面白い
・いい仲間になれそう
・尊敬する人がいる
・仕事が自分に合っていると感じる
・自分の未来を描ける
・この会社でやっていけそうな予感

機会を作るに、分かりやすくは時間の節目を作ることで、
・入社式
・新人教育期間と修了、修了式
・入社数カ月後の面談
・一定期間経過時のイベント
と言ったところでしょうか。

無理やりではなく、ソフトに背中を押すイメージで「この会社で一緒に働いていこうじゃないか!」とのメッセージを伝えられるといいですね。


お役に立ちましたか?今日はこのへんで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
成戸克圭「いい会社」研究ホームページ
http://gifusr.jp/laboratory/

事務所
岐阜県美濃加茂市の社会保険労務士
「なると社会保険労務士事務所」のホームページ
http://www.gifusr.jp/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以前の記事を読みたい方はカレンダーの数字をクリック!
キーワードで探したい方は検索ボックスで行い、読みたい題名をクリックしてください。

このブログは誰でも読める無料のものです。ブログの内容を書籍・講演・ビジネス等、公的な場で引用する場合は当事務所へご連絡ください。
このブログの内容を当事務所に相談無く活用する場合は自己責任で行ってください。
活用した際の損害について当事務所は一切責任を負いません。
posted by なると at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なると社会保険労務士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188501223

この記事へのトラックバック